日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

聖陽特集

内野聖陽

「臨場」内野聖陽さんこそ「実際とは、違うなぁ」


最近だと、内野聖陽さんが主演した「臨場」の鑑識活動の場面のリアルさにビックリしました。何がすごいって、主人公の倉石(内野)でもヒロインの小坂(松下由樹)でもありません。主人公たちの背後で鑑識活動をしている「その他大勢」の鑑識係役の無名の俳優さんたちでした。 指紋採取をする時に粉を振るしぐさ、ゲソ痕(足跡)を採取する時の手つきなど、実際の捜査現場にいる新人の鑑識係員よりも本物っぽいほどでした。「ま…

舞台「乳房」で内野聖陽の相手役

ヒロインの友人役を断った 波瑠のオーディション秘話


5月7日からの俳優座劇場での公演「乳房」の内野聖陽さんの相手役として波瑠さんをと考えました。朝ドラ「あさが来た」よりずっと前の話です。「20代だけが持つ透明感と清潔感がバツグン」と、内野さんも賛成してくれて、決めました。 以前、波瑠ちゃんには脚本、演出、プロデューサーを務めるNHK連続ドラマ「書店員ミチルの身の上話」(2013年1~3月放送)に、主人公・戸田恵梨香さんのクールな妹役にオファーしま…

CMディレクター役の内野聖陽

稽古を通じて“同志”になった 俳優・内野聖陽への信頼


酒とギャンブルに明け暮れる無頼派のCMディレクター役は内野聖陽さんに決めました。内野さんは、デビュー作・森田芳光監督「ハル」の青年役から、テレビドラマ「JIN~仁」の坂本龍馬役まで、演技の幅がすごいな、と。95年湯布院映画祭で見た「ハル」はみずみずしく、さらに「JIN~仁」での龍馬は豪放磊落で、内野さんにはもっともっと可能性が潜んでいる、と思いました。 ■俳優と演出家の関係を超えて はじめてお…

「真田丸」初回の放送から

識者はこう見た NHK大河「真田丸」に複数の“仕掛け”


「堺さん以外にも、織田信長が吉田鋼太郎さん、徳川家康が内野聖陽さん、上杉景勝が遠藤憲一さんなど豪華キャスト揃いで、今後の活躍に期待ワクワクです。主役の堺さんは『半沢直樹』というより、『リーガル・ハイ』の古美門研介みたいでちょっとおちゃめなカンジ。堺さんの姉役の木村佳乃さんも会話の途中に『ねぇ?』などと言ってみたりで、重厚な大河ドラマというよりは“ファミリー大河”の様相が強いですが、そこがいかに…

内野聖陽の娘を演じた吉田美佳子

映画「罪の余白」で話題の現役高校生 吉田美佳子インタビュー


今作で主演の内野聖陽の娘を演じたのが吉田美佳子、16歳。都立の高校に通う現役女子高生は、メディアに登場した経験はほぼゼロ。「取材って初めてかもしれません」とはにかんだ。 オーディション自体は今回(「罪の余白」)で2回目でした。合格と聞いた瞬間は友達と「サーティワン」でアイスを食べてて、「やったー!」って叫べなかったんです(笑い)。1カ月間リハーサルがあって、内野(聖陽)さんと一緒にお昼ご飯食べた…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事