日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

田辺誠一特集

このイラストが大金を生んでいる

俳優業そっちのけ “画伯”田辺誠一「LINEスタンプ」でボロ儲け


描き手には販売額の35%が収益として入って来るそうで、あわよくば億万長者と皆、目の色を変えて参入してますよ」(放送作家) 現在、芸能界一のスタンパーとあがめ奉られているのがヘタウマな絵が話題となり、ネット上では「画伯」と呼ばれる俳優の田辺誠一(46)だ。昨年11月には自身が手掛けたイラストを「かっこいい犬。」と命名し、LINEスタンプで発売したところ大当たり。 「ネット上で話題となり、スタンプ購…

夫は俳優で“作家”、妻は歌姫で“画伯”…

歌姫は“画伯”だった? 水嶋ヒロが公開した絢香の絵が話題


とくに、俳優の田辺誠一(46)はツイッターで公開した絵をきっかけに“画伯”と呼ばれるようになり、文房具などに商品化されたものもある。 絢香が歌に加えて絵でも売れれば、仕事が激減中の水嶋は“専業主夫”まっしぐらだろう。…

「トシの功で」とコメントしたが…

82歳で紅白総合司会 黒柳徹子に囁かれる数々の不安要素


この他にも記者会見では生放送中の「ニュースウオッチ9」のスタジオと会場を中継でつないだり、テーマシンボルという鳥をあしらったデザイン(画・俳優の田辺誠一)をこしらえたりと初めて尽くしの試みが多い今年の紅白。芸能評論家の肥留間正明氏はこう言う。 「あらゆる仕掛けからNHKの苦心惨憺と、時代錯誤の番組だといわれる『紅白』に対する制作陣の危機感が見て取れます。テレビにおけるエンターテインメントは瀕死…

作風が一変!

下手ウマが一変 “画伯”浅野忠信の新イラストにファン大喜び


一部では“画伯”と呼ばれる浅野だが、俳優・田辺誠一(46)のように、演技以外でも国民的知名度を得られるかもしれない。…

Vシネでおなじみ

竹内力がLINEスタンプで“再ブレーク” 汎用性ウケ第3弾発売


芸能人のLINEスタンプというと俳優・田辺誠一(46)ばかりが注目されているが、もうひとり、意外な人がいる。Vシネでお馴染み、竹内力(51)だ。テレビで見せるド迫力が若い女性たちに受けて、評判になっている。 「LINEスタンプに参入したのは田辺より1カ月遅れの昨年12月。しかし、田辺のスタンプが『かっこいい犬』1セットなのに対して、竹内はその後も3月に第2弾、この7月に第3弾も発売するなど、急激…

本人の公式サイトから

志村けんもホレ込んだクール女優・吉田羊の意外な“三の線”


ちょっとした日常のズレから生まれる大人の笑いを描く、ドキュメントドラマ仕立てのコント番組で、吉田の他に片平なぎさ(55)や田辺誠一(45)などが出演するという。 吉田は一般的にはドラマ「HERO第2シリーズ」(フジテレビ系)でブレークしたとされるが、7年ほど前からドラマや映画でキーパーソンを演じ、NHK朝ドラは3作品に出演。「純と愛」では規律に厳しいホテルの指導係を演じた。大学時代に劇団を旗揚げ…

確かにオトコくさい/(C)日刊ゲンダイ

現場に女優の姿なく 小沢征悦主演の警察ドラマは男祭り?


共演陣は西田敏行、田辺誠一、塚本高史。加えて、毎回のSPゲストまで男性というオトコ臭~いこのドラマ。現場にはほとんど女優がいないそうで、「男祭り。部活の延長で夏合宿みたい」(小沢)とか。初回放送は16日21時から。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事