日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

徳川家康特集

「真田丸」初回の放送から

識者はこう見た NHK大河「真田丸」に複数の“仕掛け”

「堺さん以外にも、織田信長が吉田鋼太郎さん、徳川家康が内野聖陽さん、上杉景勝が遠藤憲一さんなど豪華キャスト揃いで、今後の活躍に期待ワクワクです。主役の堺さんは『半沢直樹』というより、『リーガル・ハイ』の古美門研介みたいでちょっとおちゃめなカンジ。堺さんの姉役の木村佳乃さんも会話の途中に『ねぇ?』などと言ってみたりで、重厚な大河ドラマというよりは“ファミリー大河”の…

NHKドラマ「真田丸」は堺雅人主演

NHKドラマ「真田丸」が100倍楽しくなる幸村トリビア秘話

大坂冬の陣に続く夏の陣で、幸村がわずかな手勢を率いて徳川家康の本陣である天王寺茶臼山に攻め込んだ突撃の武勇伝は有名だ。しかし、押し寄せる徳川方15万人に対し、勝ち目がないと判断した豊臣方は、浪人たちが次々と大坂から離れ、多勢に無勢。ところが、幸村の奇襲によって家康は2度も切腹を覚悟したらしい。どんな戦法を使ったのか。 「幸村が単身、家康の面前まで迫り、討ち取る寸前ま…

これから出番が増える/(C)日刊ゲンダイ

「官兵衛」で家康役 寺尾聰の“右目”なぜ閉じているのか?

役作りのために剃髪した岡田准一(33)の体当たり演技や、狂気の秀吉を好演する竹中直人(58)など、見どころは盛りだくさんだが、この先の話の中心人物となっていくのが徳川家康を演じる寺尾聰(67)だ。 次回「秀吉の最期」(11月9日放送)の予告でも、家康=寺尾の顔が大映しされたが、その寺尾について、ドラマ登場の当初からこんな疑問の声が上がっていた。 「寺尾聰の右目は、な…

イラスト・宮西真由

嫉妬、憎悪…コンプレックスの日本史

加藤清正、福島正則らを老獪な戦略で操った徳川家康

この戦を語る上で無視できないのが、徳川家康の老獪さです。豊臣秀吉の子飼いの武将たちを籠絡し、自分の部下のように働かせたのですから。 家康が利用したのは福島正則、加藤清正、黒田長政らの石田三成への憎悪・嫉妬でした。 発端は文禄元(1592)年から始まった、朝鮮出兵にあります。 正則らは、朝鮮半島でひもじい思いをしながら戦っていましたが、一方の三成は国内で、秀吉の側近…

イラスト・若生圭汰

日本史再見 英雄になれなかった男

豊臣家を救えなかった前田利家

徳川家康を刺し殺さず 時代は下がって慶長3(1598)年、秀吉が死没すると、豊臣政権の体制が揺らぎ始めます。利家と同格の大老となった徳川家康が、法度を破り、伊達政宗や福島正則らと勝手に婚姻を結んだのです。これに石田三成が異を唱えて、家康と対立。その結果、三成は謹慎処分を受けます。 利家の目には、家康の目論見が読めていました。秀吉子飼いの武将を反目させて、豊臣家を…

駿府城

新・お出かけ紀行

発掘調査に参加も 徳川家康が過ごした静岡県で歴史めぐり

NHK大河「真田丸」で内野聖陽演じる徳川家康は、幼年期、壮年期、晩年を静岡で過ごしている。竹千代と呼ばれた幼年期は今川の人質として、晩年は大御所として暮らした。ついのすみか、駿府城はほとんどが1635年の火災で焼失。一般公開されている巽櫓や東御門などは近年になって復元されたものだ。5階7層だったという天守は、残念ながら現存しない。 それでもここは訪れて損はない。静…

イラスト・齋藤礼実

日本史再見 英雄になれなかった男

伊達政宗 スペイン国王と組んで謀叛を企てていた

政宗は秀吉に臣従し、関ケ原の戦い(1600年)では徳川家康の側につきました。天下取りの野望をすっかり忘れたかのようですが、実は闘志満々。徳川幕府に叛旗を翻そうとしたのです。 それを語る前に、政宗を取り巻く人物を2人紹介しましょう。一人は家康の重臣で石見(現・島根県西部)や佐渡などの鉱山開発に尽力した大久保長安。徳川家に利益をもたらしました。 ところが慶長18(16…

家康は苦労人だった

戦国武将サバイバル術

【徳川家康編】発想の転換で待ちの家康のごとく後日に備えよ

どこかにお宝が?

鑑定団で曜変天目茶碗に2500万円 骨董“一獲千金”の狙い方

数千円で買った着物の箱を赤外線で調べたら徳川家康が袖を通した「辻ヶ花」と判明、1億5000万円に大化けしたことも。このほか骨董市で数千円で買った屏風絵が重文クラスと認められた話もあるという。 「ただ、素人が見分けるのはかなり難しいと思われます。この世界は競争が厳しく、目利きの人は朝4時から懐中電灯を片手に骨董市の開場を待っています。明治、大正の家を取り壊すときはドア…

イラスト・佐々木桜

日本史再見 英雄になれなかった男

奇襲のチャンスをつぶし関ヶ原で惨敗した石田三成の不運

慶長5(1600)年、豊臣政権五大老の一人・徳川家康が、上杉景勝の討伐を口実に出陣。これによって同年9月15日、関ヶ原で家康の東軍と五奉行の石田三成が組織した西軍が衝突し、東軍が大勝利したことはご存知でしょう。 この戦いで着目したいのが“三成の不運”です。戦の終盤に、味方の小早川秀秋に裏切られただけではありません。 たとえば決戦の半年前の3月11日、家康が大坂の前…

