日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

崔順特集

キム・ヨナも飛んだ災難

崔順実への協力拒否で…キム・ヨナも昨年報復されていた


韓国のフィギュアスケートの元女王、キム・ヨナ(26)が15年に「スポーツ英雄」に選ばれなかったのは、崔順実被告の側近らによる圧力のせいだったという。KBSテレビが21日までに報じた。 原因はキム・ヨナが14年11月に政府関連行事として行われた「ヌルプム体操」の発表式への参加を、「自分のイメージに合わない」として断ったこと。この体操を考案したのは崔の側近で、今回の国政介入疑惑に関連して逮捕された映…

デモは100万人超えで2回目の謝罪も効果なし

検察と綱引き 韓国・朴大統領が“必死の命乞い”シナリオ


“女ラスプーチン”崔順実容疑者の国政介入疑惑をめぐり、韓国の朴槿恵大統領と検察の綱引きが続いている。ヤマは今週末の19日だ。この日に崔は起訴される見通し。そのため、検察は16日中に朴の聴取を終えたいとしているが、朴大統領は先延ばしを画策。19日を乗り越えれば危機から抜け出せると計算しているらしい。延命シナリオは通用するのか。 朴大統領は4日に出した2回目の謝罪談話で「検察の真相究明に最大限協力す…

涙の謝罪はウソっぱち

死に体も…朴大統領の居直り許す韓国検察と国会の猿芝居


韓国を大揺れさせている崔順実容疑者の国政介入疑惑をめぐり、朴槿恵大統領に対面聴取を求めてきた検察が、態度を軟化させているのだ。 検察は当初、16日までの聴取を要望したが、朴大統領は準備不足を口実に拒否。弁護士を通じて「大統領への調査は書面が原則」との意向を示した。すると検察は聴取期限を18日まで延期。支持率が5%まで落ち込む究極のレームダックとはいえ、絶大な大統領権力を握る朴大統領の延命シナリオ…

職務停止も時間の問題

朴大統領弾劾へトドメ “決定的醜聞”秒読みと地元メディア


親友の崔順実被告を助けるため、朴大統領の具体的な指示内容が含まれているようです。その録音記録が10秒でも公開されたら、国民の怒りの炎がロウソクからタイマツに広がることは確実。具体的な指示内容は、この数日の間に公開されるとみられています」 父親のように暗殺されないことを祈る。 (取材協力=ジャーナリスト・太刀川正樹氏)…

高校生も「朴槿恵、下野しろ」

安倍首相が助け舟…朴大統領“強気の延命シナリオ”のウラ


一方、世論に押され気味の検察は20日、40年来の親友の崔順実、側近の前政策調整首席秘書官の安鍾範ら3容疑者を職権乱用などの罪で起訴。 安鍾範の起訴状には朴槿恵大統領との共謀が明記された。起訴状への記載を逃れるために、対面聴取を先延ばしにしてきた朴大統領は激怒。弁護人を通じて「事情聴取の要請には一切応じない」と表明し、検察との全面対立に打って出た。 「ソウルのデモ参加者が前回を下回ったことで、乗り…

国民の怒りはピークに

朴大統領へのトドメか セウォル号沈没当日に美容手術疑惑


崔順実容疑者の娘が特別待遇で名門女子大に合格した疑惑もあって、学生は不満を募らせている。彼らはセウォル号事故で死亡した高校生に対する同情の念も強い。心配なのは、コントロールが利かなくなって、デモ隊が暴徒化することです。青瓦台に押しかけるようなこともあり得ます。それでも大統領を辞任するつもりはない朴大統領は、父親の朴正煕大統領と同じく、国民を抑え込もうとすると思う。しかし、流血なんてことになれば、…

韓国国民の怒り爆発

“お友達偏重”の安倍政権は疑惑の韓国朴政権と本質同じ


朴槿恵大統領の親友で、「陰の実力者」と呼ばれる民間人女性の崔順実氏(60)が国政に介入した疑惑だ。崔氏は31日午後、ソウル市内の検察庁舎に出頭し、特別捜査本部の取り調べを受けた。その後、捜査本部は崔氏を緊急逮捕して身柄を拘束。正式な逮捕状を地裁に請求した。 韓国メディアによると、崔氏は「親友」という立場を利用し、朴大統領から演説草稿などの機密文書を事前に入手してアドバイスしたり、大統領府高官らと…

韓国の朴大統領と渦中の崔順実氏(左・韓国誌「時事IN」のツイッターから)

韓国・朴大統領を窮地に追い込む“女ラスプーチン”の正体


コトの発端は、3大紙の一角を占める中央日報系列のケーブルテレビJTBCが朴大統領の友人の崔順実氏(60)のタブレットPCを入手したことだった。JTBCは大統領府や周辺発の機密情報が横流しされ、崔氏が朴大統領にあれこれ助言していたと報道。漏洩は2012年の大統領就任前に始まり、演説草稿や外交・軍事情報、ファッションチェックにまで及んでいた。 コリア・レポート編集長の辺真一氏は言う。 「崔氏はスポ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事