日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

浦島太郎特集

CMソングが想定外の大ヒット

紅白内定 桐谷健太の大ブレーク理由は“昭和ノスタルジー”


フリートークでは関西弁で笑わせ、自分は彼氏にしたい、結婚したいイイ男じゃない、と語る潔さがまた若者層の支持を得ています」 “浦ちゃん”は、桐谷の「浦島太郎がめっちゃ愛すべきアホやったら面白いなと」という発想で演技したところあのキャラが確立。「海の声」では三線にも挑戦するという努力家の一面もある。紅白内定当日(17日)は、都内で行われたケンタッキー・フライド・チキンのクリスマスCM発表会に出席。先…

13年夏から監督に再就任

夏は7年ぶり 東北・我妻敏監督が語る「伝統校の重圧」


「(苦笑いを浮かべて)浦島太郎状態でわからないことが多いですけど、7年前はちょっとカッコつけた言い方をすれば、自分がキャプテンのつもりでやりました。若かったこともありますし、監督になって1年という短期間で、それこそ全面的に感情を出しまくって、自分が生徒たちを引っ張っていこうと」 ――当時と比べて心境に変化はありますか? 「まだまだ未熟ですが、生徒たちは何がしたいのか、どう動くかなどを考えながら…

脇でキラリと光る演技には定評がある

松岡茉優「水族館ガール」 光る脇役から“主演”への試金石


しかもスマホのCMで浦島太郎を演じている桐谷健太まで出てくるではないか。NHKもやるもんだ。…

森田健作氏の付き人だった過去も

中国逆輸入俳優 矢野浩二は“第二のディーン”になれるか?


「15年ぶりで浦島太郎状態」と笑う矢野。大手芸能プロ・オスカーのバックアップで“第2のディーン”になれるか。…

全世代が知る物語をベースにしているのも人気の理由

CM好感度1位 「au」三太郎シリーズなぜ受けるのか?


「浦ちゃん(浦島太郎)」を演じた桐谷健太(35)は「砂浜を走ったり、海辺で歌ったり、乙ちゃんや鬼ちゃん(菅田将暉)が出てきてホンマに楽しい。いろんなキャラクターが出てきて、これからどうなっていくのかすごく楽しみ」と振り返り、有村は「もう1年経つんだあ、早いなあという印象があります。まさか、桃ちゃん(松田翔太)の妻になることができるとは思わなかったのでビックリしました」と語った。 英雄シリーズは定…

左から桐谷健太、松田翔太、浜田岳/(C)日刊ゲンダイ

超豪華男優陣揃ったauのCM 注目の「かぐや姫」は誰?


19日、都内で「au発表会2015 Spring」が行われ、同社のCMに出演している松田翔太(29=桃太郎)、桐谷健太(34=浦島太郎)、浜田岳(26=金太郎)が出席した。 撮影は“自由”というコンセプト通り自由演技だったそうで、後半はほとんどアドリブ。CMは桃太郎がかぐや姫と付き合っているという設定で、まだCMには登場していないため、松田は「(かぐや姫に)出てきてほしいですね」とコメント。 か…

復帰なるか?/(C)日刊ゲンダイ

加藤浩次が心情吐露…相方・山本圭一「復帰」のハードルは?


ただ、8年という時間はみそぎとしては十分だが、生き馬の目を抜くテレビ界ではブランクが大きすぎて“浦島太郎”になる可能性が高い。コンビ再開はかなったとしてもバラエティーではネタとしてイジれないし、ある意味、現実的ではありません」 折しも、山本を慕う後輩芸人のロンブー淳が自身のツイッターで「極楽とんぼの山本さん! 早く復帰して欲しい!」とコメント。二手から同時に上がった復帰待望論。再び、山本をテレビ…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事