日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岡八朗特集

オール阪神・巨人

岡八朗師匠に弟子入り 「絶対続けへん」と言われたけど…


巨人 それで岡八朗師匠のとこに弟子入りすることになるんですが、これも本当にたまたまというか偶然で、実は最初は別の師匠のところに行くつもりでした。阪神君とコンビを組んで漫才をやることは決めていたので、なら漫才師の弟子に入った方がええんちゃうかということで、最初は島田洋之介・今喜多代の島田師匠のトコに行きたかったんです。ところが、当時の島田師匠には一の介さん、今いくよ・くるよさんがいて、紳助や洋七…

オール阪神・巨人

岡八朗師匠の車で事故を起こした時は大騒ぎになって…


巨人 僕たちが弟子入りした岡八朗師匠は、周囲からは厳しい、怖いといわれてましたけど、ホンマ優しい師匠だったんですよ。お金にもきれいで、よう座員を連れて飲み食いするときも景気よく出してました。 阪神 弟子時代はお金もないし、いつもお腹をすかしてましたが、そんなとき、師匠は楽屋の出前をいつもより多めに頼んで僕らに「食っとけ」と残してくれるんです。もっとも、僕らも僕らで変な知恵がついて、出前の注文で師…

オール阪神さん

「アホか」と一喝されて…オール阪神が振り返る吉本入り


吉本に入ることが正式に決まり、74年7月、相方は岡八朗師匠に弟子入りした。高校3年だった僕は8月から「ヤングおー!おー!」にチョイ役で出演。翌年2月から、卒業を待たずに入れ替わりで、八朗師匠のカバン持ちになりました。 正式な「ヤングおー!おー!」出演はその年の4月。番組の公募でコンビ名も決めてもらったんです。もし、別の芸能プロとの契約を優先させてたら間違いなく人生変わってたでしょう。 ホンマ、超…

上岡龍太郎は紳士的な飲み方だった

漫才コンビは「酒飲む派」「ご飯とギャンブル派」に分かれた


ところが、ご存じのとおり弟子に入った岡八朗師匠はお酒が大好き。弟子の僕にも「飲めませんやて!? 飲めへんのやったら弟子やめてまえ!」っていう人で。「とにかく人から飲みに誘われたら絶対に行け。損することもあるやろうけど、勉強することも多いからな」とも言われてたんで、そのとおり、誘われたら必ずついて行くようになりました。その頃は家に帰るとほぼ吐いてましたけど、今では普通にお酒が好きになりました。 阪…

オール阪神・巨人

「一生漫才 頼むぞ」と書いた夢路いとし・喜味こいし師匠


よく覚えているのは、岡八朗師匠がレツゴー三匹師匠やチャンバラトリオ師匠と回った九州巡業に同行させてもらったときのことです。 当時はまだ舗装されてない道も多くて、宿に着いたら汚れた師匠の靴を磨くんですけど、一人だけピカピカだと逆に目立ってしまうから、ほかの師匠方の靴も一緒に磨いてたんです。そしたら、チャンバラトリオの南方師匠が「君はようやるねえ、人の靴まで磨くんか」なんてほめてくれました。まあ、小…

オール阪神・巨人

桂三枝師匠が名付けたのが「マネマネゴンスケ・マンスケ」


巨人 そういえば、岡八朗師匠の反応もおもしろかったよな。番組に出させてもらってたといっても、仕事はそれだけですから、普段は師匠について回ってたんです。その師匠にしてみれば、僕たちはこの世界に入ったばっかりのド新人。ところが、なんば花月の楽屋とかで師匠から「おう、たばこ買うてきてや」なんて言われて阪神君がお使いに行くと、外に出る楽屋口には、今でいう出待ちの若いファンの子がぎょうさんおって、もう阪…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事