日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

鈴木奈穂子特集

夫はTBSディレクター/(C)日刊ゲンダイ

NHK新「夜の顔」鈴木奈穂子アナは政官界から人気のジジ殺し


新年度から、平日午後9時スタートのNHK「ニュースウオッチ9」を担当する鈴木奈穂子アナ(33)。3月までは平日朝4時半スタートの「NHKニュース おはよう日本」を担当。爽やかな“朝の顔”として人気を博してきたが、春からは“夜の顔”となるわけだ。 33歳とは思えない可愛らしい童顔や、低くて温かみのある声が魅力の癒やし系。男性の中でも政治家や官僚から人気が高いといわれ、“夜の顔”は適任といえる。鈴木…

おちゃめ伝説には事欠かない阿部渉アナ

ニュース番組で「ウハハハ」NHK阿部渉アナの“おちゃめ伝説”


その期待に応える形で阿部アナは手作り感たっぷりのテレビの箱をかぶり、画面の向こうでニュースを伝えるアナウンサーの役を好演し、爆笑を誘いました」(テレビ誌記者) 「おはよう日本」を担当するようになってからも時々、アドリブをブチ込んで、和久田の前任者・鈴木奈穂子をドギマギさせてきた。今後もいつあるか分からない。和久田アナ、渡辺キャスター、ゆめゆめ油断めさるな。…

当たり障りないMC河野憲治アナ

「クロ現」騒動を機に…NHKの“たわいない報道”加速の一途


たいていは台本通りの進行で、しかもその台本も言い間違えて、隣の鈴木奈穂子に訂正されることもある。 たまに独自の意見を言う機会があっても、パリで銃撃戦があった水曜は「パリで再びテロがくるんじゃない……動揺が広がっているのは間違いない」と最大公約数的な一般論を危機感ない顔で言うだけ。隣の鈴木はたいていは受けることなく「次です」と打ち切る(この噛み合わない2人ってキャスターといえるのか?)。 7時のニ…

“あさひロス”に陥るファンも

ファン待望 NHK井上あさひアナ「東京完全復帰」のウルトラC


当然、今コンビを組んでいる鈴木奈穂子アナも交代させざるを得ない。そうしたハプニングが起きれば、経験者である井上が呼び戻される可能性は考えられます」(前出のアナウンサー) 現在の河野キャスターは手堅いものの「地味だ」「暗い」という声も常について回っている。あさひファンの切なる願いはかなうか――。…

東大経済学部卒の和久田アナ

和久田アナ効果か NHK「おはよう日本」視聴率好調のワケ


4月から鈴木奈穂子(33)に代えて和久田麻由子(26)をキャスターに迎えた「おはよう日本」の視聴率が絶好調なのだ。 ビデオリサーチが14日発表した視聴率トップ30で、新生「おはよう日本」が3本もランクインしていた(4月6~12日分)。和久田が初登場した3月30日は22位。「おはよう日本」のトップ30入りは珍しく、3月は1本も入っていなかった(「おはよう日本・首都圏」を除く)。 「“和久田効果”と…

左から鈴木奈穂子アナ、河野憲治新キャスター、佐々木彩アナ/(C)日刊ゲンダイ

NHK“夜の顔”河野氏起用も「現場の舵取り難しくなる」の声


針に糸を通していくように慎重な判断が求められるでしょう」 サブの女性陣も井上あさひアナ(33)から鈴木奈穂子アナ(33)へ、スポーツ担当も広瀬智美アナ(33)から佐々木彩アナ(28)へ。総入れ替えで臨むNHKの夜の看板番組。河野新キャスターのお手並み拝見だ。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事