日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

小林薫特集

今じゃ飲み仲間/(C)日刊ゲンダイ

田中哲司を一念発起させた 光石研の“アウトロー演技”


小林薫に憧れ、日芸演劇学科へ ところが、飯田橋のクレープ屋さんでバイトしていたら、近くにある法政大学の学生たちもバイトに来ていて、なんだかものすごく楽しそうなんですよ。「あ、キャンパスライフもいいな」と思って、そこから1年勉強して日本大学芸術学部の演劇学科に入ったんです。 どうして演劇だったかというと、その頃、ちょうどJRAの初めてのCMに小林薫さんが出ていて、カメラに向かって、競馬ってこん…

宮澤氏が撮影したメンバーコースのイーグルポイントGC

宮澤正明さん(写真家)


小林薫さんや加納典明さんらと総勢10人以上で4泊5日の日程でハワイを訪れ、連日コンペです。その日、その日でまず優勝者を決めて、最終日はオアフ島に泊まってプレーオフで総合優勝を決めるのです。1回だけ総合優勝したことがありました」 ゴルフと出合って人の輪とか人との間、付き合いを学んだ。 「ゴルフは有頂天になるとロクなことがない、謙虚にならないといけないスポーツです。そういう意味ではボクの人生にはピッ…

「死刑こそが有効で重い処罰」は思い込み


この中の宮崎勤、小林薫、宅間守、金川真大の死刑はすでに執行されており、驚くべきことに宮崎以外の3人は裁判で自ら極刑を望んだり控訴を取り下げたりしている。著者との面会や文通でも「『死刑』を望んでいる(小林)」「死刑になろうとなるまいと、死ぬまで殺し続けよう(金川)」と語る。また著者は、彼らの多くが家庭や社会から疎外されて育ち、「愛される」という経験を持たぬ人だということに気づく。 著者は煩悶する。…

長友啓典さん

長友啓典さん(アートディレクター)


全部合わせて400万円です」 ある時、伊集院静さん、妻で女優の篠ひろ子さん、俳優の小林薫さんと一緒にラウンドした。皆、同じクラブセットを持っていた。 「キャディーも最初は『ハイ、7番です』って普通にクラブを手渡してくれていたのですが、値段を聞いた途端、ガチガチになってしまいました。それはそうです。4セット積んだら、マンションを運んでいるようなものですから。それでチョロったり、OBとか、ファーとか…

コック姿の佐藤健

TBS「天皇の料理番」好調を支える佐藤健の“独特の可愛げ”


厨房の掃除と食器洗いに追われながらも、コック長(「深夜食堂」の小林薫、好演)やスタッフたちから何とか学びとろうとしている。その必死な姿は見る者の共感を呼ぶ。 全体として安心して見ていられるのは、実績のある作品のリメークだからだ。その一方で、先の読めないドキドキ感は希薄となる。後は、ふとした瞬間に「この主人公、アホなのか」と笑わせる、佐藤の突拍子もない熱演に期待したい。 (上智大学教授・碓井広義=…

 (C)日刊ゲンダイ

【つきじ 雄太】和洋中のうまいもんはここにアリ


キムタクドラマ「HERO」のなんでも「あるよ」のバー、小林薫の「深夜食堂」に負けず劣らず。 「お客さんの“これ食べたい”にできるだけ応えたい。材料さえあれば、メニュー以外の料理も喜んで作ります」 本紙記者は、隠し味の効いたオリジナルのデミグラスソースがたっぷりかかった三元豚のポークソテー(1000円)、1粒から注文OKのカキフライに舌鼓を打ち、常連の旦那に教えてもらった「手こね寿司(赤身)」(2…

小林薫は「大したもん出てない」と辛口だったが…/(C)日刊ゲンダイ

映画「深夜食堂」が完成披露…劇場近くで“飯テロ”同時多発?


13日、映画「深夜食堂」(31日公開)の完成披露イベントが開かれ、主演の小林薫(63)らが登壇した。 深夜にオープンする「めしや」のマスターを演じる小林は「大したもん出てない。料理といえるかどうか……」と辛口に話すも、「ショウガの天ぷら、タコウインナー、カレーもいただきましたけど、そういうものがおいしいんですよね。当たり前に出してくれるありがたさ。普通、撮影現場なら冷めてしまった料理もラップをか…

(C)2014「春を背負って」制作委員会

木村大作監督が映画「春を背負って」に込めた骨太メッセージ


蒼井優のいつも通りの大味な演技はともかく、小林薫、松山ケンイチ、豊川悦司といった男性陣の演技がしっかりしていて、“たばこと同じ。煙になってからその真価が分かる”など、男が共感したりカッコイイなあとうなってしまうような名言が随所にちりばめられている。 本職がカメラマンなので、景色や映像美ばかりにこだわるのかなと思っていたら、さにあらず。そういうメッセージ性もきちんと用意していることに驚きました。木…

数字はまずまず/(C)日刊ゲンダイ

主役級揃え濃厚展開…フジ「月9」のギラギラに漂う“違和感”


ほかにも三浦友和や小林薫、仲里依紗が脇を固め、ゲストは夏菜。それでいて合法非合法なんでもありのカネにまつわるストーリーで、ミナミの帝王の竹内力までいるのです。これが月9なの? という感じでした」 人気の原作があるのだから、ストーリーは練られているのだろう。芸達者もそろっている。ただ、これまでに培ってきた月9のイメージを壊してまでやる作品なのかは疑問なのだ。 「前クールの『失恋ショコラティエ』は一…

フジでは単独初主演/(C)日刊ゲンダイ

「Vシネ帝王」も共演 尾野真千子に賭ける「月9」の命運


ジャニタレでは数字は取れない、路線変更せざるを得なかったというのも、正直ある」(同局関係者) 竹内以外の共演も、椎名桔平、宇梶剛士、小林薫、三浦友和と渋い役者をそろえている。月9のキラキライメージとは、まるで対照的だ。 「亀山(千広)さんが社長に就任して、もう8カ月。『笑っていいとも!』の打ち切りなど“リストラ”は進みましたが、次の一手が見えてこない。局内には失望感が広がっていますが、ここらで一…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事