日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

平野達男特集

二階俊博自民党幹事長

党より派閥優先も…二階俊博幹事長の子分はお騒がせ続き


参院選の結果は、過半数にあと1人足りなかったが、選挙後、民主党政権で復興相を務めた平野達男参院議員が自民党に入党。誘ったのは二階とみられ、平野はすぐ二階派(志帥会)に入会した。 この平野に限らず、二階は他党を離党したり、地元事情で自民党に入れないような議員の面倒見がいい。選挙で自民公認と対立する子飼い候補を応援するのも当たり前。党より派閥優先なのだ。 「二階さんは、無所属ながら派閥に所属していた…

野党幹部がそろい踏み(写真上)

【岩手】県庁前での「4党合同街宣」に2000人の群衆が集結


そこには小沢と袂を分かった平野達男参院議員も応援に駆け付けた。田中とは3年前に参院選で戦ったが、今は反小沢で共闘する。陣営は「小沢支配に幕を!」と気勢を上げるが、出席者のひとりに田中の印象を聞くと、こう話した。 「ラガーマンちゅーわりにはちっこいべな。声さでけーけど、しゃべるごど、はっぱりほでくてなぁ(演説は内容がハッキリしない)」 小沢からボールを奪うのは、容易ではない。 (取材協力・ジャーナ…

達増知事も全面支援の木戸口英司(左)、自民の田中は負けイメージしかない(13年の参院選)

【岩手】“小沢系”の木戸口が圧倒


13年の参院選でも岩手選挙区から出馬したが、無所属の平野達男に敗れた。2度目の挑戦で、自民党内には「19年ラグビー・ワールドカップ開催地のひとつに釜石市が選ばれたことが追い風になる」と24年ぶりの議席獲得を期待する声もあったが、地元では「ワールドカップより復興が先だべ」と関心が低いという。 「自民のTPP推進に反対して、県農協政治連盟が自主投票を決めたことも痛手。他にこれといった組織もついてない…

達増岩手県知事と握手する小沢一郎氏

野党共闘で苦戦必至 安倍自民党「東北地方選で全敗」の悪夢


達増氏の“不戦勝”は、安倍自民党が担ぎ出した平野達男参院議員(元復興相)がダブルスコアをつけられ、敵前逃亡したからだ。その平野氏が尻尾を巻いて逃げ出したのは、安保法案に対する国民の猛烈な反対に加え、小沢一郎氏が旗を振った「野党共闘」が機動的に働いたからである。 しかも、この「野党共闘」はまだまだ続く。19日、小沢氏の呼びかけで民主、維新、共産、社民、生活の5党首が盛岡市に結集し共闘をアピール。今…

7日に岩手県知事選立候補取りやめを表明した平野氏

岩手知事選は敵前逃亡 安倍自民党のメルトダウンが始まった


岩手県知事選(20日告示、9月6日投票)に出馬表明していた平野達男参院議員(61=元復興相)が、7日になって立候補の取りやめを表明した。前代未聞の敵前逃亡である。野党統一候補の現職・達増拓也知事(51)に、ダブルスコアをつけられていたからだが、これでハッキリしたことがある。いよいよ、安倍官邸は死に体だということだ。 民主党政権で復興大臣まで務めたくせに、自民党の支援で県知事選に挑んだ平野氏は今年…

立候補を取りやめた平野達男元復興相

岩手知事選・自公候補が出馬を断念…安保優先で不戦敗選ぶ


岩手県知事選に立候補を表明していた参院議員の平野達男元復興相(61)が日刊ゲンダイ既報通り、立候補を取りやめた。7日午後、岩手県庁での会見で正式表明した。 知事選は自公支援の平野氏と野党統一候補で現職の達増拓也知事(51)による全面対決の構図とみられていたが情勢は平野氏不利。事前調査で達増知事にダブルスコア以上で離されているうえ、20日告示、来月6日投開票の日程は安保法案審議が佳境を迎える時期と…

決起集会も開いたが…(平野達男参議院議員)

岩手知事選“大逆風”で…支援候補に「出馬断念」迫る安倍官邸


自公支援の平野達男参院議員(61・元復興相)が、野党統一候補の現職・達増拓也知事(51)に挑む構図の岩手県知事選(8月20日告示、9月6日投開票)。だが、ここへ来て、安倍官邸の腰が引けてきた。安保法案へのダメージを警戒して、劣勢の平野氏にナント“出馬断念”を働きかけているというのだ。 「情勢調査で平野さんは達増知事にダブルスコア以上離されているうえ、安保法案への逆風が強まるほどに達増知事の支持が…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の競馬記事