日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

浅尾慶一郎特集

足元グラグラ/(C)日刊ゲンダイ

飛び火恐れ…党内で飛び交うみんな渡辺代表「追放クーデター」


幹事長の浅尾慶一郎議員(50)も30日、NHKの番組で「政倫審も含めて検討したい」と、渡辺代表は政倫審で説明するべきだと突き放している。ジワジワと辞任論が広がっているのだ。 渡辺喜美追放の「クーデター説」まで飛び交いはじめている。 「みんなの党の議員は、どこまで疑惑が広がるか戦々恐々としています。渡辺代表が8億円のカネを選挙や政治活動に使ったのは明らかです。当然、所属議員も恩恵を受けているでしょ…

毛呂武史市議のHP(右)と横山美奈市議

女性市議にワイセツ疑い 刑事告訴された逗子市議の釈明


毛呂市議はみんなの党の幹事長だった衆議院議員、浅尾慶一郎の元秘書。横山市議も元みんなの党のメンバーで浅尾議員と近い。市議会では違う会派に所属しているが見知った仲だったという。 横山市議が涙ながらに語る。 「最初はビックリして震え上がりました。何度も何度も口をおしぼりで拭きました。翌日には彼から電話やメールが立て続けにきて、恐くなってしばらく布団の中にくるまっていました。病院に行くと、心的外傷後…

ご満悦の渡辺喜美氏(左)と石崎英幸市議、右はプリティ長嶋

「オレは消えない…」渡辺喜美氏が統一選“勝利”で大ハシャギ


その一方、みんなの党を解党して喜美さんと対立した浅尾慶一郎氏は、地元の神奈川県議選で1人しか当選させられなかった。機嫌がいい要因かもしれません」(前出の元みんなの党関係者) ハシャぐのは勝手だが、8億円の借り入れ問題の説明など、まだやるべきことがあるのではないか。…

鈴木貴子、枝野幸男、浅尾慶一郎各議員/(C)日刊ゲンダイ

落としたら総崩れ 野党壊滅情報流れる「天王山7選挙区」


4区は元みんなの党代表で無所属の浅尾慶一郎氏の選挙区で、浅尾氏は前回、自民・山本朋広氏の2倍の票を取って当選した。 「しかし今回は甘くない。浅尾議員には解党後遺症があるし、一方、山本議員は2カ月ほど前からあちこちにポスターを張り、党員を掘り起こすなど準備を進めてきた。安倍首相も応援に入るので山本議員はかなり躍進しそうなのです」(地元関係者) ■安倍首相も応援演説にしゃかりき 8区は前回同様、維新…

“恥部”が白日の下に…/(C)日刊ゲンダイ

みんな渡辺前代表 致命傷は離党勧告より元秘書の「暴露本」


与党合流派の渡辺は半年ぶりにメディアの前に出てきたと思ったら、「私が党の創業者」と公党を私物化しているような発言をし、現代表の浅尾慶一郎氏について「(彼には代表は)荷が重すぎる」とコキおろした。浅尾代表は離党勧告をチラつかせ、渡辺前代表は「やれるものなら、やってみろ」と居直っている。 「所属国会議員が20人しかいないのに、これ以上、離党が続けばいよいよ党が崩壊する。党が四分五裂して所属議員の数が…

“創業者”哀れ/(C)日刊ゲンダイ

みんなの党再分裂騒動 渡辺喜美前代表と心中するのは甥1人


17日の党役員会で、渡辺氏が主張する与党との協力路線が否決されたことについて述べた発言だが、前日の16日には浅尾慶一郎・現代表について「荷が重すぎた」と語っている。よくもまあ、こんな大そうなことが言えるものだ。 「渡辺前代表は政治活動に復帰しようとするならば、まず会見を開き、DHCの吉田嘉明会長から受け取った8億円の問題について自ら解明することが必要です。5カ月近く雲隠れし、その間、通常国会を…

お酒はほどほどに/(C)日刊ゲンダイ

“全員野球”には程遠い みんなの党・浅尾代表の「泣きどころ」


8億円借り入れ問題で引責辞任したみんなの党の渡辺喜美前代表の後任に、浅尾慶一郎幹事長(50)が無投票で選ばれた。11日の会見では「全員参加」「全員で改革」「全員で決めた」とやたら「全員」をアピールしていた。まあ、「みんな」の党だから当然だろうが、それでみんなの信頼を回復できるかは、はなはだ疑問だ。 そりゃ確かに、浅尾の経歴は申し分ない。 東大法学部卒。興銀から米スタンフォード大でMBAを取得し、…

手を組めるのか/(C)日刊ゲンダイ

「みんな」は新代表、「維新」「結い」会談も 野党再編は障害だらけ


辞任した渡辺喜美前代表の後任には、浅尾慶一郎幹事長が選出される見通しだが、自民スリ寄り路線から転換するのかどうか。 もうひとつは、日本維新の会の石原慎太郎共同代表と、結いの党の江田憲司代表の会談だ。両党は政策協議を進めている。合流までいくかは、初めて顔を合わせる2人の“相性”が重要だが、現状は統一会派も組めるか微妙なところだ。維新の若手議員がこう言う。 「結いとの統一会派は執行役員会で勝手に決め…

「党のカネ」を私物化疑惑も/(C)日刊ゲンダイ

疑惑噴出前から囁かれた みんな渡辺代表の「怪しい金遣い」


問題の8億円借り入れについて同党の浅尾慶一郎幹事長は30日、「誤解を解くことが必要だ。政倫審も含めて対応したい」とNHKの番組で発言し、渡辺代表の衆院政治倫理審査会への出席を前向きに検討する考えを示した。 これは「いい度胸」ではないか。渡辺代表は以前から、党運営をめぐる不透明なカネの動きを指摘されてきた。この際、政倫審で全容を解明すべきだろう。 ■党運営費は「ブラックボックス」 結いの党の江田憲…

江田前幹事長更迭で飽き足らず/(C)日刊ゲンダイ

猜疑心に憑りつかれ…みんなの党渡辺代表の「スパイ大作戦」


7日に浅尾慶一郎幹事長を通じて実施。「新党設立の準備をしているという情報に接した」と説明している。 江田を更迭し、柿沢未途衆院議員を離党させたかと思えば、今度は所属議員の聴取だ。こんなことをやっていれば、人心が離れていくのは当たり前だ。裸の王様になってしまう。 それでも渡辺は“強権政治”をやめようとしない。むしろ、そのための諜報活動を活発化している。幹事長に抜擢した浅尾も例外ではない。 「浅尾が…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事