日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岡智宏特集

いまや2児の母親

2度不倫の山本モナ 年商40億円社長と結婚&引退の次は…


2度目の不倫事件とは、08年7月に巨人軍・二岡智宏選手と、新宿2丁目のゲイバーで意気投合して泥酔した後に、タクシーでキスを交わしながら、五反田の宿泊9800円のラブホに入ったという事件だ。 二岡はフリーアナウンサーの妻と、1歳になったばかりの長男を持つ既婚男性。山本の不倫発覚は2度目だった。最初は06年。TBS「NEWS23」で念願のキャスターに抜擢された直後に民主党の細野豪志との路上キスをフ…

監督就任要請を受け取材に応じる高橋由

入団時と状況酷似…またも巨人に翻弄される高橋由の“悲哀”


返事は保留したが、学生時代からの高橋由の盟友・二岡智宏(39)の入閣が検討されるなど、事態は「高橋由監督誕生」に向けて動きつつある。この日の交渉では、わざわざ長嶋終身名誉監督のコメントが伝えられ、報道陣にも明かされた。 「僕は39歳で監督になった。高橋君は40歳。高橋君しかいない。今は若い監督が率いて切り替える時期。サポートできることは何でもする」 すでに外堀は埋められている。入団時がそうだっ…

ダメ押し弾で迎えられる村田だが…(右は引退表明した谷佳知)

巨人とオリに信奉者多し 引退表明の谷佳知めぐり“争奪戦”


松井監督、あるいは高橋由監督が就任するであろう近い将来を見据え、来季の打撃コーチにOBの二岡智宏(39)がリストアップされているというが、谷だって欲しい人材、というわけだ。 「くしくも07年に巨人に移籍し、13年オフに中日へ渡るという、同時期に巨人に在籍した小笠原も引退を決断。通算打率.311、2119安打の成績はケチのつけようがない。ただ、こっちは入る時も出る時もFA。巨人には自分の意思となる…

松井秀喜氏、高橋由伸氏と二岡智宏氏

打線沈黙の巨人 二岡氏入閣構想で加速する「高橋由伸監督」


巨人が来季の一軍打撃コーチにOBの二岡智宏(39)をリストアップしていることが分かった。 二岡は日本ハム時代の13年オフに現役を引退。昨年から古巣の巨人と業務委託契約を結び、外国人獲得の際のアドバイザーとして国際部の「スカウト役」を担っている。 「引退した二岡に巨人フロントは当初、ヤンキースへのコーチ留学の道を用意した。評論家として幅広く野球を勉強したいという本人の希望で実現しなかったが、いろい…

新かしまし娘!?

三船美佳が仲間入り「スキャンダル3姉妹」で“新”かしまし娘


司会を務めたのは、民主党の細野豪志(43)や元巨人の二岡智宏(39)らと不倫スキャンダルを起こしてきた山本モナ(39)という濃過ぎる面々……。 イベント終了後の囲み取材では“スキャンダル路線”ではニューカマーの三船を2人がイジリまくり。モナからは「最近“憑いているモノ”が落ちた感じ」と言われ、遠野からは「離婚はスッキリするよ。気持ちいいから、ぜひ味わってほしい!」というアドバイスが。 三船が新恋…

引退試合では最後に胴上げ

引退試合の相手がよりによって外国人投手 あれには参りました


当時の巨人は松井秀喜に清原和博さん、高橋由伸、二岡智宏と人気選手が揃っていましたが、あの日のスタンドだけはボクの背番号2のプラカードや「巨人一筋スーパーサブ」という横断幕を掲げてくれたファンが最も多いように感じました。 改めてファンのありがたみを感じてなんの悔いもなくバットを置くことができたものの、その10日前には悔しくて悔しくて、ひとりで打ちひしがれていました。(つづく) ▽もとき・だいすけ…

思い詰めないで…

「夫とタイミングが…」第3子希望の山本モナ"妊活ブルー"?


民主党議員の細野豪志氏(43)との“路チュー”や元プロ野球選手の二岡智宏氏(38)との不倫報道で世間を騒がせたのも今は昔。2010年に年下の不動産投資会社社長と結婚すると、不妊の原因となる排卵障害を乗り越え、12年7月に女児、14年6月には男児を出産した。モナのブログやインスタグラムの投稿は育児や料理についての内容が並び、すっかり“ママの顔”が板についた印象だ。 モナは今年1月、ドクターから出…

15年間の現役生活にピリオド/(C)日刊ゲンダイ

まるで巨人の引退会見…日ハム選手になれなかった二岡


9日に引退を発表した二岡智宏(37)。昨年10月に戦力外通告を受け、その後はどこからも声がかからず、「引退を決めたのは年末の球団の仕事納め。ここまで(他球団から誘いが)なかったのだから辞めようと思った」と話した。 女性タレントとの不倫スキャンダルが騒がれた08年のオフに巨人を放出されて、日ハムに電撃トレード。09年からの5年間は代打の切り札として活躍した。 温かく迎えてくれた新天地の北海道にす…

(C)日刊ゲンダイ

二岡に米コーチ修行斡旋 巨人の狙いは「松井監督」への備え


「松井のためですよ」 球界関係者がそう言うのは、今オフに日本ハムから戦力外通告を受けた二岡智宏(37)のことである。 一部で「引退、ヤンキースにコーチ留学」と報じられた二岡は、現役続行を最優先とし、現在もトレーニングを続けている。実際には引退を決断したわけではなく、他球団からのオファーを待っている状態だ。 今季は36試合の出場で打率.071、本塁打ゼロ。それでも、リーグ優勝した昨年は代打の切り札…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事