日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

嶋基特集

嶋はゲームもやらず

半身浴をしながら…楽天・嶋基宏「唯一の趣味」は?


あきらめたり、流されたりというのは自分の気持ち次第でどうにでもなるということが書かれていて、それが非常に印象的でした」…

狙われる嶋

“捕手難”巨人が再アタック 楽天・嶋のFA獲得は争奪戦必至


このオフ、再び楽天の嶋基宏捕手(31)が狙われる――。 左手豆状骨骨折と左手三角骨亀裂骨折のため、登録抹消中。故障した5月18日まで打率・286とまずまずの成績を残していただけに、梨田監督は「扇の要でキャプテン。こういう時こそ頼りたいけど、いる人間でやるしかない」と沈痛な面持ちだった。 楽天は現在、借金11で5位。「一軍復帰は球宴後になるんじゃないか。嶋が戻ってくる頃に借金が3つぐらいまで減って…

楽天・嶋手は争奪戦になりそうだが…

元選手が“併用制”の弊害指摘 「正捕手1人」は時代遅れなのか


すでに、国内FA権を取得済みの楽天・嶋基宏(30)に加え、日本ハムの大野奨太(28)も9月中にFA権を得る予定。両者とも移籍の可能性が高まっている。2人が手を挙げれば争奪戦は必至だが、どこのチームへ行こうが、フルシーズン、マスクをかぶることはないだろう。 ここ数年のプロ野球を見ていると、多くの球団が「捕手併用制」を採用。巨人(相川、実松、小林)、阪神(藤井、鶴岡、梅野)のように2、3人の捕手がほ…

則本(左)のグラブを背中に載せられる松井裕 (C)日刊ゲンダイ

楽天 期待の松井裕樹が突然のリリーフ転向…正捕手・嶋の見解は?


【日刊ゲンダイ連載】 橋本清の取りたて直送便「本音を聞きたい」 キャンプ序盤、正捕手の嶋基宏(30)はこう言っていました。 「先発陣の駒不足? ですよね。他球団と見比べ不安があるのは確か。則本に続く計算のできる先発投手が何とか3枚、揃ってくれれば……」 昨年、最下位に沈んだ楽天はエースの則本昂大(24)が14勝を挙げたものの、2ケタ勝利をマークしたのはこの則本ひとり。塩見、辛島が8勝でこれに続き…

選手会長としての評価は高いものの…/(C)日刊ゲンダイ

残留でも控え捕手? 楽天・嶋が抱えるリードの「致命的欠陥」


その分をまだ返していない」 楽天の嶋基宏(29)が31日、今季、取得した国内FA権を行使せず、残留すると明言した。 嶋は昨オフ、楽天と4年契約を結んでいるものの、「一定の条件を満たせばFAを認める」との付帯条項があり、その去就が注目されていた。 かねて水面下で巨人が調査を続けているともいわれ、原監督が来季から大黒柱の阿部慎之助(35)を一塁へコンバートすることを決めたのも、「嶋に対する事実上のア…

波乱の船出/(C)日刊ゲンダイ

デーブ楽天監督就任 ファンは早くも主力選手大量流出を危惧


■一時は「抗議デモ」の呼びかけも 取り沙汰されているのは、嶋基宏捕手(29)。一部で大久保氏との不仲といわれるため、今回の監督就任で他球団への移籍話が現実味をおびてくるとファンは心配している。それに加え、松井稼頭央(39)や、ジョーンズ(37)といった主力も楽天を出ていくのではと危惧する声も出始めた。 大久保監督就任前には、マー君を育てた佐藤義則投手コーチ(60)の退団が発表されていることから…

日本シリーズ優勝の瞬間、田中とマウンドで抱き合う嶋/(C)日刊ゲンダイ

マー君の女房役・嶋が初吐露「快く送り出してあげたい」


<橋本清の取りたて直送便「本音を聞きたい」> 「これまで、彼とメジャーのことについて話したことも、聞かれたこともありません」 楽天の捕手・嶋基宏(28)がこう言います。 嶋は今、複雑な心境でしょう。メジャー側と合意寸前だった新入札制度が白紙に。土壇場で日本の選手会が了承しなかったことが、一番の原因とされています。嶋はその選手会のトップである選手会長。入札制度がなくなれば、田中将大(25)がメジャ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事