日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

芹沢信雄特集

芹澤信雄

早めのリリースからターフを取らない芹沢信雄のスイング


チーム芹沢を率いる芹沢信雄プロは、藤田寛之プロを賞金王に導いています。最近では、西山ゆかりプロのバッグを担いでツアー初勝利を挙げさせたりと、シニアツアーでのプレーの傍ら、指導者としての活躍も目立っています。 芹沢プロにアドバイスを求めるツアープロが後を絶たないのは、プロが陥りやすい欠陥を、理論的にもツアープレーヤーとしての体感からも知り尽くしているからだと僕は思います。 プロで、ハンドファースト…

西山ゆかり

西山ゆかり 積み重ねた苦労が着実に実を結び始めている


そして芹沢信雄プロに師事してツアー初優勝と、これまで出会ったいろいろな人たちに恵まれています。 それは彼女の運の良さであり、人柄でもあるといえます。 ツアーに出てきたばかりの勢いのある若いプロは怖いもの知らずです。失うものがなく、ツアーで毎週のように試合に出られる楽しさがあります。プロになってから嫌な経験が少ない。 ところが33歳の西山なら、これまでさまざまな苦難や苦労があり、そこを乗り越えて…

手首を使わず振ってサンドウエッジの距離を知る


「サンドウエッジ(SW)で手首を使わず腰から腰までスイングしたとき、何ヤード飛ぶか分かってますか」 芹沢信雄プロを取材したとき、そう聞かれたことがある。SWで手首を使わずに、ノーコックでスイングをしたときの飛距離を知っておくことは非常に大事だというのだ。 手首をコックしないで右腰までバックスイングしたら左腰まで振り抜いてみる。そうするとバックスイングでもフォロースルーでもシャフトは地面とほぼ水平…

木戸愛(25歳・ツアー1勝)


3年ぶりの優勝を目指して、芹沢信雄の門をたたき指導を受けている。…

首位に3打差の3位タイの好スタート

首位に3打差3位タイ 西山ゆかり好スタートで2連勝も視野


初の栄誉は師匠の芹沢信雄プロがキャディーを務めたおかげだが、「いいイメージは残っているし、ターゲットの取り方、狙いを集中してやりました」と語った。 女子プロの記録を見ると2連勝は延べ32人いるが、3連勝は1人だけ。07年に全美貞が、日本女子ツアー史上初の3週連続優勝を成し遂げた。 国内男子プロの3週連続Vは、74年G・マーシュ、82年謝敏男、88年、94年の尾崎将司がいる。全盛期の尾崎でさえ、4…

芹沢信雄プロのアシストで初優勝した西山ゆかり

キャディで西山ゆかりの優勝アシスト “芹沢効果”に絶賛の声


その瞬間、西山はキャディーを務めた芹沢信雄プロ(55)と手を取り合い、ギャラリーに向かって3度万歳し、喜びを爆発させた。 「夢の中にいるみたい。芹沢さんのおかげで優勝できました」(西山) 最終日最終組はこれまで2度あったが、緊張から急に体の動きが硬くなり、2度とも優勝を逃していた。そんな西山を好アシストしたのが、日頃から指導する芹沢だった。この日も的確な指示を出す一方で時には笑顔で話し掛け、緊張…

木戸愛

木戸愛(25歳・ツアー1勝)


3年ぶりの優勝を目指して、芹沢信雄の門をたたき指導を受けている。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事