日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

和田豊特集

地味で堅実/(C)日刊ゲンダイ

背中で存在感発揮…残留決意の鳥谷こそ阪神の「正統後継者」


電鉄球団向きの選手ですよ」 振り返れば、現GMの中村勝広氏、和田豊監督も現役時代は派手な選手ではなかった。ムダ口は叩かず、優等生を貫き通したからこそ、今がある。 一方で江夏豊氏、掛布雅之氏(現・阪神GM付育成&打撃コーディネーター)のような現役時代から破天荒だった人気OBは、鮮烈な印象を残しても、今は阪神のコーチにすらなれない。岡田彰布氏は一度監督になっているが、時に阪神を批判する評論活動を好ま…

糸井の加入は「諸刃の剣」

補強はむしろ足かせ 救世主どころか金本監督のクビ飛ばす


昨年、和田豊前監督の退任が決まった際、OB内には「生え抜き」の岡田彰布元監督を推す声があったそうだ。金本監督がこれまで再三、古巣の名前を持ち出していることに嫌悪感を示すOBも一人や二人ではない。球団創設80年を昨年迎えた老舗球団は多数の口うるさいOBを抱えている。時に派閥争いやお家騒動の火元になり、現場にプレッシャーをかけたこともある。「外様」の元監督の野村克也氏は「阪神の監督を務めたことは、…

原辰徳は何の講義をしたのやら…

名誉職だらけの尻軽野郎の名刺は破り捨ててやる


原同様に監督を辞めた和田豊は「オーナー付シニアアドバイザー」。阪神は横文字がお気に入りだが、編成には口出ししないわけだから、早い話がオーナーの茶飲み相手。 あってないような名誉職ならいくらでもつくっちゃえばいい。金田正一は「昔自慢名誉顧問」。張本勲は外野から喝を入れて食っているから「外野名誉カツ弁顧問」、体がナマりゃドームの外野でカツ弁当でも売ってもらう。 さて原辰徳。暇なのでときたま高橋由伸監…

チームの足かせになる

阪神 鳥谷敬 フルイニング出場記録という危険な兆候


和田豊監督は鳥谷の起用について「彼は代走も守備固めも必要としない選手だから」などといった、表向きは正当な理由を主張する。しかし、それは接戦のときの理由であって、大差がついた終盤でも鳥谷にこだわる理由にはなっていない。 よって、実際はスター選手である鳥谷に配慮して、ショートを聖域化しているだけだろう。鳥谷自身もフルイニングにこだわりがあるらしく、確かにデリケートな事案なのかもしれない。 しかし、…

和田監督を囲むコーチ陣

阪神の監督は切り捨て自在のトカゲの尻尾


阪神ファンによる和田豊監督へのバッシングが、いよいよ激しくなってきた。開幕前は優勝候補と目されていた阪神が、ここまで下位に低迷しているからだ。 現場首脳陣のトップとされている監督が成績不振の責任を負うのは当然のことだが、近年の阪神の場合はこの「監督=首脳陣のトップ」という前提にすら疑問を感じるため、私は複雑な気持ちになってしまう。その疑問の最大の要因は、和田監督誕生のはるか前からベンチに居座り続…

マエケンには…

阪神・藤浪晋太郎 聞く耳を持たないのではなく持てないのだ


二軍知らずの藤浪にとって、これまで出会った監督は野手出身の和田豊のみ。一軍投手コーチは山口高志と中西清起で、藤浪は主に中西コーチの担当だ。この中西コーチは04年から10年以上も阪神に居座り続けているが、そのわりにエース級を育てたという実績はない。そもそも現役時代は主にリリーフで活躍した投手だった。 一方、今昔のエースたちの多くは若手時代の出会いに恵まれていたように思う。前田は先輩エース・黒田博樹…

広島に連敗で渋い表情の和田監督

早くも続投報道 阪神・和田監督がフロントに評価される理由


そんな中村監督をだれよりも慕っていたのが当時、暗黒時代のチームの主力を担った和田豊監督だった。 過去の阪神に何人かいたアクの強い指揮官とは異なり、補強や育成に異を唱えるでもない。チームづくりはフロントの仕事と割り切り、自分はフィールドマネジャーに徹している。親会社や球団幹部にとってこれ以上、御しやすい監督はいない。 過去3年間の成績は5、2、2位。昨年8月、いったん続投を発表した直後に負けが込…

ある日突然同期に足で負けた父・徹氏は愕然とした


村山実監督時代、和田豊(現阪神監督)、大野久とともに「少年隊」と呼ばれた外野手だ。 中野は国学院栃木から左腕投手として入ったものの、入社1年目に肩を壊して外野手に転向。「こっち(岩手)でほとんど練習せずに行って、いきなり肩を壊してしまった」という徹同様、1年目はランニング主体のメニューをこなしていた。当時を振り返って徹が言う。 「(中野は)入社当時、飯塚ほどの選手ではなかった。走るのもボクよりも…

打撃練習中に笑顔を見せる大谷

父親を襲った“燃え尽き症候群”の顛末


中野は阪神時代、和田豊(現阪神監督)、大野久とともに、村山実監督から「少年隊」と呼ばれた選手だ。「僕は高校生で4人目。時期も時期でしたし、取っていただいたという感じ」と徹は話す。 社会人野球の都市対抗は当時、神奈川から上位3チームが代表に選ばれた。神奈川はいい選手もたくさんいて、競争も激しい。三菱重工横浜は第3代表を争うレベルのチームだった。 足と肩に自信があった徹は1年目、いきなりその肩を壊し…

現監督(右)と次期監督?/(C)日刊ゲンダイ

新体制の阪神 和田監督と平田ヘッドCの間にくすぶる“因縁”


和田豊監督(52)の1年続投が決まっている阪神の来季スタッフが4日、発表され、ヘッドコーチに平田勝男二軍監督(55)が昇格した。 和田監督は口数が少なく、自分が前面に出るタイプではない。一方で明大時代、島岡吉郎監督の薫陶を受けた平田ヘッドは明るく元気で、選手に厳しく接するタイプ。平田ヘッドには、コーチのまとめ役とともに、負けが続くと暗くなりがちなチームのムードを一変させるような、“起爆剤”として…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事