日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

南こうせつ特集

大反響/(C)日刊ゲンダイ

島倉千代子 なお売れ続ける気迫の歌声「からたちの小径」


この曲は、歌手生活60周年を記念して南こうせつ(64)が作詞・作曲を手がけたもの。昨年11月14日に営まれた葬儀で、収録した歌声が流れると、「日本コロムビア」に1000件以上の問い合わせが殺到する。急きょCD化され、オリコン週間シングルランキング(昨年12月30日付)で総合7位に初登場。初回出荷枚数は演歌では異例の5万枚を突破した。 年が明けても勢いは衰えず、最新のオリコン週間シングルランキング…

太田裕美

太田裕美「雨だれ」


その一方、南こうせつとかぐや姫の「神田川」がミリオンセラーとなり、若い男女がママゴトのように暮らす同棲が流行した。「歌は世につれ世は歌につれ」ということわざがある。歌のチカラはスゴイのである。…

伊勢正三の“制作モード”がオンになった

「なごり雪」「22才の別れ」を経て生まれた“NEW童謡”


「あ」から「ん」までの50音で始まる童謡詞に、伊勢が曲をつけて、伊勢本人や南こうせつ、太田裕美、イルカなどが歌って大人も子供も聴ける「新童謡」ともいうべき新しい世界を確立したのだ。 「このお話をいただいた時、『これこそやらなきゃ』と思いました。売れる売れないとかそんなレベルではなく、今まで自分が培ってきたもの全てをつぎ込もうと思ったんです」 伊勢のアーティストとしての“制作モード”にギアが入った…

南こうせつ&喜多條忠さんのコラボで

「筆が速い僕に依頼が…」喜多條忠氏が語る名曲「神田川」秘話


作詞を依頼したのはリーダーの南こうせつ(66)だが、そこには隠された秘話が……。 「今日、締め切りなんですけど、何か一曲書いて下さい」 73年の初夏、(南)こうせつが突然、こう言って作詞を依頼してきたんです。「明日がレコーディングで、スタジオも押さえてある」って。 彼はフォークグループ「かぐや姫」のリーダーで、アルバム「かぐや姫さあど」を制作中。ボクは前夜、徹夜して寝不足だったけど、引き受けまし…

さすが/(C)日刊ゲンダイ

「私は視聴率を考えない」 “大御所”黒柳徹子が吐いた正論


CMで共演する南こうせつ(65)とのトークショーで、「センタク」に引っ掛けてこうせつが黒柳に「人生の選択は」と問うと、「番組を引き受けるかが大きな選択。視聴率とか言われてますが、私は一切考えない」と軽くジャブ。続けて「私は放送界で一番(視聴率を)考えない人間。これをやったら面白そうとか、見てくださる方はこういうのが好きじゃないかなとか。自分を信じて番組をやってきた」と言い切った。 なにしろ、視聴…

「『大人の歌謡曲』公式ガイドブック」富澤一誠著


この歌詞も、電話口で南こうせつに伝え、それを聞きながらこうせつが5分くらいでメロディーをつけていったというから驚きだ。 他にも、さだまさしの「関白宣言」は吉田拓郎の「結婚しようよ」に対抗した曲、ちあきなおみの「喝采」のイントロはポール・サイモンの「母と子の絆」を取り入れたものなど、曲にまつわるうんちくも満載だ。 (言視舎 1800円)…

ゴルフもエンジョイ/(C)日刊ゲンダイ

6日に仕事始め 安倍首相が過ごしたグルメな冬休み


昼間は昭恵夫人、母・洋子さんと映画「永遠の0」や「武士の献立」を観賞し、年末は南こうせつと伊勢正三のコンサートを楽しんだ。 「年末年始のほぼ毎晩、首相は家族や親族と、ハイアットの中にある高級レストランで高級ディナーを楽しんでいます。すしの『六緑』はマグロ1貫が2000円する名店。ステーキハウス『オークドア』のA5ランクの神戸サーロインステーキは150グラムで1万3200円です。超高級中華の『チャ…

(C)日刊ゲンダイ

島倉千代子の遺作CD バカ売れさせた「フジの追悼番組」


氷川きよし、水森かおり、AKB48のメンバーでもある岩佐美咲ぐらいだから、異例の大ヒットです」(音楽関係者) 南こうせつプロデュースによる歌手生活60周年記念曲。葬儀・告別式で流れたことで大きな反響を呼び、急きょCD化された作品である。初回出荷枚数は演歌では異例の5万枚。それもこれも売れるのを見越してのことだが、最新のオリコン週間シングルランキング(30日付)で総合7位に初登場し、演歌・歌謡部門…

メンバーの南こうせつ

ソロと両立 グループ解散後も再結成繰り返す「かぐや姫」


―1975年4月― 南こうせつ、伊勢正三、山田パンダの3人組グループ「かぐや姫」。ミリオンセラーの「神田川」に続いて、「赤ちょうちん」「妹」と次々とヒットを飛ばし、70年代前半のフォーク界をリードしたが、1975年4月に解散する。メンバー3人はそれぞれ独自の道を歩み始めたが、その後も期間限定の再結成が繰り返される一味違った“解散”となった。 解散のウワサが囁かれ始めたのは74年秋。4畳半3部作の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事