日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宮里藍特集

ドライバーは好調だったが…

課題のパットが絶不調…宮里藍は後半崩れ初日1オーバー


【全米女子プロ選手権】 「ボールが飛ぶ人にも、飛ばない人にも難しいセッティング」 メジャー会場特有のタフな設定を警戒していた宮里藍(30)。イン発進の初日は11番パー5で3打目をピンそば1.5メートルにつけてバーディー先行。 あとは、「欲を出さずにどうやってパーセーブするか」という事前のプラン通りじっと我慢のプレーが続いた。 1アンダーで折り返して3番パー4で2つ目のバーディーを奪うとリーディン…

31歳でオッサン化はまだ早い

宮里藍(日本14勝、米国9勝・30歳)


でも、そんな宮里藍も来月には31歳かぁ。時って残酷よね。ブームを呼んだ「藍ちゃん」って、口が裂けても言えないわ。 アマ時代からずっとライバルで友達の横峯さくらが結婚したから、焦りがあるのかしら、なんか心にゆとりがないみたい。 イライラ全開オーラが出ていて、若年性更年期症状まで出始めているみたいだから、気を付けてちょうだい。 そんな気持ちがウエアにも表れている。おばさんというよりは、中年のおじさ…

高速グリーンを慎重に読み切る宮里藍

最終日18位も不振脱出に手応え 宮里藍の何が変わったのか


1977年全米女子プロに勝った樋口久子(現LPGA相談役)以来、39年ぶりのメジャー優勝が期待された宮里藍(30)。 今大会は初日67で回って首位タイに躍り出ると、2日目も2つスコアを伸ばしてトップの座をキープ。3日目は71とスコアを1つ伸ばしただけで通算8アンダー5位に後退。それでも首位と2打差は十分に逆転V圏内だ。 最終日は最終組から3組前でプレー。先にスコアを伸ばして後続にプレッシャーをか…

今季メジャー初戦で好スタート

初日首位の宮里藍 “強気パット”が悲願メジャーVへのカギ


【ANAインスピレーション】 宮里藍(30)が悲願のメジャータイトルに向けて好スタートを切った。 前週の起亜クラシックでは3年ぶりの初日首位発進から、3年ぶりにトップ3と復調の兆しを見せたが、その時の好調なゴルフをキープしている。 初日は出だし1番で1メートルを入れてバーディーを奪うと、2番パー5はグリーン上のマウンドを利用して3打目を2メートルに寄せて連続バーディー。 5番では10メートル以上…

奇跡の復活なるか

ひさびさ好成績で逆転も 宮里藍「リオ代表候補」に急浮上


宮里藍(30)が先週の起亜クラシックで3位に入り、13年3月RRドネリーファウンダーズの2位以来、約3年ぶりのトップ5フィニッシュとなった。世界ランクは157位から一気に67位上がって90位、日本人選手29番手から10番手に急浮上した。 リオ五輪の日本人女子代表選手(2枠)は、7月11日時点の世界ランクで決定する。現在、日本人トップは38位の宮里美香(26)で、42位の野村敏京(23)が続いて…

None

高3のアマ宮里藍の優勝に危機感を感じた


当時、高校3年生だった宮里藍さんが、清元登子さん以来30年ぶりのアマチュア優勝です。 その大会に私は出場していませんが、宮里さんの優勝がすごいと思うよりも、自分たちプロゴルファーの力のなさ、これでいいんだろうか、と真っ先に頭に浮かびました。 プロゴルファーとしての立場の怖さ。やはり、一応プロと名前がついたスポーツ選手ですから、アマチュアに負けてしまう自分たちの危機感があったのだと思います。 も…

得意のパットにも衰えが…

有村智恵の米撤退表明に「宮里藍も日本に戻るべき」の声


宮里藍(30)が7月に行われる全米女子オープン(7~10日)の地区予選会に出場したが、プレーオフで敗れ、上位3人に与えられる本大会の出場権を逃した。 宮里にとって、全米女子オープンはアマ時代から優勝を目標に掲げている特別な大会。2014年まで10年連続で出場を果たし、09年、11年には6位に入ったものの、それ以降成績が低迷。昨年に引き続き、2年連続で大会出場は難しくなった。 そもそも米ツアーを主…

ショートパットにミスがなくなった

宮里藍は好調時のパットが戻ってきた


さて初日、2日目と首位に立った宮里藍(30)に期待が集まりましたが、最終日に崩れて4年ぶりの米ツアー10勝目はお預けになりました。とはいえ、1、2メートルのショートパットをミスしなくなった。強かった時のパットに戻ったので、焦らずに試合を組み立てられるようになりました。 決勝2日間は硬くなったグリーンにボールを止められず苦戦しましたが、よく耐えていました。調子は上向いているとみていいでしょう。 …

宮里藍は復活のきっかけを掴んだか

宮里藍「起亜クラシック」最終日爆発で3年ぶりトップ3


【起亜クラシック】 2012年7月のアーカンソー選手権を最後に3季も優勝から遠ざかり、米ツアー10勝目に手が届かない宮里藍(30)。 今季女子メジャー初戦のANAインスピレーション(31日開幕)の前哨戦で、初日は久々に首位に立つ好スタートを切ったが、2日目9位、3日目15位と順位を下げた。だが、通算6アンダー発進の最終日に爆発。7バーディー、1ボギーの66で回り通算12アンダーフィニッシュの3位…

None

宮里藍飛距離を生むハイトップ、ハイフィニッシュ


宮里藍プロの大きなスイングの特徴のひとつに、ハイトップ、ハイフィニッシュというものがあります。 トップの手の位置が高く、それと対称形になるように、フィニッシュでも手の位置が高くなっています。 スイングの基本は左右対称ですから、高い位置からスタートして高い位置に収まるのは当然ですが、この高い位置から腕が落ちてくる落差が、155センチと小柄にもかかわらず、背の高い外国人選手と互角に渡り合える飛距離と…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事