日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

三宅宏特集

「教えることで自分も成長していきたい」と三宅

重量挙げ三宅宏実 「コーチ兼任」でリオ五輪メダル取りへ


「まだ現役なので、教えることで自分も成長していきたい」 ロンドン五輪女子ウエートリフティング48キロ級銀メダリストの三宅宏実(29=写真中央)がこう言った。 この日(30日)、所属する「いちごホールディングス」から同社のウエートリフティング部の兼任コーチ就任が発表。今後は4月に入社する強化指定選手2人を指導しながら、今年11月の世界選手権(米国・ヒューストン)での表彰台を目指す。 コーチとの二足…

スナッチでは94キロに成功

日本新も5位 重量挙げ安藤美希子“師弟メダル”獲得ならず


昨春入社したいちごグループホールディングスでは、先の48キロ級で銅メダルを獲得したコーチ兼任の三宅宏実(30)の指導を受ける。三宅の助言もあって昨年の全日本選手権ではスナッチ(93キロ)、ジャーク(124キロ)、トータル217キロの日本新を塗り替えた。 高校の先輩でもある三宅は安藤を「素直な性格でのみ込みも早い。素晴らしい才能の持ち主で故障さえなければ、世界で上位に入る実力は持っている」と評価…

バーベルを抱きしめる三宅宏実

満身創痍で連続銅 重量挙げ三宅宏美を支えた「1キロ棒」


6日に行われたリオ五輪女子重量挙げ48キロ級で三宅宏実(30)が、スナッチ81キロ、ジャーク107キロ、トータル188キロで銅メダルを獲得した。 リオ入りしてから持病の腰痛が悪化。腰に痛み止めの注射を打って臨んだ。満身創痍で、とてもメダルなんて状況ではなかったが、ここぞの一本で真価を発揮した。 準備していた。14年末の腰の故障を機に1キロの軽い棒を挙げる練習を取り入れた。考案者の父・義行監督(7…

五輪の報奨金一覧

五輪メダル獲得で報奨金と税金、給料、待遇はどうなる?


例えば、自衛隊員として東京五輪・メキシコ五輪で金メダルを獲得した重量挙げの三宅義信氏(三宅宏実の伯父)は、3等陸尉から最終的には陸将補(少将級)まで出世。警視庁の阿武教子氏(柔道)もアテネ五輪の金で巡査部長から警部補に昇進している。 「自衛官の場合、4階級特進の例もある。俸給で計算すると、年収で40万円ほどのアップになります」(自衛隊関係者) 選手にしてみれば金額より名誉だろうが。…

注目が集まる三宅父娘

三宅義行(重量挙げ女子日本代表監督)


4大会連続出場となるロンドン五輪重量挙げ女子48キロ級銀メダルの三宅宏実(30)には金メダルの期待がかかる。宏実の父で女子代表の三宅義行監督(70=いちごグループHD)に聞く2回目は、ズバリ「金の秘策」についてだ。 ――三宅はクリーン&ジャークで110キロを挙げますが、腰の故障を機に1キロの軽い棒を挙げる練習を取り入れていますね。 「一番はイメージ、次はシャドー。次に重さが入ってくる。でも基本は…

三宅義行監督

三宅義行(重量挙げ女子日本代表監督)


「日本選手第1号となる金メダルへの秘策はありますか?」 4大会連続出場となる重量挙げ女子48キロ級の三宅宏実(30)は、前回のロンドン五輪が銀だけに、今回は金メダルの期待がかかる。自身も68年メキシコ大会銅で宏実の父でもある女子代表の三宅義行監督(70=いちごグループHD)に展望を聞いた。 ――日程は開会式直後の8月6日。三宅は金メダル第1号候補に挙げられています。 「もちろん、みなさんに期待し…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事