日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

谷垣禎一特集

異例の登板/(C)日刊ゲンダイ

安倍首相の言いなり 「最も地味」な自民党・谷垣禎一幹事長


■自民党・谷垣禎一幹事長(69=京都5区、当選11回) 今回の内閣改造で「最も地味なサプライズ」といわれている。 生まれは京都府福知山市だが、東京の麻布中・高から1浪で東大法学部へ。大学には8年在籍。自民党議員だった父親の専一氏の秘書をやりながら、卒業後7回目にして司法試験に合格、弁護士に。83年の父親死去死に伴い、地盤を引き継ぎ、補欠選挙で初当選する。 自民党が野党に転落した09年9月に総裁に…

*直近の面談日を抜粋=肩書きは当時/(C)日刊ゲンダイ

有象無象がズラリ 病床の徳田虎雄氏を訪ねた「見舞客リスト」


自民党からは小泉純一郎、谷垣禎一、古賀誠、野中広務らが訪れ、直近の9月8日には麻生太郎元首相の実弟の麻生泰氏(麻生セメント社長)が見舞っている。 9月初旬といえば、東京地検特捜部による徳洲会への捜査がウワサされた時期。どうしても、きな臭さが漂ってしまう。 ■内閣をつくれる豪華さ 「政治家では、阿部知子氏(27回)、山田正彦元農相(25回)が突出して多い。小児科医でもある阿部氏は、千葉徳洲会病院の…

長妻氏の発言に猛反論

「僕ちゃん知らない」の揶揄にムキになった安倍首相


(憲法改正草案は)谷垣禎一総裁の時に世に出した」と言った。 またかよ。だからそれ、答えになっていないんだって。そのはぐらかし方ははじめてじゃない。長妻も考えていたのだろうよ。3日、長妻はその首相発言をちゃかすように、「谷垣総裁の時に出したものだから、『僕ちゃん知らない』というふうに聞こえる」と揶揄した。それでムキになっての冒頭の発言だ。バカみたい。 具体的にいえば「谷垣総裁の時に出した」と首相は…

細田博之自民党総務会長

上から目線のKY 細田博之総務会長は二階幹事長の“重し”


「幹事長だった谷垣禎一が自転車事故による頚髄損傷で“退場”。総務会長だった二階俊博が幹事長に横滑りしましたが、“仕事師”と呼ばれ、党内ににらみが利く二階が人事もカネも握るとなると、力が集中しすぎてしまう。そこでバランスを取るため、安倍首相の出身派閥の領袖で無難な細田の出番となった。二階の“重し”というわけです」(官邸事情通) 東大法学部卒、旧通産省キャリアを経て、元運輸相の父・吉蔵の議員秘書に。…

人心をもてあそぶ安倍政権

時間稼ぎができたうちに“人でなし政権”を倒せ


だからこそ麻生氏や自民党の谷垣禎一幹事長らは、「延期なら総選挙で信を問え」と言いだした。人殺しがトドメの一突きを遅らせて犠牲者に感謝される構図はおぞましい。 とはいえ麻生発言はそれのみを取り出せば筋論だし、首相も世間の反応を測りつつ、いずれ衆院選に踏み切るハラのはず。とすれば自公は衆参両院で現状以上の議席を確保する結果が導かれよう。 かくて拡充される独裁政権のチェック機能を、大マスコミは果たせ…

自民党は責任を頬かむり

舛添都知事の醜聞で完全に終わった自民党


そして今また自民党の幹事長・谷垣禎一が『猛省が必要だ。日本の首都のトップに立つものとしては、それなりの居住まいがなければいけない』と、まるで他人事のコメントを出した。 自分のところが推薦しながら、自分の責任を頬かむりして、したり顔のコメント。自民党は除名もいいかげんなら、推薦もいいかげんと自認したのも一緒だ。政党の機能を果たしていない」 自民党が終わっていることは言われなくてもわかっている。問…

自民党の谷垣幹事長

テロに便乗して「共謀罪」言い出す 自民党はまるで火事場泥棒


パリの同時多発テロ事件を受け、自民党の谷垣禎一幹事長が17日、テロ撲滅のためには「共謀罪」の創設が必要との認識を示した。 この日の党役員連絡会で、高村正彦副総裁がテロを防ぐための国際条約、国連国際組織犯罪防止条約に言及したのがきっかけだ。高村副総裁は「国際条約ができているのに日本は(共謀罪などの)国内法が整備されていないためにこの条約を批准できていない」と発言したことに対応したのだが、この論理の…

米大統領選のヒラリー・クリントン民主党候補

世界中の選挙が女同士の戦いになる予感


しかしそれを安倍の信任を懸けて戦うことはできず、では誰を押し立てて戦うかということになれば、谷垣禎一幹事長でもなく石破茂地方相でもなく、一気に野田聖子、初の女性総裁=総理候補ということになるのではないか、というのがベテラン記者の見立てである。 他方、民主党も、今のような何事もすっきりしないヌエ的な路線を続けていれば、参院選で惨敗に陥るのは必然で、その負け具合によっては参院選後にポスト岡田という…

野党の選挙協力がカギ

参院選「自民大敗」予測…始まった野党共闘に落選運動がトドメ


さっそく谷垣禎一幹事長は「民主党が共産党と組むとすれば、果たしてどこへ行こうとしているのかという感じ」と牽制している。野党の選挙協力を嫌がっているのは明らかだ。 実際、共産党の全面協力はインパクトが大きい。来年7月に行われる参院選の勝敗は、31から32に増える「1人区」がカギを握っている。これまで共産党は全選挙区に候補者を立ててきたが、野党協力を進めるために、「1人区」には候補者を擁立しない方針…

有馬晴海氏

政治評論家・有馬晴美さん(57) 胆のう結石(胆石)


06年ポスト小泉レースを、麻生太郎、谷垣禎一、福田康夫・安倍晋三の4人の名前から「麻垣康三」と命名した。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事