日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

長嶋茂雄特集

いまだ確執は消えず…(左から三奈さん、長嶋茂雄氏、一茂氏)/(C)日刊ゲンダイ

一茂氏は一度も出ず…長嶋家の“闇”が正月特番で浮き彫りに


東京ドームの一室で再現された松井秀喜とのマンツーマンの素振りも、本邦初公開とうたうだけあって貴重ではあったよね」 1月3日にTBS系列で放送された「独占! 長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語~」を見た古手の巨人OBの感想である。番組は、テレビ初共演だという長嶋氏(78)と次女の三奈さん(46)が、スタジオでVTRを見ながら仲むつまじく掛け合う姿を軸に構成されていたが、「見終わったときには、拭いき…

「蜃気楼『長嶋茂雄』という聖域」織田淳太郎著


取材記者として、長嶋を追い続けてきた著者が、「長嶋茂雄という聖域」に踏み込んで、その全体像をつかもうと試みた異色の人物論。 ある巨人軍OBは、長嶋のことを「底知れぬ空」にたとえたという。天才的なスーパースター像は、国民的人気を背景にメディアがつくり出す虚構によって、蜃気楼のように無限に膨らんだ。称賛あるのみで、スキャンダルはタブー。メディアは長嶋の何を伝えてこなかったのか。著者はあえてそれを探ろ…

「ホームランバー」の当たりの焼き印(右)

くじ付きアイス「ホームランバー」は長嶋茂雄の活躍が生んだ


「そんなとき、営業課長だった森三郎さんが、立教大学で長嶋茂雄さんが大活躍していて野球人気が高まっていたこと、野球のホームランにはラッキーなイメージがあることに着目。アイスクリームバーのスティックに、当たりくじを示す“ホームラン”という焼き印を入れたら、きっと楽しい商品になると考えたんですね。そこで名称を『ホームランバー』に変更し、銀紙の包装紙には和田誠さん(イラストレーター)にホームラン坊やを…

長嶋茂雄氏

長嶋茂雄に「落語家みたいな名前ですね」と言われ…


千葉県市原市の生まれなので、当然のごとく千葉の英雄、長嶋茂雄の大ファンになった。引退した時は大泣きしたし、監督を辞任させられた時は怒りに震えた。いまだに長嶋派の人物でないと巨人を応援できない。川上派の藤田、原ラインの監督は長嶋シンパにとって敵なのだ。だから、長嶋派の松井と高橋由伸は大好きで、今シーズンは巨人を応援している。 県立市原高校時代は野球部のマネジャーだった。落語家になってからも、なんと…

野茂英雄をスマホで撮影

長嶋茂雄氏に頭下げ…1月11日の清原容疑者を名球会OB語る


週刊誌の薬物使用疑惑の報道から2年くらい経ち、いろいろと苦労や我慢もあったのか、人間が丸くなったな、と思っていたのですが……」 イベントでは巨人の長嶋茂雄終身名誉監督に「頑張りなさい」と言われると、差し出された左手を両手で押し頂き、深々と頭を下げた。 かつてのライバルであった野茂英雄がマウンドに上がったときなどは、スマホで撮影。それはさながら、野球少年そのものだったという。 これが最後のユニホー…

「右手はポケットに」はもうおなじみの長嶋茂雄氏/(C)日刊ゲンダイ

長嶋茂雄氏の正月特番が先駆け 「リハビリ特番」が人気の兆し


正月特番は長尺バラエティーばかりでウンザリだったが、その中で3日の「独占!長嶋茂雄の真実~父と娘の40年物語」(TBS系)だけは、うなずきながら見た人が多かったのではないか。 6日付の日刊ゲンダイが指摘したように、一茂氏が現れないのはものすごーく不自然で、違和感を持ったに違いないが、この時期の長嶋さんのリハビリにスポットを当てたところは見応えあった。 番組は、阿川佐和子の進行でスタジオトーク。プ…

「カープ一筋」28年/(C)日刊ゲンダイ

広島緒方新監督誕生 長嶋茂雄氏も振った28年の「カープ愛」


99年、自己最多の36本塁打を放ってFA権を取得すると、当時の巨人・長嶋茂雄監督から「現在のプロ野球で最高の野手」と熱烈なラブコールを受けた。が、緒方氏はこれをソデにして広島に残留。この時から「幹部候補生」として、今回の監督就任を約束されたも同然だった。 ■グラドル中條かな子との結婚時にも「名セリフ」を 地元放送関係者がこう言う。 「FAの際の身の振り方が象徴するように、生真面目で責任感が強く、…

海を渡るのはいつ?

長嶋ロスから四十数年 日本列島を襲う大谷ロス


長嶋茂雄が現役を引退した日、学生だったオレはテレビの前に正座し、涙を流した。ああ長嶋がいなくなる。ふと壁のカレンダーを見上げりゃ、1974年。イクナヨ。行くなよ長嶋。 以来「長嶋ロス」から立ち直れなかった。プロ野球そのものに興味がうせたのだ。長嶋の後釜に日本ハムから張本が来た。四角い顔はどこか面ざしが似ていたが、長嶋のハリボテ。ずっと「張りぼて勲」と呼んだ。 いなくなったからといってこっちが腑抜…

円陣を組む巨人ナイン

プロ野球の「隠語・業界用語」を作家・山田隆道が解説


かつては自宅住所も公開されていたため、長嶋茂雄や金田正一などスター選手の空き巣被害が続出した。 【G戦士】 ギャンブル戦士。 【紳士たれ】 紳士ではないとうすうす自覚しているからこそ、口から出てしまう言葉。 【長嶋茂雄の太鼓判】 巨人軍が強引な決定を押し通したあとで、たびたび乱用する免罪符。 【ファンのために】 経営陣を黙らせるべく、選手会が涙ながらの切り札として持ち出す印籠。2004年のストラ…

原辰徳は何の講義をしたのやら…

名誉職だらけの尻軽野郎の名刺は破り捨ててやる


長嶋茂雄ほどになれば、まさに名誉ある式典に引っ張りだこだし、お出ましになるだけで「お~~ナガシマさんだぁ!」と拍手喝采。本人もそれへ出席することを誉れと思っているからきな臭さがない。 実は長嶋茂雄のほかにも名誉監督は居た。野村克也は「楽天名誉監督」だったが「終身」ではなかった。年俸1億円で3年契約。12年に無事契約満了した。年契約名誉職というのも笑える。要は「きな臭いことも3年ぐらいは言わないで…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事