日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

本多忠勝特集

「女城主」池波正太郎ほか著 細谷正充編


2年後、家康の重臣・本多忠勝の娘・月姫が真田家に輿入れする。定期的に月姫と孫を里帰りさせるが、昌幸は彼女らがいつか徳川側の人質にされてしまうのではないかと危惧する。慶長5年、石田三成が家康打倒の軍を起こす。家康に背き、豊臣方につく決心をした昌幸は、ひと目、嫁と孫に会うため沼田城に立ち寄る。だが、月姫は城内に昌幸が立ち入ることを認めない。(井上靖著「本多忠勝の女」) ほかに、来年の大河ドラマの主役…

「超現代語訳 戦国時代」房野史典著


豊臣秀吉が徳川家康を自分の配下におこうとしていた頃、真田家の長男、信幸は徳川の家臣、本多忠勝の娘を、次男の信繁は豊臣の家臣、大谷吉継の娘を妻とした。関ケ原の戦いのとき、父・昌幸と信繁は豊臣に、信幸は徳川方について戦った。信幸は秀忠の使者として降参するよう説得すると、昌幸は家臣を説得する時間がほしいと言う。ところが、何日も待たせた揚げ句、昌幸がよこした手紙にはこう書かれていた。 「おかげで戦う準備…

真田昌幸役の草刈正雄が紅白を占拠?

SMAP不出場に備え…NHK紅白が密かにかける“3つの保険”


真田昌幸役の草刈正雄や本多正信役の近藤正臣、大谷吉継役の片岡愛之助、石田三成役の山本耕史、本多忠勝役の藤岡弘、らを総動員させる案で、脚本の三谷幸喜がノリノリで台本を書いているとか。本番では、赤い鎧に身を包んだ武者ら500人余りがNHKホールを占拠する計画もある。 2つ目は、今月に「YouTube」を中心に大ヒットしたピコ太郎をシークレットゲストとして出演させること。 「全米ビルボードで77位に入…

ブログの更新も途切れたまま・・・

ブログも放置…吉田羊“20歳下ジャニ”と7連泊愛のその後


NHK大河ドラマ「真田丸」にも徳川家重臣・本多忠勝の娘役で登場し、ノリに乗っている旬の女優といえば、吉田羊(年齢非公表)。もっとも、世間の関心を集めたのは仕事より私生活だ。 「週刊ポスト」(4月22日号)にジャニーズ事務所所属のアイドルグループ「Hey!Say!JUMP」メンバー、中島裕翔(22)との7連泊愛とデートする様子が写真付きで報じられてからというもの、年下キラーの異名をほしいままにして…

吉田羊

吉田羊演じる“鬼嫁” 敵になった義理の父弟に「狼藉者!」


真田昌幸(草刈正雄)の嫡男・信幸(大泉洋)は、徳川家重臣・本多忠勝(藤岡弘、)の娘で家康の養女となった小松殿(吉田羊)を正室に迎える。もちろん、これは政略結婚。信幸は徳川方にガッチリ取り込まれたのだ。 慶長5(1600)年、関ケ原の戦い直前まで真田昌幸、信幸、信繁(堺雅人)父子は徳川方にいた。ところが下野犬伏宿(現在の栃木県佐野市)で石田三成からの密書を受け取り、父と信繁は豊臣方に、信幸は徳川方…

藤岡弘

藤岡弘、 命懸けの決意込め芸名に「、」付けた俳優原点


大河ドラマ「真田丸」では本多忠勝役を好演している。武道家でもあるそんな藤岡さんの俳優人生を支えるのは、米映画「SFソードキル」主演の体験だった――。 「仮面ライダー」に出演できたのは、私の人生にとって大きな出来事でした。それと、84年に米映画「SFソードキル」(公開は86年)で主演したことは、俳優としての私に大きな変化を与えました。今も支えになっています。 世界に目を開き、英語を学んだり、海外で…

家康役の内野聖陽に責任はないが…

「真田丸」視聴率ブレーキ 史実と異なる“家康”に問題あり?


軍略についても本多正信(近藤正臣)と本多忠勝(藤岡弘、)という2人の重臣にまかせっきりで、家康自身はまるで「ボク、何にも知らないも~ん」のような態度。 ホントにそうだったのか。作家の加来耕三氏が言う。 「大河ドラマでは家康が再三爪を噛むシーンが出てきますが、あれは史実通りです。ただし実物の家康は“鳴くまで待とう”というより“殺してしまえ”というタイプで、2人の本多の意見に従っているように見える…

「変わり兜 ―戦国のCOOL DESIGN」橋本麻里著


冒頭に登場する徳川家康の三河以来の忠臣、本多忠勝所用の「鉄黒漆塗十二間筋鉢兜(鹿角脇立付)黒糸威胴丸具足」は強烈なインパクトを放つ。兜から生えたかのように隆々とした2本の角がうねりながら頭上に伸びているのだ。 その他、後ろに下がらないことから「勝虫」との異名を持つトンボを前立に、邪気をはらうとされた「馬藺(ばりん)(ねじあやめ)」の剣状の葉を後立に放射状に配した「鉄錆地帽子形兜」などの昆虫をは…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事