日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

沢村拓一特集

疑惑の目を向けられる巨人ナイン

野球賭博騒動の波紋拡大 他球団で巨人選手に“接触禁止令”

開催地の台湾で巨人の坂本勇人(27)、沢村拓一(27)らがナイトクラブで若い女性をはべらせドンチャン騒ぎ。揚げ句に泥酔したと思われる坂本が路上で酒をまき散らし、空瓶をその場にポイ捨てする一部始終が台湾のメディアに動画つきで報じられた。 巨人を震源地とする野球賭博問題が発覚した直後だっただけに、最初から台湾メディアは巨人選手をマークしていたといわれる。その“とばっちり…

2日連続でブルペン入りした沢村

阿部が喝! マイペース調整のG沢村に「守護神」剥奪危機

沢村拓一(27)が沖縄2次キャンプ2日目の昨17日、2日連続でブルペンに入った。 1次キャンプ地の宮崎では異例のスロー調整。第1クールは投手陣でただひとりブルペンに入らなかった。連日、遠投は行っていたから、肩、ヒジを痛めていたわけではない。12球団の大トリで7日にブルペン入りした際、高橋監督は「何も心配していない」と笑顔を見せ、尾花投手コーチも「予定通りですね」と涼…

「少数派」の菅野(左)と沢村

大所帯から一変…巨人の自主トレ“少人数化”進んだ裏事情

巨人の沢村拓一(27)が4日、自主トレ先の米ハワイへ出発した。 2年連続で中大の後輩、日本ハムの鍵谷を同行させ、2人で練習を行う。 沢村はかつて、投手陣のリーダー内海らと6、7選手の大所帯でグアムで体をつくっていた。が、2年前に離脱。理由は「それぞれメニューが違うし、暖かくて静かな所でトレーニングしたかったから」という。 野手陣も前主将の阿部が坂本や長野らと大人数で…

菅野は自主トレ先のハワイへ

沢村の二の舞も…巨人菅野に憑りつく「球速」という魔物

思い出すのが、同僚の沢村拓一(27)だ。入団3年目の13年に「打者を制圧する」と公言し、オフから肉体改造に着手。自身に1日6食のノルマを課し、吐きながらバーベルを持ち上げて、ストレートの球速アップを目指した。しかし、その結果は散々。13年は5勝10敗、防御率3.13に終わり、翌14年は春のキャンプから右肩を痛めて復帰が7月までずれ込んだ。 「菅野は沢村ほど極端では…

1億円で更改し、表情が緩む沢村

“生涯抑え”宣言も 厳冬巨人で沢村ホクホク1億円更改の裏側

「1億円ピッタシで更改しました!」 巨人の沢村拓一(27)が1日、都内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4800万円から5200万円アップの年俸1億円でサインした。会見で堂々と年俸を明かした沢村は、今季から抑えに転向。60試合に登板し、7勝3敗36セーブ、防御率1・32の好成績を残した。「そこ(1億円)はもちろん大切な部分かもしれないけど、優勝できなくて悔しい思いの…

「侍J」でも笑みが絶えない沢村

チームはV逸なのに…巨人・沢村は“居場所”確保で一人バラ色

8日に開幕する「プレミア12」の日本代表に選出されている巨人の守護神・沢村拓一(27)にとっては、バラ色のオフになりそうだ。 巨人打線はリーグ最下位の貧打にあえぎ、主力は軒並み成績ダウン。チームはV逸し、監督も交代した。巨人にバラ色の選手なんていないはずだが、この男だけは違うようだ。 抑えに転向した今季は7勝3敗36セーブ、防御率1.32。タイトルこそ41セーブのバ…

None

プロ野球考現学

サインには選手の性格が表れる

名前らしきというのは、「沢村拓一」とはなかなか読めなかったからでもある。 練習で忙しいのは分かる。何枚、何十枚と頼まれることもあるだろう。それを差し置いても沢村にはサインをもらうファンのことをもう少し考えてほしい。字がうまいとか、下手とかではない。バカ丁寧に書けというのでもない。ただ、ファンの気持ち、立場を考えて書けと言いたい。 沢村のサインをもらった人は額に入れて…

