日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高田純特集

テキトーさがなんとも魅力

3代目“散歩人”高田純次の魅力は「あまりのいい加減さ」


地井武男の「ちい散歩」、加山雄三の「ゆうゆう散歩」に続き、3代目の散歩人になったのはご存じ、テキトー男・高田純次(68)。初日は有楽町からスタート。その冒頭でいきなりこんなふざけた挨拶をかましてくれた。さらに、バスに乗り込もうとして「とりあえず、バスに乗ってバスの旅にしちゃいますか? いろんな局がやってるからなあ」と、脱力感たっぷりのコメント。 他にも店のあるじに「もうやってるの?」と話し掛け…

高田純次は大のハムカツ好き

原因はハムカツ…高田純次「じゅん散歩」に意外な不評


テキトー男の本領発揮とばかり、高田純次が道行く人に軽口をたたき、おふざけ少々、自由気ままに散歩を楽しむ姿も定着してきた。 そんな中で、「ちい散歩」からこの「散歩」シリーズを見てきた高齢者から不満の声が上がっているという話が……。 その理由は「ハムカツ」。高田は大のハムカツ好きで、商店街を通ると必ずといっていいほど肉屋に立ち寄り、ハムカツを注文する。早朝などでまだ揚がっていない時はご丁寧に「帰りに…

トークも適当/(C)日刊ゲンダイ

高田純次が作務衣で応援 シュールすぎる「ながら旅番組」


高田純次(67)が「正装の作務衣」で応援に駆け付けた。26日に行われた新旅行番組「ヨーロッパの車窓だけ2」(10月8日21時~、BS12ch TwellV)の取材会。同局の冠番組“アジアぷらぷら”で各国を散歩する際の衣装で登場し、“車窓だけ”のプロデューサーである阿部秀司氏(65)と爆笑トークを繰り広げた。同番組はヨーロッパを走る鉄道の車窓だけを淡々と映すというシュールな内容で…。 「テレビの横…

高田純次みたいになれれば…(C)日刊ゲンダイ

残業代ゼロを逆手に…お気楽「5時から男」復活の期待も


しかし、「5時から男」の高田純次みたいなお気楽サラリーマンは、この残業ゼロで復活する。 政府が推し進めている残業代ゼロ法案。反発を恐れて、厚労省はまず年収1000万円以上、コンサルタントや金融ディーラーといった専門職から適用する考えだ。 彼らエリート層は自分の裁量で労働時間や休暇を決めている“お気楽層”だから、適用しやすいという理屈だ。 ところが、実際はそうではない。転職サイト「ヴォーカーズ」が…

男はつらいよ編


例えるならば、高田純次のノリだという。 さらりとしたエッセー調だが、60代男性の体験談がちりばめられており、切実な現状も垣間見える。遊びと加減を知らないと、色ボケまたはストーカーになりやすいという教訓も。常日頃から射精をしておくこと、週刊誌のセックス記事を手本に、財布には2万~3万円を常備しておくなどの提言は実用的。非現実的な指南ではなく、実体験に基づく共感型の恋愛&セックスガイド本だ。(KAD…

今回が連ドラ初主演の黒木華

黒木華「重版出来!」 脇役陣と繰り広げる“技の掛け合い”


指導係の先輩がオダギリジョー、編集長は松重豊、編集部員として安田顕や荒川良々、そして社長は高田純次だ。これらクセ者たちが繰り出す芝居の波状攻撃を、黒木は一人で受けて立ち、きっちりと技を返している。とても連ドラ初主演とは思えない。 漫画家の世界やコミック誌の現場を垣間見られる“お仕事ドラマ”として、また20代女性の“成長物語”として、先が楽しみな一本だ。 (上智大学教授・碓井広義=メディア論)…

右手の薬指には指輪が光る

まるで“大使”マニア? 藤原紀香の「肩書」が増え続けるワケ


高田純次(68)、フィギュアスケーターの織田信成(28)と共に、国勢調査の広報大使に就任した。 CMに国勢調査員の役で出演している紀香は、「調査員の方々にお話を聞いたら、地道で大変なお仕事だなと。縁の下の力持ち。地道なもの(調査)があって日本が見えてきます」とコメント。5月に報じられた片岡愛之助(43)との密会については触れなかったものの、笑顔で手を振る右手薬指には指輪が光っていた。 紀香といえ…

写真はイメージ/(C)日刊ゲンダイ

髪型、服、ネイル…岡田斗司夫流オンナを落とす褒めトーク


一線を越えられるかどうかって、それくらいのことなんです」(キム氏) そういえば、元祖テキトー男・高田純次も女性に人気。ちょっとテキトーなくらいが、女性を引きつけるのか。…

3人は“同学年”/(C)日刊ゲンダイ

日本人は68歳から「老人」 若く見える人は何が違う?


芸能人でいえば、ビートたけし、高田純次、堺正章、吉田拓郎、美川憲一、岸部一徳、西川きよしらの面々。スポーツ界の星野仙一、田淵幸一、山本浩二、尾崎将司も同学年だ。 ■分かれ目は「仕事を続けているか」 いずれもまだまだ現役だが、世間の目から見れば、立派な“老人”なのだ。小学生が思い浮かべる老人のイメージは、「しわ」「小さい」「散歩をよくする」「ゲームをしない」「杖をついている」「なまっている」など…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事