日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

古畑任特集

廊下でいきなり話しかけられ…/(C)日刊ゲンダイ

「古畑」なければ引退してた…「アリキリ」石井正則の“転機”


恩人は人気ドラマ「古畑任三郎」(フジテレビ系)シリーズに抜擢してくれた脚本家の三谷幸喜さん(52)だった。 出会いは「タモリのsuperボキャブラ天国」(フジテレビ系)にコンビで出ていた98年ごろでした。ネプチューンさん、爆笑問題さん、U―turnさんら、一緒に出てた芸人の中で僕らは、圧倒的に若手で少し浮いてた。芸人を審査するパネリストのひとりとして三谷幸喜さんがゲスト出演された日、収録の合間、…

ジャニーズ事務所には誰が留まるのか

ドラマと映画“SMAP再放送”を仕掛けたフジの計算と真意


平日午後は木村拓哉主演の連続ドラマ「HERO」、草彅剛の「僕と彼女と彼女の生きる道」を一挙放送、土曜には香取慎吾のスペシャルドラマ「一千兆円の身代金」、中居正広の「新ナニワ金融道」、稲垣吾郎の「金田一耕助『八つ墓村』」をラインアップ、他にもSMAP全員が出た「僕が僕であるために」「古畑任三郎 VS SMAP」「世にも奇妙な物語 SMAPの特別編」も放送。 映画は12月10日にゴールデンでフジ製…

調節が難しい!?

「IQ246」織田裕二の“安定しない”しゃべり方に視聴者困惑


視聴者の間で<(名探偵)ポワロを意識した?><(相棒の)杉下右京みたい>、果ては<古畑任三郎か?>などの指摘が相次ぎ、織田のコミカルな演技も見どころの一つとなっている。 「もっとも、織田も不慣れな演技に疲れたのか、あるいは“やりすぎ感”を気にしてか、回を重ねるにつれて、しゃべり方がいつものシリアスな“織田節”に戻ってしまうことがしばしば。ツイッターなどにも視聴者から、演技がマイルドになった、無難…

宝生舞さん(左)、右上から砂塚秀夫さん、小林ひとみさん、原悦子さん

宝生舞さんは見つかったが…“不明”な芸能人はこんなにいる


それはともかく、有名どころでは、映画「八月の濡れた砂」で一世を風靡したテレサ野田、「西部警察」や「大江戸捜査網」などに出ていた竹井みどり、「古畑任三郎」や「相棒」などで見かけた川合千春なども“不明者”になっている。意外なところでは現役モデルとして活躍中のLIZAなんて名前もあった。彼女はつい最近、所属事務所が変わったばかりだから、それで“不明”となったのか。 さらに子細に見ていくと、人気AV嬢…

本気度が伝わるベテラン安藤優子

「ミヤネ屋」に完敗も…フジ昼番組「グッディ」滑り出しの評価


鳴り物入りでスタートしただけに、1年後、「古畑任三郎」の再放送に戻ってなければいいが。…

あえて変なしゃべり方に?/(C)日刊ゲンダイ

元日放送なら20%超え? チャンス逃した「オリエント急行」


その一方で、これが好評なら、「古畑任三郎」の新作を拒む(!?)田村正和にしびれを切らしたフジ&三谷が萬斎の名探偵勝呂で新シリーズをやろうと企てていて、そのためあえて変なしゃべり方をし、キャラを立たせる算段かもしれない。 そんな思惑はともかく、娯楽ドラマとしてなかなか楽しめた。平均視聴率も第1夜16.1%、第2夜15.9%とまずまず。視聴率が取れないといわれている昨今、合格点である。 キャストの中…

3人兄弟の長男/(C)日刊ゲンダイ

金より飯…下積みよりビンボーだったアリキリ石井の幼少期


99年からは「古畑任三郎」(同)シリーズに西園寺刑事の役で出演。その後、俳優としても活躍。…

主演を食った/(C)日刊ゲンダイ

「福家警部補」好発進も…原作ファン推しは主演・檀れいより永作博美


『途中で脱落した』『古畑任三郎の真似』『檀の演技が一本調子』『個性が感じられない』なんて声もチラホラ。初回は話題性で見てもらえても、問題は2回目以降でしょう」(制作スタッフ) そんな檀とは対照的に評価を高めているのが、永作博美(43)だ。実は永作、過去に福家警部補を演じたことがある。09年1月にNHKで放送された「福家警部補の挨拶~オッカムの剃刀~」がそれ。そもそも福家警部補は原作では「身長15…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事