日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

瀬誠一特集

キャスターで明大教授の蟹瀬誠一さん

蟹瀬誠一さん(キャスター・明大教授)


日本の大学は本読まなくても卒業できるからね、ハハハ」 明大教授でキャスターの蟹瀬誠一氏は、上智大学卒業後、AP通信社、AFP通信社の記者として活躍した。 「ヘタな翻訳は、原書を読むより時間がかかる割に理解が深まらない。だから、必ず原書で読みます。気に入った本なら翻訳版も買います。翻訳者がどう解釈したのか、日本語の解説を読むのが楽しいですね。仕事柄、政治経済、高齢化といった社会現象、国際問題などを…

89年、TIME誌東京特派員時代の蟹瀬さん

蟹瀬誠一さん「準備ができている人にチャンスはくる」


蟹瀬誠一さん

蟹瀬誠一さん 貯金をすべておろし家族ごと留学


蟹瀬誠一さんはAP通信からAFP通信に転職

蟹瀬誠一さん努力しても結果出なければ「ノーワーク」


右がAP通信記者時代の蟹瀬さん

蟹瀬誠一さん転職を競い合う米国の風土


(つづく)…

国際ジャーナリストでテレビキャスターの蟹瀬誠一氏

蟹瀬誠一さん 雇っていただくではなく「働いてやる」


エアウィーヴ会長の高岡本州さん

【エアウィーヴ】 高岡本州会長


こういう時代ですから、なかなか品格ばかり言っていられませんが、会社の品格は保ちたいですね」 ■撮影の際に手に持っていたのは、お世話になっているジャーナリスト、蟹瀬誠一氏の「60歳になった長男のお仕事」。「私も長男として考える時期なので」と笑った…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事