None

プロ野球考現学

投手の遠投にはマイナス面もある

巨人の沢村拓一がひと皮むけてきた。ここ4試合で3失点(自責点2)。6月13日のオリックス戦は無四球完封で勝った。 調整法を変えたようだ。私が中大監督をしていた大学時代もそうだったが、沢村はよく遠投をしていた。プロ入りしてからも登板と登板の間に遠投で調整していた。 30年以上も前になるが、私の現役のころは投手の調整法に遠投はなかった。距離を延ばして投げることはあったが…

日ハム中田は東京遠征のたびにキャバクラをハシゴ

ママは見た! 六本木夜の芸能事件簿2

「白鳥カツオ」の“偽名”使い六本木で飲んでいた巨人某選手

六本木でいうと、最近は若手の坂本勇人クンや沢村拓一クンが有名人だけど、やっぱり頻度が高いのはAクンね。私がファンだから本人の名誉のためにイニシャルにしといてあげるけど、Aクンは実は六本木から徒歩圏内に住んでるの。何がビックリって、彼はいつもTシャツ。しかもピッチピチ(笑い)。 夏ならまだしも、春や秋の肌寒い夜でもTシャツだけ。よほどムキムキの上半身を自慢したいのか…

11日の欧州代表戦には出場しなかった沢村

大田と沢村も故障で「原プラン」崩壊 巨人は結局“阿部依存”

侍ジャパンの沢村拓一(26)が昨11日、予定されていた欧州代表戦の登板を回避した。試合前の練習ではキャッチボールを行わなかった。故障とみられるが、「残念。遠投はしなかったけどブルペンでは投げた」とだけ話し、足早に球場を後にした。巨人では今季からリリーフに転向。「代表でもそういう起用を考えている」と期待していた侍ジャパンの小久保監督はガッカリだろう。同時刻、福岡でオー…

帰ってきた“鉄腕”山口

“巨人の鉄腕”山口の復活を喜ぶ新守護神候補・沢村の皮算用

そんな中、指揮官同様に復帰を喜んでいるのが、先発からリリーフに転向した沢村拓一(26)ではないか。山口のデキが自身の今後に大きく関わってくるからだ。 絶対的な存在だった山口がコケれば皆コケる――。昨季は西村もマシソンも調子が上がらず、救援防御率は4.01。原監督はリリーフ陣の整備をテーマに掲げ、沢村を転向させた経緯がある。 「勝利の方程式」は運命共同体。現に13年に…

今シーズンからリリーフに転向 (C)日刊ゲンダイ

セV4の鍵握る巨人沢村 「救援転向」で“がむしゃら”キャンプ

先発からリリーフに転向する沢村拓一(26)だ。 ここ2年、5勝10敗、5勝3敗と先発として結果が出ず。一見、先発失格の烙印を押されたかのように見えるが、どっこい本人はヤル気をみなぎらせている。先発に強いこだわりを見せていた昨年までとは打って変わって、このキャンプでは2日連続のブルペン入りを1クールごとに行うなど意欲満々。本人を直撃しても……。 ――ちょっといいですか…

フジ亀山社長は交際をプッシュ/(C)日刊ゲンダイ

フジ宮沢智アナ&巨人小林の熱愛に日テレが歯噛みするワケ

しかも、他局の女子アナというのは屈辱的です」(日テレ関係者) 巨人と日テレの女子アナのカップルといえば、元木大介と大神いずみ夫妻、林昌範(現横浜)と破局した宮崎宣子(現フリー)、沢村拓一と森麻季が約1年でスピード離婚したという例もあるが、最近はビッグカップル成立はなし。長野久義もテレ朝の下平さやかアナと交際が継続中だし、有望株の小林までさらわれた日テレ側は歯噛みする…

