日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

江田憲司特集

参院議員会館で緊急アピール集会

都知事選候補者選考でグズグズ 民進党に市民連合が喝!


民進党内では、海江田万里氏、江田憲司氏、長島昭久氏といった国会議員の名前が浮上。市民側からは、「元鳥取県知事の片山善博氏や元経産官僚の古賀茂明氏」の名前が挙がり、すでに民進党サイドに要望は伝えられているという。前回出馬した宇都宮氏を再び推す人もいる。 「小池百合子さんが出馬表明した自民党は、分裂選挙になる可能性がある。野党がひとつにまとまれば、勝てるチャンスがあります」(前出の関係者) 集会の…

左から時計回りに、平沢勝栄、石原宏高、足立康史の3議員

保育園落ちた騒動 ヤジ認めた平沢勝栄氏と疑惑2議員の釈明


たしかに、僕はヤジの帝王ですが、あの日は、維新の党の江田憲司議員をヤジると決めていた。あの日、ヤジは江田さん一人に絞った。だから、山尾さんの質問中はヤジっていない。安倍総理からは、直接『足立さんのヤジは影響力がある』とほめられましたよ」 「ヤジをほめられた」と胸を張るのもどうかと思うが、本人は否定している。 となると、いったい誰がヤジを飛ばしたのか。こうなったら、声紋鑑定でもなんでもして、犯人を…

“針のむしろ”は続く(21日、記者会見での甘利経済再生相)

甘利大臣を窮地に追い込み…姿を消したタカリ秘書の素性


国士舘大学を卒業後、02年から江田憲司衆院議員(現・維新の党)の事務所で働き始めた。03年に江田が落選すると、05年ごろに甘利事務所に移り、11年に公設第1秘書となり、今や地元事務所の「所長」を名乗っている。 めっぽう酒に強く、どんなに飲んでも乱れないという清島氏。永田町では「カネのにおいをかぎ分ける男」という評判だが、藤沢市内の私鉄沿線にある自宅周辺では「子煩悩なマイホームパパ」の顔を見せてい…

小沢一郎氏(左)と小林節氏

対談:小沢一郎×小林節 こうすれば安倍政権は倒せる!


そして維新の江田憲司さん(前代表)。橋本龍太郎首相の秘書官を務めたのに自民党と一線を画している。この頑固さと頭の良さは別格です。それから、社民党の福島瑞穂さん(前党首)もチームの中に置けば、表現力と訴える力が出ます。このドリームチームをいまの安倍内閣と比べてみて下さいと言うと、みんな納得するんです。 小沢 いまの野党には、政権を取って自分たちの政策を実行するんだ、という強いエネルギーがないんです…

小林節氏

野党は人材不足という判断は間違っている


加えて、維新の党の江田憲司前代表は、自民党内閣の首相秘書官(キャリア官僚)から政界に転じながらも自民党と一線を画してきた、筋金入りの論客である。さらに、社民党の福島瑞穂前党首(弁護士)も、自分(たち)の意見を分かりやすく他者(主権者国民)に伝える高い能力を持っている。 代表たちだけを寸評してもこれだけの人材があふれている野党が「人材不足」と揶揄されてしまうのは、単に一致結束していないからである…

維新と民主は“解党”への動きが表面化

野党再編の動き急加速も…反安倍「新党」結成に2つのネック


「新党」結成の動きが表面化したキッカケは、11日夜、民主党の細野豪志氏(44)と前原誠司氏(53)、さらに維新の党の江田憲司氏(59)が会談し、その場で「新党結成」で合意したことだ。 「会談は、江田さん、細野さん、前原さん、さらに、それぞれの側近議員も加わり、6人で行われたようです。メディアが会合を事前に知っていたのは、デモンストレーションの意味もあって、意図的に漏らしたのでしょう。前原さんと…

橋下最高顧問(左)と松野代表

「安保」採決めぐり二転三転…「維新の党」3つに割れて迷走中


「松野代表、柿沢幹事長、江田憲司といった主流派は、最後まで自民党と対決し、採決も拒否する方針です。ところが、安保特別委の理事として自民党と交渉している下地幹郎さんは、自民党に全面協力する構えです。下地さんは菅官房長官とツーカー。自民党出身の下地さんは、自民党に戻りたいのでしょう。だから、どんどん自民党寄りで話を進めている。さらに、党内を混乱させているのが、馬場国対委員長などの大阪組です。彼らは…

維新の党の江田代表(左)と橋下大阪市長

“大阪ショック”安倍官邸を直撃 それでもやるか改憲国民投票


維新の党の江田憲司氏も代表辞任を表明した。大阪の民意が国政レベルにまで衝撃を与えたわけだが、この顛末に真っ青なのが安倍官邸だろう。この先、悲願の憲法改正に向けた国民投票に打って出られるのか。やれるものなら、やってみろだ。 ■これが民主主義、住民投票の重み 都構想が否決されれば「政治家を辞める」と公言してきた橋下市長は、17日の敗戦会見でサバサバと「政治家は僕の人生から終了だ」と宣言。今後の政界復…

反省ゼロ (C)日刊ゲンダイ

やっぱりアウト 嘘重ねる西川前農相には「証人喚問」しかない


民主党は予算委への参考人招致を検討しているが、維新の党の江田憲司代表は「政倫審などの場に出席させることも必要だ」と追及を強めている。身内の石破地方創生担当相からも「政治とカネを審議するために政倫審ができた。与党の立場としても、そういう議論はしてほしい」という声が上がり始めた。 政治評論家の山口朝雄氏はこう言う。 「西川前農相が抱える数々の疑惑とウソを考えれば、大臣を辞めたら幕引きは通用しない。…

上西(左)は当選圏外/(C)日刊ゲンダイ

小選挙区1勝76敗 独り負け「橋下維新」大阪でも全滅危機


前職41人のうち、現時点で優勢なのは神奈川8区の江田憲司・共同代表だけ。2年前に東京15区を制した柿沢未途も、党国会議員団会長で熊本1区の松野頼久も、現時点では劣勢です。小選挙区は最悪1勝76敗と、大惨敗となりそうです」(野党選対関係者) 比例区の予測も前回40議席からガタ落ちで、25~30議席がやっと。東京では1議席しか確保できない可能性もある。維新の激減分が自民の比例票に流れ「過去最多の比例…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事