日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

杉村太蔵特集

優勝記念の1枚/本人提供写真

「強いヤツが偉い」高1でテングになった杉村太蔵のテニス部時代


杉村太蔵さんだ。05年の郵政解散総選挙で自民党比例区(南関東ブロック)で初当選。議員とは思えぬ奔放発言を連発し、注目された。秘蔵の一枚には、高校時代の勇姿が写っていた。 ■高1でいきなり道大会優勝 「どうです、堂々としてるでしょう~。高校1年のときですから1995年の6月です。千歳市のテニスコートで開かれた『毎日トーナメント』のシングルスに初出場して、優勝した直後の記念撮影です。後ろの車、古いな…

「MAXテンション上がりました!」by 杉村太蔵


05年の衆院選で当選した杉村太蔵(35)は、国会議員となって、わずか2週間後に謝罪会見を行った。新人議員が単独で会見することは自民党結党以来初めてのこと。彼は法を犯したわけでも、差別的な暴言を吐いたわけでもない。「早く料亭に行ってみたい」「念願のBMWが買える」だのと浮かれた発言を繰り返しただけだ。 杉村本人がそんな失言をしてしまった理由をバカ正直に語った言葉を今週は取り上げたい。 当時は無理も…

杉村太蔵は戦々恐々?/(C)日刊ゲンダイ

“号泣県議”垂れ流し テレビが血眼で「新事実」探すワケ


■第2の杉村太蔵 野々村氏は辞職に追い込まれる可能性が高いとされる。それでテレビのバカ騒ぎも終わればいいのだが…。 「これだけ話題の人物です。テレビ局は放っておきませんよ。政治家出身の“おバカ”といえば杉村太蔵。あの太蔵でもタレントとしてメシが食える甘い世界です。使う側がどうかしているのだと思いますが、野々村氏は第2の太蔵になるかもしれません」(制作会社幹部) ま、それもこれも詐欺や公金横領で…

ワイドナvsサンジャポの行方は…

日曜10時対決 オチャラケの太田より真摯な松ちゃんに軍配


爆笑問題をMCにテリー伊藤、デーブ・スペクター、西川史子、杉村太蔵とおなじみのメンバーに加えて、麻木久仁子&大桃美代子と三角関係騒動中の山路徹や、ペニオクのステマが発覚した小森純など、話題のキワモノをいち早くブッキングしたことでもおなじみ。 2月28日のゲストも狩野英孝の彼女・加藤紗里に矢口真里といった人選。矢口が「加藤さんのファンでブログも毎日見てるんです」と持ち上げれば、他のレギュラー陣が「…

左から宮崎謙介、上西小百合、武藤貴也の各3氏

ゲス不倫やエリカ様も議員になれた「公募制」の呆れた実態


小泉チルドレンの杉村太蔵もそうだったが、こうもロクでもない人材が選ばれるのはなぜなのだろう。 公募は党によって基準が異なる(別表)が、な~んにも考えずに選挙に出る世襲議員と違って、幅広い知識や崇高な理念を持っていると思いたいが、「就活と同じ。適性はなくても面接がうまい人はいる。数回の面接では見抜けない」(県連関係者)というのが現実だ。 それなら、志のあるサラリーマンは、第2の人生に政治家を選択し…

負のエネルギーを有効利用?

「負け組のおかげ」ウーマン村本の止まらぬ炎上煽りツイート


(番組ではタレントの杉村太蔵が逃げ切り、賞金168万円を獲得) 炎上が続く一方で、ファンから激励のツイートも殺到。<村本さんって何されても自分流に返すからすごいです><頭良いとつくづく思いました 炎上商法で右に出る人いませんね>などの声が寄せられている。 番組放送中には、炎上の“先輩”であるドランクドラゴンの鈴木拓(39)から「いろんな人に怒られるし番組にも呼ばれなくなるぞ!」と忠告ツイートを送…

「橋下徹批評が的確すぎる」と話題に

西川のりおが語る「橋下氏は問題提起だけで解決していない」


杉村太蔵(元衆院議員)みたいになったら、晩節を汚しますよ。みんなが「どうしているんだろう」と思うようなもんになれ。上岡龍太郎、島田紳助の後に続け、山口百恵の後に続け、と言いたいですね。 ――橋下さんと安倍首相って似ていると思いますか。 似てませんね。安倍さんには橋下さんほどのオーラとカリスマ性がない。政治家って人気が出るのはオーラがあって、カリスマ性のある人。これ何かといったら「ハッタリ」です。…

“サンジャポ”ではメークも薄め

“浪速のエリカ様”上西小百合議員がちゃっかりイメチェン


この番組には、元小泉チルドレンの杉村太蔵がいる。いつ議員を辞めても、“オンナ太蔵”としてやっていけるかも!? (コラムニスト・桧山珠美)…

上重アナと日本テレビ

上重聡アナ集中砲火 他局スクラムで進行する「日テレ包囲網」


また、TBS「サンジャポ」では先月まで「スッキリ」のレギュラーだったテリー伊藤や杉村太蔵らも異常な金銭感覚を非難した。 「通常、犯罪でもないのに他局の社員であるアナウンサーをワイドショーのネタとして俎上に載せるのは珍しい。背景にあるのは日テレ潰しの思惑でしょう。朝の時間帯は『ZIP!』から『スッキリ!!』への視聴習慣が根付きつつある。他局とすれば脅威だけに、“敵失”に乗じたというわけです。日テレ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事