日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田中角栄特集

保阪正康氏

「田中角栄と安倍晋三」保阪正康氏


田中角栄ブームが続いている。一方で安倍政権への支持は衰えを見せない。そうした中、田中と安倍晋三を対比させたのがこの本だ。著者は執筆の動機を「政治の劣化」と説明する。 「戦後の首相で昭和時代と平成時代は大きな違いがあると思うのです。この二十数年で政治家のレベルが少しずつ低下し、政治そのものが劣化した。その原因が昭和という時代に起因しているのではないかと思い、歴史を整理してみようと考えました」 劣化…

【昭和の巨魁・田中角栄】昨今の政界のぶざまな体たらくの反動か、「あの」田中角栄に熱い注目が集まっている。


田中角栄に始まって政界なら中曽根康弘、竹下登、小泉純一郎らとの個人的な思い出をちりばめた人物列伝。その最初に登場する角栄は40年前、著者の初取材に驚くほど入念な準備をする人物だったという。当時の田原氏は40代初め。ジャーナリストとして一本立ちして売り出し中という程度だが、田中は田原氏の書いた記事をことごとく読んで取材に臨んだそうだ。要するにこれぞと見込んだ相手は肩書にかかわらず全力で対する“努力…

「すべて自分の力でやるしかない」という気持ちを常に持っていた角栄氏

「全ての責任はこの田中角栄が背負う!」


「私が田中角栄であります。皆さんもご存じの通り、高等小学校卒業であります。皆さんは全国から集まった天下の秀才で金融財政の専門家ばかりです。かく申す小生は素人ではありますが、とげの多い門松をたくさんくぐってきており、いささか仕事のコツを知っているつもりです。これから一緒に国家のために仕事をしていくことになりますが、お互いが信頼し合うことが大切だと思います。したがって今日ただ今から、大臣室の扉はい…

「田中角栄を逮捕した男」村山治、松本正、小俣一平著


1976年、前首相・田中角栄がロッキード事件で逮捕された。このとき、マスコミ各社は特捜検察の捜査をキャッチできず、予定稿も用意されていなかった。「橋本逮捕」の予定稿があったのでそれを「田中」に書き換えたが、1カ所だけ「元幹事長」が残ってしまった。東京地検特捜部を指揮したのは副部長・吉永祐介だったが、84年、宇都宮地検検事正に任命される。吉永嫌いの伊藤栄樹東京高検検事長による左遷だと周囲も吉永も考…

「田中角栄 相手の心をつかむ『人たらし』金銭哲学」向谷匡史著


元宰相・田中角栄は、カネを「生き金」に変えて人の心をつかみ取る達人だった。その金銭哲学に学ぶ生き方テキスト。 誰に、どういうときに、いくら渡すか。カネの値打ちはこの3つで決まる。角栄は、入院中の政敵を見舞ったときに500万の札束入り袋を何も言わずにそっと置いて帰ったという。それも5回も続けて。感激した相手は退院後、田中批判をしなくなった。 相手が予想していた以上の金額を渡すこの「10倍の哲学」は…

「天才」石原慎太郎著


その1年半前の74年11月、現役総理・田中角栄の金脈問題が追及され、田中内閣は退陣に追い込まれた。当時反田中派の急先鋒として金権主義を批判したのが著者だった。その著者が田中角栄を「天才」と称揚して、彼の人生を跡づけたのが本書である。 幼少期には吃音で苦労したが、それを自ら克服。進学を断念して上京し、夜間部の土木科で学びながら、やがて建設事務所を立ち上げる。戦後すぐに衆議院総選挙に出馬し、2度目に…

田中角栄

「どんな境遇におかれ、つらい思いをしても天も地も人も恨まない」


私が田中角栄の息子だと知ると、アッという間に人垣ができます。写真を一緒にとせがまれたり、握手を求められたりすることも珍しくありません。 ■中国では今も好意的に取り上げられる 日本の若い人の間では、田中角栄は歴史のかなたに埋もれていますが、中国では今日においても天皇陛下の次に知られる日本人です。学校では72年の日中国交回復が教えられ、毛沢東と周恩来とともに、日中国交回復を成し遂げた偉大な人物として…

亡き父の遺体を見届けることは叶わなかった

死去の際は門前払い 騒いだら父の顔に泥を塗る


私は田中角栄の実子として正式に籍を与えられている立場です。亡き父の遺体を見届ける権利があります。姉はそんな私たちを門前払いして、父と孫娘が会する最後の機会を永遠に葬ったのです。周囲には300人を超える大勢の報道陣が詰めかけていました。「ここで騒いだら父の顔に泥を塗ることになる」とその場を去り、心の中で父と姉に永遠に別れを告げたのです。 ■直前に出演を断られた“角栄特番” 昨年の春、BS朝日から…

田中京

田中角栄と辻和子の間に生まれ、齢64


私は1951年8月15日、終戦記念日と同じ日、父、田中角栄と神楽坂に住んでいた母、辻和子の間に長男として生まれました。現在、齢64になります。私の下には6歳違いの弟の祐がいます。 昨年、共同通信が行った調査では「戦後最も好きな政治家」の1位に父、角栄が選ばれました。父が逝ってから23年、今なお、多くの国民の皆さまから愛されていることに、不肖の息子の私ではございますが、心から感謝申し上げる次第です…

None

「丸山眞男と田中角栄」佐高信、早野透著


「戦後レジームからの脱却」を標榜し憲法改正に乗り出さんばかりの安倍政権を危惧する2人が、戦後日本を代表する知識人・丸山眞男と、国民の生活向上に邁進した政治家・田中角栄の足跡を振り返った対談集。 丸山と角栄は、住む世界が違い、接点がないように見える。だが、2人こそ「戦後民主主義の体現者」だという。戦争を引き起こした日本社会の特質について考察し、戦後という時代を解析しようと思索を深めた丸山と、焦土と…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事