日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

柳田悠岐特集

貪欲に打撃のヒントを探す柳田

SB柳田悠岐がユーチューブでチェックしているものとは?

柳田悠岐

コーチ、恩師が証言 ソフトBの“怪物”柳田悠岐を全解剖

大のカープファン/(C)日刊ゲンダイ

130m満塁弾で話題 SB柳田悠岐は王会長が惚れた“逸材”

1000万円ダウンでハンコを押したソフトバンク柳田

燕山田と9千万円差 SB柳田は“短気”もたたりマイナス査定

21日に契約更改を行ったソフトバンクの柳田悠岐(28)。1000万円ダウンの年俸2億6000万円に、「もっと下がると思っていた」と納得してハンコを押した。 今季は打率.306、18本塁打、73打点。決して悪い数字ではなく、2年連続リーグ最高出塁率(.446)のタイトルも獲得した。が、さすがに昨季のトリプルスリーと比べたら見劣りするのは事実。9月に右手薬指を骨折し、…

来年のドラフトの目玉といわれている清宮

清宮72号も スカウト語る「通算本塁打に価値なし」のワケ

一方で高校時代に11本しか打てなかった柳田悠岐(広島商高、ソフトバンク)は、今季を含めて83本を打ち、昨季はトリプルスリーを達成。2000安打、2度の首位打者に加え、本塁打王と打点王にも輝いた中日の小笠原道大二軍監督(暁星国際)はプロ通算378本塁打を打ちながら、高校では0本だった。 某スカウトは「高校通算本塁打はあくまで参考程度です」と、こう言う。 「現時点でど…

巨人の大田も能力は高い

野球界には未来の五輪メダリストが埋もれている

トリプルスリーのヤクルトの山田哲人(24)、ソフトバンクの柳田悠岐(27)だって、夢想するだけで楽しくなる逸材だ。 一軍でなかなか結果が出ない選手にも人材は埋もれている。例えば巨人の大田泰示(26)。未完の大器といわれて8年目になるが、彼は前ラグビー日本代表ヘッドコーチのエディ・ジョーンズに見初められた。数年前、巨人のキャンプを表敬訪問したエディが大田の運動能力に一…

柳田はここ6試合で6HRだった

ソフトBにさらなる試練 柳田が右手薬指骨折で全治6週間

プロ野球史上初めて3割30本30盗塁と首位打者を同時に達成した主砲の柳田悠岐(27)が、昨1日の西武戦で右手薬指を骨折、全治6週間と診断されたのだ。 三回裏の守備で炭谷の飛球をスライディングキャッチした際、打球が右手薬指に当たった。直後の四回の打席は見逃し三振に倒れ、痛みが引かないことから所沢市内の病院へ。診断の結果は最悪だった。 ただでさえ、腰痛を抱えている内川…

安心するのはまだ早い

四球記録途切れ安堵も…ソフトB柳田の打撃に次なる不安

20日のロッテ戦で連続四球記録が王貞治氏(現ソフトバンク球団会長)に並ぶ「18」で途切れた、ソフトバンクの柳田悠岐(27)。雨天中止となった21日はロッテの室内練習場で汗を流した。 はたから見れば四球記録は名誉。警戒されるのは強打者の証しだ。しかし、柳田はこの記録にうんざりしていたようで、無四球に終わった20日の試合後は笑顔も見せていた。 工藤監督も話しているよう…

65年ぶり15戦連続四球の柳田と藤井打撃コーチ

四球増で不振のSB柳田にチーフ打撃Cが授けた“対策”とは

昨季は34本塁打、99打点、32盗塁、打率.363と活躍し、年間MVPに輝いたソフトバンクの柳田悠岐(27)。今季は他球団の徹底的なマークに遭い、13日の西武戦で15試合連続四球。86年の落合博満(ロッテ)を抜き、51年の田部輝男(西鉄)に並ぶパ最多記録となった。 「開幕からの連続四球」に限れば、すでに7日のロッテ戦の「11試合」で日本記録を更新。記録を伸ばし続けて…

大記録を期待する声は多い

難関は四球増か…ホークスOB語る柳田「40-40」の可能性

昨季、ヤクルトの山田と並んでトリプルスリーを成し遂げた柳田悠岐(27)。その身体能力とパワーは、球界の“超人”、オリックスの糸井をして「アイツは化け物」と言わせるほど。それだけにトリプルスリーを超える大記録、日本球界では前人未到の「40本塁打、40盗塁」が期待されている。 柳田は昨季、34本塁打、32盗塁。工藤監督が「挑戦してほしい」と話せば、本人も「あくまで目標…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事