日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤本麻子特集

藤本麻子

藤本麻子(24歳・ツアー1勝)


勝みなみには賞金より大事なものが…

なぜプロ宣言せず? アマ勝みなみ驚きの“仮想獲得賞金”


現在賞金ランク49位の藤田光里、52位の藤本麻子は5アンダーの5位タイと好スタートを切ったが、同ランク51位香妻琴乃、53位の一ノ瀬優希は1オーバー66位タイと出遅れた。「当落線上」の連中がしのぎを削る中、賞金とは無縁なのがアマチュアの勝みなみ(18)だ。 勝は14年4月、高校1年(15歳)でバンテリン女子に優勝。その時の賞金は1800万円だった。勝ってもアマチュアだから、もちろん賞金はもらえな…

7年連続シードキープの森田理香子もピンチ

女子シード争い決着間近 初シードに20代前半続々の理由


ランク48位の金田久美子は2013万円で当確とみられており、当落線上には49位藤田光里(1988万円)から、50位茂木宏美(1969万円)、51位香妻琴乃(1953万円)、52位藤本麻子(1887万円)まで約100万円差に4人がひしめき合っている。 またシード落ちの危機には、53位一ノ瀬優希(1767万円)、56位O・サタヤ(1543万円)、63位前田陽子(1395万円)、68位森田理香子(1…

韓国人女子プロは日本ツアーで勝ちまくる

実は空前のブーム 韓国女子ゴルフ界の恐るべき“世界戦略”


日本ではほとんど報道されなかったが、韓国で先週開催された女子大会「ハンファ・ファイナンスクラシック」(忠清南道=ゴールデンベイゴルフ&リゾート)に、藤本麻子(26)と大江香織(26)の2選手が推薦枠で出場した。 日本ツアーに韓国人プロが大挙して押し寄せているのは、今では当然のことだが、韓国ツアーに日本人選手が出場するのは珍しい。主催者のハンファがこう説明する。 「日本ツアーでは韓国人選手が大活躍…

やっとツアー2勝目の鈴木愛

ひさびさ日本人三つ巴も 鈴木愛が図らず吐露した技術不足


鈴木は17番までに通算10アンダーとして、先にホールアウトした藤本麻子(25)、上原美希(27)に1打リードして最終18番(373ヤード)を迎えた。 ピン位置はグリーン左奥で、手前に深いバンカー、左サイドには池。さらにグリーン左奥斜面はラフが短く刈り込まれて、少しでもオーバーすると池に転がり落ちてしまう危険があった。 狙い目は上り傾斜のピン手前だが、落としどころは狭く、ピン上は下り傾斜になって…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事