松本弘一さん

社長の本棚

「サカエ」松本弘一社長は「坂の上の雲」が愛読書

改革するにはと織田信長に関する本を読み、信長政権は短命だったので、会社を継続させるには徳川家康かなと、家康関係の本を読んだり、あるいは、人を動かすにはどうすればいいのかと、吉川英治さんの『三国志』を読んだりして参考にしてきました。経営者では松下幸之助さんの本を全部読み、講演記録も聴きました」 そして、10年ちょっと前、愛読書に出合う。 「当時の顧問弁護士に薦められて…

胃炎なら保険でOK

Dr.中川のみんなで越えるがんの壁

【胃がん対策】家族で除菌 早期発見より確実な予防を

古くは徳川家康がこのがんで苦しんだとされていて、“がんといえば胃がん”と恐れられた時代もありました。 それだけに、胃がんを食い止めることは、医学的にも社会的にも大きなインパクトがあります。佐賀や大分、兵庫、大阪、長野、山形、秋田、北海道などの市町村では、中学生らを対象にピロリ菌の検査と除菌に取り組む自治体が増えているのです。 ■欧米では白血病より稀 尿検査からピロリ…

気になるところには線を引く

社長の本棚

【東京地下鉄株式会社】安富正文会長

「『徳川家康』とか『宮本武蔵』とか、むかし読んだ長編小説も全巻100円ぐらいで買えるので、読み返したりしています。タブレットは文字の大きさを変えられるから疲れないし、夜に寝ながら読むときも電気をつけないでOK。出張の時もかさばることはありません。本当に便利です」 好んで読むのは、歴史小説やミステリーだ。 「教科書が教える歴史と違って、いろんな作家がいろんなアプロー…

週末に読みたいこの1冊

「鬼手 小早川秀秋伝」大塚卓嗣著

兄のような宇喜多秀家、律義者の徳川家康、冷酷無比な大谷吉継など、今までにない人物設定となっており、同じ歴史上の出来事が、解釈によって全く見え方が変わることに気づかされる。(光文社 1300円+税)…

イラスト・八木幸恵

嫉妬、憎悪…コンプレックスの日本史

秀吉の茶頭として出世しながら切腹に追い込まれた千利休

利休が所有していた名物茶器を秀吉が所望し、これを利休が拒否したからという話もあれば、徳川家康のスパイだったという話も。生前の利休が最後に茶会を開いた相手は家康だった。その関係で、利休が秀吉を暗殺しようとしたというのだ。 ドラマチックなのは秀吉が利休の娘を側女に欲しがり、利休がこれを断ったという説。この話を題材にしたのが今東光の小説「お吟さま」だ。1978年に熊井啓…

イラスト・中村深琴

嫉妬、憎悪…コンプレックスの日本史

豊臣秀吉は農民の劣等感から名家の娘に手を出した

この秀吉と趣が異なるのが徳川家康でした。彼は“二妻十五妾”を持ったといわれますが、その多くは後家、つまり未亡人でした。出自のはっきりした女性を選んだものの、名門に固執はしませんでした。家康はただ、出産経験のある丈夫で健康な女性を求めたのです。その努力が実って多くの子宝に恵まれ、徳川幕府は長らく存続したのでした。 豊臣秀吉を描いたドラマは身分の低さを乗り越えて天下人…

「真田十勇士」の出演者たち

大高宏雄の「日本映画界」最前線

地味すぎる? 「真田十勇士」俳優の格も興行もいまひとつ

リーダーの資質のない真田幸村を、集められて配下になった俊敏な10人が引き立て、徳川家康に立ち向かう。本来なら、「七人の侍」の例を出すまでもなく、10人が集まる過程が見せ場になるはずだ。ところが冒頭、ここを何とも大ざっぱな描写で通した。ここで、かなり興をそがれる。 中村勘九郎演じる猿飛佐助が、荒れ果て希望もない戦国最後の時代を、思う存分楽しく生きるために幸村をけしか…

3候補ともバカ正直すぎる

巻頭特集

民進代表戦の政策論争 与党寄りメディアの餌食の懸念

青年の主張のような青臭い政策論争は、老獪な政権与党を喜ばせるだけです」 今の民進党には、大坂の陣で圧倒的劣勢に立ちながら、徳川家康をきりきり舞いにさせた真田幸村のようなリーダーの出現が待たれる。 政治評論家の森田実氏はこう言った。 「今なお民進党の中枢を牛耳るのは、政権転落の“戦犯”ばかり。有力候補の蓮舫氏を担いでいるのも、消費増税で自公両党と手を握ったA級戦犯の野…

週末に読みたいこの1冊

「津軽双花」葉室麟著

徳川家康の姪である満天姫は、福島正則の養嫡子・正之に嫁いで直秀を産んだが、正之が廃嫡となった末に幽閉されて亡くなったため、直秀を伴って実家へと戻っていた。そんな満天姫のもとに、津軽信枚との縁談話が持ち込まれる。しかし信枚にはすでに正室・辰姫がおり、彼女は石田三成の娘だった。つまりこの縁談は、徳川側の満天姫が石田側の辰姫を正室の座から追い出すものだった。この婚姻を機に…

「休暇村協会」理事長の中島都志明さん

プロの本棚

休暇村協会理事長・中島都志明さん「司馬作品で迷いなくなった」

あと、山岡荘八の『徳川家康』も面白かったですね。家康は好きな武将ではありませんが、作品の構想力に圧倒されて、全26巻を一気に読みました」 ただ、50歳を過ぎた頃から極度の乱視に悩まされるようになり、やむなく読書は中断することに。 「集中して文字を読むと15分ぐらいで頭が痛くなるのです。なんとも残念ですが、リタイアした後は、もう一度、書棚にある本をゆっくり読み返したい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事