日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

平野伸一特集

アサヒビールの平野伸一社長

アサヒビール平野伸一社長 困難を“ラッキーだ”と歓迎


サラリーマン人生の後半、社長に就くまで、平野伸一の肩書と仕事はめまぐるしく変わっていった。 九州地区本部広域営業担当副本部長という、やたら長い肩書をもったのは2003年9月。九州で大手のスーパーやホームセンターなどの経営者と仲良しになる。大半は同族企業であり、懐に飛び込んで築いた人間関係はいまでも継続している。 05年秋、九州の本部長が平野に言った。「本社の部長に栄転だ。ただし、場所がなぁ……」…

アサヒビールの平野伸一社長

アサヒビール 平野伸一社長 あの光景は忘れられません


北京駐在から戻った平野伸一は2000年3月、東京支社業務部長になり、01年9月には首都圏本部営業企画部担当部長に就いていた。 02年1月某日。社員食堂に平野も駆け込んだ。社員たちがあふれる会場の中心に瀬戸が立っていた。神戸生まれ、慶応出身の瀬戸。日頃はハンサムなそのマスクが、見る見ると鬼瓦のように変容すると大粒の涙がこぼれ落ちた。これを合図に、会場は異様な空気に包まれる。役員や平野のような幹部…

アサヒビールの平野伸一社長

アサヒビール平野伸一社長 国民的ヒット商品たるゆえん


1987年、5期先輩で“伝説の営業マン”と呼ばれ、後にアサヒ飲料の社長となる菊地史朗と一緒に大ヒット商品「スーパードライ」の発売を手がけた平野伸一。 「酒販店への商品見本の送付に宅急便を使いましょう」。菊地はマーケ部内で提案した。問屋に依頼してもすべての酒販店に届かないことを直前まで営業の最前線にいたことのある菊地も平野も知っていたのだ。だから、直接送ろうとした。2人はなるべく早く、すべての酒屋…

アサヒビールの平野伸一社長

アサヒビール平野伸一社長 スーパードライ発売前夜


東京支店営業推進課を経て、平野伸一がマーケティング部に異動したのは1986年8月だった。同時期に、群馬支店からマーケ部にやってきたのが菊地史朗。平野よりも5期上の74年入社の菊地は“伝説の営業マン”だった。 茨城を担当していた時は、土浦にあった“劇場”に朝から入り浸り、最初は立ち売りのオジサンと、次に支配人と仲良しになり、楽屋への出入りが許される。楽屋では踊り子のお姉さんたちのアイドルになってし…

アサヒビールの平野伸一社長

アサヒビール平野伸一社長 潰れそうな会社と言われて


当社の役員面接を受けてほしい」「その日は日本拳法の試合があり、行けません」「試合と人生を左右する就職と、君はどっちが大切なの」「私は早大日本拳法部の主将ですから試合です!」 1978年10月某日の夜、早大4年の平野伸一は、大手企業の人事担当者と、電話でこんなやりとりを交わす。OB訪問を8月に行い、会社訪問解禁日の10月1日にはアサヒビールから内定を得る。だが、1日午後に食品企業や百貨店を回ったと…

アサヒビールの平野伸一社長

アサヒビール平野伸一社長 「スーパーヒーローはいらない」


今年3月にアサヒビールの社長に就いた平野伸一は、1956年1月、戦前、海軍兵学校があった広島県江田島市で生まれている。父親は晋、母親は好江で、3人兄妹の長男だった。晋は建設会社に勤務するサラリーマン。3歳の時、父の転勤に伴い兵庫県姫路市へ。 市立広嶺中学では野球部に入部。ファーストだったが、なかなかレギュラーにはしてもらえなかった。長身だったためバレーボール部(9人制)に引っ張られ、そのままエー…

平野伸一社長

アサヒビール平野伸一社長 批判のストレスで体に異変


(つづく) (経済ジャーナリスト・永井隆)…

アサヒビールの平野伸一社長

アサヒビール平野伸一社長 “指名解雇”された先輩の愚痴


会社はトップで変わります」(つづく) (経済ジャーナリスト・永井隆)…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事