日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

中田賢一特集

プロ野球選手には珍しい進学校出身の中田賢一/(C)日刊ゲンダイ

遠距離8年…ソフトB中田賢一&角野アナは異例の“堅実婚”


「彼は基本的に何でも一人でできる人ですが、そばにいることで力になれれば」 そうマスコミにコメントしたのは、ソフトバンクの中田賢一(32)と結婚した朝日放送の角野友紀アナ(28)。23日に放送された自身のレギュラー深夜番組「雨上がりの『やまとナゼ?しこ』」でも自ら報告した。プロポーズは今年5月。シーズン後の今月5日に福岡市内で婚姻届を提出し、来年3月に朝日放送を寿退社する。 角野アナは86年、名古…

巨人、阪神も興味を示す中日・山井/(C)日刊ゲンダイ

監督代わり本腰 FA戦線に殴り込むヤクルトの“注目投手”


昨年獲得に乗り出した中田賢一はソフトバンクにさらわれたが、今年はさらなる資金の上積みもあるかもしれない。争奪戦が予想されるオリックスの金子千尋(30)もマークを続けている。 人件費はバレンティン、ミレッジに今年は計4億円程度の大金を投じているものの、日本人選手に限れば、12年度から約2億円の圧縮に成功。不調のナーブソン、カーペンターの2人の助っ人の契約延長は微妙で、解雇となれば2人の年俸を合わせ…

調整は順調/(C)日刊ゲンダイ

ソフトバンク入り中田賢一が吐露 「やっぱり先発がやりたい…」


まずは競争に勝って先発ローテに入らないと、話になりませんからね」…

佐藤コーチとフォーム固めに取り組む松坂/(C)日刊ゲンダイ

松坂の投球フォーム 悪癖が抜けずに悪循環に陥ってる


最初の休日にチームメートの内川聖一や中田賢一らとゴルフに行ったという。オフに松坂と一緒にラウンドをする機会があるが、ゴルフは松坂の独壇場。ドライバーの飛距離は常時320、330ヤード。時には350ヤード近く飛ばす。100ヤードも置いていかれるので、松坂とは勝負にならない。 人懐っこいから、新天地にはすぐに馴染めるだろう。高校時代も「オレが松坂だ」と偉ぶることもなく、レギュラーより補欠の選手と仲…

適正価格?/(C)AP

松坂大輔に4年16億円!? ソフトバンクの適正価格に待った!


年俸変動性の複数年契約を導入し、内川聖一、五十嵐亮太ら優秀な選手をかき集め、昨オフは中田賢一、李大浩らの争奪戦で他球団を寄せつけなかった。 これまでは、巨人と阪神がトップを走っていた。この2球団による争奪戦になっても、巨人も阪神もお互い、「条件はこれくらいだろうな」と金額に想像がついたと思う。 ソフトバンクの場合は頭何個分も飛び抜けている。オーナーである孫正義氏は世界的な大金持ちで、個人資産は2…

昨オフは8億円カットした落合GM/(C)日刊ゲンダイ

即戦力の補強資金捻出で…中日は今オフも“大寒波”襲来確実


昨年の中田賢一と同様、FA宣言後の残留を認めれば、巨人、阪神など複数球団が獲得に名乗りを上げるとみられている。 「年俸7000万円の中田は昨オフ、4球団の争奪戦の末に4年最大6億円でソフトバンク入りした。山井は36歳という年齢的なハンディを考慮しても、2年総額4億円、球団によっては3年総額5億~6億円程度にまで膨らむだろう。中日も誠意を見せないといけない。その分、他の選手にしわ寄せがいくのは避け…

7年ぶりの復帰なるか/(C)日刊ゲンダイ

次期監督候補に古田敦也氏 ソフトBとDeNAで“争奪戦”


今年は李大浩や中田賢一など他球団の主力を大型補強し、リーグ優勝は孫オーナーの“至上命令”です。だからリーグ優勝を達成しても、日本一にならなければ退団は決定的とみられている。今季で6年目の長期政権になった本人も、勝っても負けてもそろそろ潮時という気持ちでいる。ソフトバンクにはめぼしい後任監督がいない。ホークスOBでいえば、王会長が評価する城島がいるが、趣味の釣りなどに没頭していて、肝心の本人にその…

振り回されて…/(C)日刊ゲンダイ

編成下手また露呈 阪神・伊藤和雄の遅すぎた「支配下登録」


結局、獲得を目指した中田賢一も鶴岡慎也も、ソフトバンクに取られている。編成の失敗だと言われても仕方がない」(阪神OB) 編成に関わった面々は伊藤に「参りました!」と頭を下げる日が来るか。…

笑顔で来日/(C)日刊ゲンダイ

評論家、OBも太鼓判! バレンティン「今季は70発」の根拠


代表的なのがスタンリッジ(阪神→ソフトバンク)と中田賢一(中日→ソフトバンク)です。スタンリッジには3打数無安打、中田とは7打数1安打で打率.143、1本塁打。打てなかった投手との対戦が減るのはプラスです。一方、打率.417、4本塁打(対戦投手の中で最多)とカモにしていた大竹寛が広島から巨人に移籍。狭い東京ドームでの対戦が増え、さらに本塁打数が増えるかもしれません」 グラウンド外での醜聞はある程…

いきなり全開/(C)日刊ゲンダイ

ソフトB中田賢のハイペース調整に古巣・中日が放った皮肉


14日、中日からソフトバンクへFA移籍した中田賢一(31)がグアムで行っている自主トレを公開。いきなりブルペンに入って22球を投げた後、今季の目標に「200イニング投球」を掲げてみせた。 生まれ育った地元福岡のソフトバンクから三顧の礼をもって迎えられ、エースの摂津と並ぶ先発の柱として期待される。14勝を挙げた07年を最後に2ケタ勝利から遠ざかり、昨年は4勝6敗。9年在籍した中日を離れる決意をした…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事