日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

河野太郎特集

「脱原発」で続行/(C)日刊ゲンダイ

キーマンは河野太郎…小泉純一郎の「自民乗っ取り」計画


自民党の中にも手を突っ込むと思います」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏) キーパーソンとされるのは、自民党きっての脱原発派、河野太郎衆院議員だ。変人同士で通じ合うものがあるのか、小泉は講演で河野太郎の名前を何度か出していた。河野から贈られたという、エイモリー・B・ロビンスの「新しい火の創造」という脱原発本も、よく引き合いに出している。 16日付の朝日新聞では、昨年秋、小泉から河野に「君には先見の…

6日は佳代子夫人も登壇/(C)日刊ゲンダイ

都知事選最終日 自民党戦々恐々の進次郎“サプライズ演説”


ま、それはなくても、党内では小泉元総理が次期総裁選に河野太郎を担ぐという話が広がって困っている。小泉元総理と河野は変人同士で、よく似ている。河野太郎総裁なら、小泉進次郎幹事長だろう。実は、進次郎と河野太郎はすごく仲がいい。一昨年の衆院選の時に、進次郎が唯一、応援に呼んだのが河野太郎だった。進次郎は同じ1年生議員の中川秀直の息子(俊直)ともウマが合うようで、これも、なんだかキナ臭い。中川秀直は都知…

デタラメを流布して平然の丸川大臣(左)と大臣になった途端に反原発を封印した河野大臣

列島危機に「担当大臣」が丸川珠代や河野太郎という絶望


数の力に驕って軽率な人事をした安倍首相の責任は重大です」(政治シャーナリスト・山田厚俊氏) 河野太郎国家公安委員長が防災担当相を兼務していることを、初めて知った国民も少なくないはずだ。 大臣になった途端、反原発を封印して、安倍にひれ伏した男だから、この災害時にも全く存在感を示せない。 こんな大事な局面に、そろって自民党の人材払底を象徴するような担当大臣では、絶望的な気分になってくる。 川内原発は…

河野太郎行革担当相

看板だけだった「脱原発」 河野太郎行革相の“二枚舌”と“姑息”


脱原発を訴え続けてきたくせに、原発推進の安倍内閣入りした河野太郎行革担当相も、野党が手ぐすね引くターゲットだ。 就任が決まった瞬間、原発再稼働批判をしてきたブログを閉鎖、それも「リニューアルのため」とかうそぶき、その姑息さがまた呆れられているが、実は河野大臣の二枚舌は過去にもあった。今年1月の佐賀県知事選で、河野大臣は原発推進派の元総務官僚、樋渡啓祐氏の応援に入っているのである。脱原発の論客、嘉…

必死の応援演説(左)と気勢を上げる野党陣営

【福島】自民“現役大臣”落選危機で野党にネガキャン攻撃


河野太郎、丸川珠代、林芳正、遠藤利明、馳浩、石破茂、小泉進次郎……。安倍昭恵夫人まで投入し、公示日に駆けつけた安倍首相は7日にも街頭演説する予定だ。 6月28日、二本松市民交流センターは悲愴感に包まれていた。法務大臣・岩城光英の個人演説会。135席が用意されたが、空席が目立ち、8割程度しか埋まっていない。とても現職大臣の演説会とは思えない。 この日の応援弁士は、外務大臣の岸田文雄と、地元選出の…

震災対応より“無意味な”外遊を優先

過去の教訓無視 「災害対策なら自民党」の真っ赤な嘘


熊本地震の対応で、安倍晋三首相や河野太郎防災担当相が「自分たちはよくやっている」と自画自賛している。安倍首相は夕刊フジのインタビューで「政府としてできることは全てやる」と意気込み、河野に至っては現地を視察した5日、「政府としてはスピード感をもって(激甚災害の)指定ができた」と言い切った。初動であれほど激甚災害指定の遅さが問題になっていたのに、「ルールを知らない議員が言っている」と逆に野党批判まで…

松本文明副大臣

松本文明副大臣 災害用テレビ回線で「差し入れ」要求のア然


翌16日の「本震」の後、松本氏はテレビ電話で河野太郎防災相に「食べるものがない。これでは戦えない。近くの先生(国会議員)に差し入れをお願いして欲しい」と要求。熊本県関係の議員4人の事務所からおにぎりが届けられたという。 被災地には今もロクに食料が届かないのに、災害用の専用回線を使って「俺のメシよこせ」なんて言語道断だ。どうりで、現地入りしてから1週間も経たずに酒井庸行・内閣府政務官と交代させられ…

被害者拡大は“人災”なのか

被災者をミスリード 安倍首相「全員屋内退避」に過失の目


地震調査委の平田委員長のアドバイスに耳を貸さず、安倍首相は15日午前、河野太郎防災担当相に対し「現在、屋外で避難している全ての人を15日中に屋内の避難所に入れるよう」指示を出しているのだ。 その上、安倍首相の指示を新聞テレビが報道。NHKの15日のニュースは〈首相 屋外の避難者をきょう中に屋内に〉という見出しだったから、これを見て「屋外はキケンなのか」「屋内に戻らなければ」と判断した被災者も少な…

住民の不安は募るばかり

震災対応は不手際だらけ 口先政権への怒りと失望


2011年の東日本大震災でも、当時の民主党政権が「3.11」の翌12日に「激甚災害指定」を閣議決定したが、安倍政権は「できれば(指定は)ゴールデンウイーク前と思っている」(河野太郎防災担当相)なんて言って、全く危機意識が感じられない。河野なんて18日の衆院TPP特別委で、民進党の緒方林太郎議員に「なぜ指定が遅れているのか」と問われた際、こんなブッ飛び発言をしていた。 「特に遅れていると思ってい…

6代目山口組の司忍組長

6代目側幹部に判決…山口組「全面戦争」3月14日も“危険日”


一連の事件について、河野太郎国家公安委員長は4日の会見で「対立抗争事件と言わざるを得ない」と発言。「抗争」との見方を示した。 緊迫する中、注目されているのが名古屋地裁でまもなく判決が出る裁判だ。名古屋は6代目の司忍組長の出身母体「弘道会」がある街。昨年10月17日、ここである事件が起きた。 ジャーナリストの鹿島一男氏が言う。 「夜11時ごろ、名古屋市千種区にある神戸系組織の事務所を、6代目系の…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事