沢村の能力は高いともっぱらだが…/(C)日刊ゲンダイ

今度はクラブ暴行疑惑…巨人・沢村「新ストッパー」への不安

来季からリリーフに回る巨人の沢村拓一(26)に期待する声が大きい。配置転換を決めた原監督は、「ボクの初夢は慎之助の三冠王と沢村のセーブ王」とまで言った。気持ちは分かる。 150キロ超の直球を持ち、三振を取れるフォークもある。先発で5勝3敗に終わった今季も、「調子のいいときは手も足も出ない」と他球団から恐れられた。「調子のいいときは」と条件が付くのは、好不調の波が特…

表情も対照的な菅野と沢村/(C)日刊ゲンダイ

巨人菅野と沢村が「年俸更改」で明暗 “師弟関係”も有名無実に

■沢村は先発へのこだわり捨て切れず 着々と前へ進んでいく菅野とは対照的だったのが沢村拓一(26)だ。 1200万円ダウンの4800万円で更改。4年目の今季、キャンプインわずか3日で右肩を痛めて二軍落ち。一軍復帰は7月にまでずれ込んだ。12試合で5勝3敗、防御率3.72。来季は中継ぎに転向することが決定している。 「半分チームに貢献できなかったし、ケガをしたことを含…

いよいよ決断/(C)日刊ゲンダイ

巨人沢村は「リリーフ転向でひと皮むける」にこれだけの根拠

巨人の沢村拓一(26)が来季からリリーフに転向することが決まった。秋季練習の初日に原監督から通達され、沢村は「やりがいがある。(抑えか中継ぎか)決まっているわけではないので、アピールしたい」と意気込んだ。 教え子に恩師は、「今年の沢村を見ていると、1回り目は完璧に抑えるけど、打順が2、3回り目になる中盤以降に打たれることが多かった。150キロを超える直球の威力はあ…

お騒がせの沢村投手/(C)日刊ゲンダイ

なぜ? 巨人・沢村が“合コン報道”への反論ツイートを削除

巨人・沢村拓一投手(26)が、CS敗退当日夜の“六本木豪遊&合コン”報道に反論したとみられるツイートを、ひっそりと削除していたことが28日、分かった。 沢村投手は、27日発売の「週刊ポスト」(11月7日号)に、「CSファイナル敗退が決まった18日夜、坂本勇人内野手らとともに六本木のクラブで豪遊、合コンをしていた」などと報じられた。 すると、その日のツイッターで、<あ…

グラウンド外では絶好調/(C)日刊ゲンダイ

巨人3連敗の戦犯は沢村?…優勝後クラブで遊び狂っていた

振り返ると、巨人ベンチに不穏なムードが漂い"潮目を変えた"と言われるのが、16日の第2戦、阪神・上本に頭部直撃の死球を投げた沢村拓一(26)の「危険球退場」だった。阪神ファンから飛ぶ「帰れ! 帰れ!」の怒号で、東京ドームは異様な雰囲気に包まれた。 この日の沢村は5回途中を4失点。顔面蒼白でマウンドを降りる姿を見て、気の毒に思った巨人ファンもいるだろう。しかし、「3連…

先発候補の内海(左)と沢村/(C)日刊ゲンダイ

異例の投手練習非公開 囁かれる巨人CS初戦先発「沢村説」

巨人は13日、阪神とのCSファイナルステージ(15日~)に先発予定の内海哲也(32)と沢村拓一(26)がジャイアンツ球場で調整した。 室内練習場で報道陣をシャットアウトし、1時間ほど汗を流した内海は「集中して練習できた」と言い、沢村は「やることは変わらない」と話した。 今年の巨人は「非公開」が多い。これまでは「サインプレー」の確認が主だったが、投手練習そのものを隠す…

今季4勝目/(C)日刊ゲンダイ

無四球勝利にも辛口 桑田真澄氏なぜ巨人沢村を目の敵に?

巨人の沢村拓一(26)がまた勝った。11日の阪神戦。七回に2点を失い、連続無失点記録こそ22イニングで止まったものの、無四球(死球1)で挙げた今季4勝目に原監督は、「非常に安定感があった。緩急も含め、ストライクゾーンを広く使えるようになったよね。非常にいい階段を上っていると思います」と目を細めた。 だが、それとはまったく逆の見方をしていたのが、この日の試合を民放地上…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事