日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山口智特集

新鮮ネタが自慢の寿司料理店/(C)日刊ゲンダイ

マルチに活躍する山口智充がハマった「築地虎杖 魚河岸千両」の海鮮ひつまぶし


モノマネ芸、声優、俳優、司会者などマルチに活躍する“ぐっさん”こと山口智充(45)。テレビCMでは中華料理を豪快にほおばる姿が印象的だが、そんなぐっさんの旺盛な食欲を満たす寿司店が東京・築地にある。 「築地虎杖 魚河岸千両」は築地場外市場の一角に店を構える、新鮮なネタが自慢の寿司料理店。界隈の寿司屋の中でも、ちょっと珍しい“魚介のひつまぶし”が味わえることで知られる店だ。「元祖海鮮ひつまぶし」(…

ぐっさんが通う焼肉店『本とさや』

ぐっさん絶賛 ウマさとボリュームが魅力の焼き肉店「本とさや」


“ぐっさん”こと山口智充(47)といえば、多芸多才の芸人として知られるが、食へのこだわりもある。お気に入りは浅草にある焼き肉の名店「本とさや」。 場所はつくばエクスプレス浅草駅を降りてすぐ。賑やかな国際通りから1本入った路地裏にあり、約40年にわたり、地元で親しまれてきた。 店は下町らしい大衆的な雰囲気。新鮮かつ上質な肉をガッツリと味わえる、ウマさとボリュームが魅力だ。肉は2代目社長の三浦英一さ…

活躍する広瀬姉妹(左は姉のアリス、右は妹のすず)

芸能界の姉妹は広瀬だけなのか


味の素Cook DoのCMでぐっさん(山口智充)と父娘で回鍋肉を取りあっている杉咲花とか、カルピスウォーターの黒島結菜とか、“1000年に1人アイドル”橋本環奈とか、10代女優は他にもいるのに、今のところすずの独り勝ちだ。 昨年は是枝裕和監督映画「海街diary」に出演し、キネマ旬報ベストテン、日本アカデミー賞など数々の新人賞を総ナメにした。今年は19日公開の映画「ちはやふる」で初主演。年内に…

こなれた芝居を見せるピース綾部

ピース綾部主演の昼ドラ「別れたら好きな人」の意外な評判


「ベテラン脚本家である伴一彦氏をはじめ、キャスト陣も白石や小川菜摘、山口智充、佐藤藍子、北川弘美といったゴールデン帯の連ドラで見かけなくなった懐かしの面々がわんさか。性描写の規制を余儀なくされるテレビ局の事情もあり、作品も役者も笑いを求める方向になる。今回のドラマはあらゆる要素の“受け皿”として成り立っているように感じます」(前出の桧山氏) これもひとえに、又吉センセイのおかげか。…

41歳でこの美貌/(C)日刊ゲンダイ

再婚しない理由は「弟」 シングルマザー松雪泰子の生きる道


女優の松雪泰子(41)とお笑い芸人の山口智充(45)が8日、CMキャラクターを務める花王の新商品発表会に出席した。2人はCM夫婦役を演じ、残業から帰宅した山口に松雪が後ろから抱きつくシーンも。 「あのシーンは何度撮り直しをしてもいいと思った。照れくさい半面、何とも言えないドキドキ感があって楽しめました」と山口。ドラマで共演して以来、松雪とメル友になったという山口は、「意外に“肝っ玉母ちゃん”みた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事