日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

栗田博特集

イスラボニータ

【マイルCS】出走全馬の厩舎情報


栗田博調教師 2コーナーで行儀の悪い馬がいて窮屈になり、ハミを噛んだのが響いたね。スムーズな競馬ができなかったけど、その割に頑張ったと思う。しまいもよく伸びてくれた。 ――中2週でマイルCS参戦を決めました。 栗田博師 使った後も疲れた感じはなく、ケロッとしてた。これなら視野に入れてもいいんじゃないかなって。 ――最終追い切りについては。 栗田博師 毎日王冠→天皇賞→マイルCSと中2週が続いて…

None

【日曜福島11R・七夕賞】出走全馬の厩舎情報


栗田博調教師 直線の長い新潟外回りにもうまく対応できたし、いい競馬だったんじゃないかな。 ――福島は2走前にオープン特別勝ち。実績があります。 栗田博師 左回りがダメじゃないけど、どちらかと言えば、右回りの方がよりスムーズ。最近は二千で安定して走れるようになってきた。そ、あとは極端に馬場が悪くならなければ、だね。…

栗田博調教師

【安田記念】陣営直撃 イスラボニータ


復権をかけて意気軒高の栗田博師を直撃した。 ――前走の大阪杯⑤着を振り返って。 栗田博調教師「ちょっと行儀が良くなかったね。スタートがイマイチだったし、直線も内にササったんで」 ――その後は。 「気分転換で放牧に出した。リフレッシュできればいいなって」 ――中間の追い切りを工夫しているようですね。 「今までは追い掛けた時に相手の馬との間隔が短めだったけど、長く取ってしばらく相手を見るようにしたん…

最終追いでも軽快な動きを披露

【マイルCS】良化が見込めるイスラボニータ◎に迷いなし


現状の力でどれだけ頑張ってくれるか、どういうレース内容なのか興味があるね」 栗田博師は冷静ながら色気たっぷりに話す。 ただ、絶対王者モーリスが不在で混戦模様。距離短縮が“吉”と出そうなネオリアリズムに、大穴でスノードラゴンも押さえたい。 「スプリンターズSは直線で手前を替えなかった分の差だね。ダメージは少なかったし、引き続きいい状態。前半にフワッと乗れたらマイルでも」とはスノーの熊田助手。 馬券…

None

【日曜京都11R・マイルCS】出走全馬の特選情報


⑧イスラボニータ 栗田博調教師 金曜は角馬場で体をほぐしてから坂路を2本。この枠は絶好の枠だね。内の動きも見ながらレースを進められるから。もしかしたら運も向いてきたのかもしれない(笑い)。 ⑨サトノルパン 山本調教助手 外枠でロスが多い競馬は嫌だったので、ここならまずまずでしょう。前走でもあのメンバー相手にやれることを証明できましたからね。状態も変わりなくきているし、いい競馬ができると思います…

None

【日曜京都11R・マイルチャンピオンS】出走全馬の特選情報


⑧イスラボニータ 栗田博調教師 前走はレースに向かう臨戦過程の中で、動きが重くて。不安を残して送り出したけど、頑張ってくれた。ひと安心だね。今は全体的に動きがスムーズになってきたよ。直前はオーバーワークにならないように、満足のいく追い切りができたと思う。あとは現状の力でどれだけやれるか。 ⑨サトノルパン M・デムーロ騎手 今週の追い切りはすごく掛かった。でも、能力はあるね。自分でこれだけ走るっ…

None

【マイルCS】天狗山ナマの声


栗田博師は「もう強くやる必要はない。動きは悪くなかったし、(富士Sを)たたいた上積みはある。いい形でレースを迎えられるよ」ときっぱりだ。…

直前はウッドで1F12秒4をマーク

【土曜東京11R・富士S】皐月賞馬イスラボニータの力を信頼


今回はいつも以上に攻めてるし、やるだけのことはやったつもり」とは栗田博師。この慎重な構えは、脚部不安で7カ月ぶりだった昨年の毎日王冠時に似ている。 それでも、実際は心配をヨソに直線で突き抜けそうな勢い。0秒2差③着と“勝つか”のシーンをつくった。 山元トレセンから9月13日に帰厩し、追い切りは直前も含めて計9本。乗り込み十分で、評価を下げる必要はない。皐月賞馬の実力を素直に信頼する手だ。 相手本…

None

【土曜東京11R・富士S】出走全馬の特選情報


④イスラボニータ 栗田博調教師 当初は毎日王冠を使うつもりだったけど、体調が整わずパスしてここへ。今週はしまいの伸びも良かったし、このひと追いでどこまで変わるか。東京コースは得意な舞台なんで、地力に期待したいね。 ⑤テイエムイナズマ 福島調教師 前走は58キロで苦手の瞬発力勝負。よく頑張っているよ。今回、斤量は軽くなるものの、メンバーはかなり強くなる。楽じゃないだろうが、直線で馬体を併せての追…

None

【富士S】イスラボニータ「動きはまずまず」


若干重いけど、ここまでやるだけやってきましたから」とは栗田博師だ。 京成杯AHからマイル重賞連勝を狙うロードクエストはウッドの3頭併せで半マイル53秒2、1F13秒1。1F標で前と1馬身差があったが、馬なりのままスッと並びかけて併入した。手綱を取った小島茂師も「十分、勝負になる手応えの仕上がりです」。 ダノンプラチナは蛯名を背にウッドで6F82秒9―39秒3。3頭併せで道中は前とかなり離れていた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事