日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宇津井健特集

故・宇津井健さんと「なつめ」のママ

故・宇津井健さんの遺産をめぐる長男と“1日妻”との争い


俳優・宇津井健(享年82)の死去後、2年が経過した。宇津井は亡くなる当日に、名古屋の高級クラブ「なつめ」のママ(当時80)と入籍した。当初は「真実の愛」などと、美談としてもてはやされたが、このことが原因で、この後妻と長男との間で、宇津井の相続財産を巡って争いが起きている。一部報道によれば、宇津井の相続財産は不動産の他、現預金や有価証券などもあり、その額は10億円を下らないともいわれている。 亡く…

年齢を重ねても優美な所作は変わらない二宮さよ子さん

舞台活動に着付け教室 女優・二宮さよ子さんは多忙の日々


また、80年に流れた宇津井健との共演のサントリー・オールドのテレビCMは優れたストーリー性が評判になった。 「北海道から沖縄、雪深い山奥といろんなところでロケをしましたね。まるで映画のように時間と手間を惜しまず、丁寧に撮ったのが懐かしく、あこがれの大スターだった宇津井健さんとの共演もいい思い出です。今でもウイスキーを飲むならサントリー。浮気はしません、フフフ」 現在は舞台活動に加え、「よみうり…

兄弟は口も利かない仲に…

遺産分割で口利かぬ仲に 兄が相続放棄した「若貴」の場合


◇ ◇ ◇ 第1回の宇津井健さんの記事でも解説した通り、遺言書がない場合、遺産分けは「遺産分割協議」で決定するしかありません。つまり法定相続人である兄の勝さんと、弟の光司さんが話し合い、両者が納得して初めて確定することになります。ところが遺産分けを巡って、兄弟の意見は対立、最終的には勝さんが「相続放棄」することにより決着しました。 「相続放棄」は主に被相続人(=亡くなった人)に多額の借入金があ…

引き締まった肉体は健在

「ザ・ガードマン」藤巻潤が語る 海外での“超過勤務”撮影


宇津井健さんに“藤巻クン、それだけやれば、けっこうもらってるんだろう”と冗談っぽく言われましたけど、超過勤務手当はつきませんでした、ハハハ」 13年前に愛妻をがんで亡くした。 「去年、十三回忌を無事に終え、きっちり気持ちの整理がつき、妻に報告しました。実は今、新しいパートナーがいるんです。20歳ほど年下の元ファッションモデルで、共通の友人を通じて知り合いました。ワタシのディナーショーを仕切ってく…

風邪でもないのに咳と痰

風邪と酷似する【肺気腫】 進行次第では呼吸不全や心不全も


それが、たまたま散髪屋で古い週刊誌をめくっていた時、俳優の宇津井健さんが肺気腫が原因で亡くなったという記事を目にしたのです。肺気腫などという病名はこの時初めて知りましたが、症状がどうも私と似ているなと感じ、自宅近くの総合病院を訪ねたわけです」 担当医に症状を訴え、「胸部画像診断(CT検査)」と「肺機能検査(スパイロメトリー)」を受診した。 通称「スパイロ検査」とは、肺活量計の筒を口にくわえ、息を…

次回作は?/(C)日刊ゲンダイ

連ドラ軒並み不発で…TBSは「渡鬼」四天王に頭が上がらず


今回のスペシャルは、「おかくら」の主人・大吉を演じる宇津井健(享年82)が昨年3月に亡くなったため、大吉が急逝したという設定。父親の遺産1億円の相続をめぐり、5姉妹が一悶着起こすという内容だった。 コラムニストの桧山珠美氏が言う。 「2年ぶりの放送でしたが、変わらず渡鬼ワールド全開。同番組のファン世代が身につまされるであろう遺産相続をテーマにし、遠くの親戚より“近くの渡鬼ファミリー”がテンヤワ…

もう一度、あの声を聞きたい/(C)日刊ゲンダイ

誰がカツオを叱る? 悩ましい「波平」永井一郎さん後任問題


もっとも“突然の訃報”は視聴者のウケが悪く、夫役の藤岡琢也の降板後は宇津井健が後任を務めている。 ちなみに波平さんは、山川商事の経理部課長補佐。転勤で単身赴任も考えにくい仕事だ。 フジテレビは頭が痛い。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事