日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

宮西尚生特集

オリ金子も再調査の対象だというが…/(C)日刊ゲンダイ

補強はほぼ全滅…阪神はなぜ選手に敬遠されてばかりなのか


FAではさらに、中日の山井大介(36)、日本ハムの宮西尚生(29)の獲得を狙ったものの、ともに残留。大阪と兵庫出身の2人に袖にされた。方向転換したロッテの成瀬善久(29)は、ヤクルト入りが時間の問題。前アスレチックスの中島裕之(32)、日本ハムからFAの大引啓次(30)にも触手を伸ばしているのだが、こちらも苦戦必至といわれる状況だ。 ■タフな選手でなければやっていけない 昨年もFAで中田、鶴岡…

3安打3打点と連日爆発のゴメス/(C)日刊ゲンダイ

阪神CS3連勝も…中日・山井残留で「補強」は全敗の可能性


オリックスのエース金子千尋(30)、関西出身の日本ハムの宮西尚生(29)らも獲得候補に挙がるが、さる代理人筋がこう続ける。 「金子は自らの進退について周囲に語っていないこともあり、あまり動向が見えてこないが、金子家に昨年、第2子が誕生し、家族は実家のある長野にいることが多いと聞く。オリックスの周辺からは、『仮にFA宣言しても、長野に足を運びやすい在京球団を選ぶんじゃないか』という声もある。宮西に…

“お飾り”と批判浴びる中村GM/(C)日刊ゲンダイ

熱烈虎ファンひろさちや氏バッサリ 「GM不要」「若手育成を」


なのに、今オフは懲りずに中島裕之(アスレチックス2A)をはじめ、山井大介(中日)、宮西尚生(日本ハム)の獲得を目指しているというから、ファンはへきえきしている。 ■若手が育たないのは指導者のせい 「阪神のフロントには『戦略』がないんです。病気になって薬を飲むというふうに応急処置だけして、病気をしないための体力強化、体質改善をしていない。だから安易に補強に頼り、若手が育たない」 と、前出のひろさち…

両チームはグラウンド外でも火花/(C)日刊ゲンダイ

有力FA選手補強巡り…巨人vs阪神“争奪合戦”早くも勃発


今オフ、最も多くの札束が飛び交うでしょう」(放送関係者) ■巨人・阿部が中日・山井の背中を押す? 投手では、中日の山井大介(36=年俸6000万円)、日本ハムの宮西尚生(29=年俸1億4000万円)も人気を集めている。2人はそれぞれ「Bランク」。旧所属球団への補償が、「年俸の60%または40%プラス選手1人」と、獲得球団の負担が減ることから、楽天、ヤクルトも興味を示している。 「阪神にとっては、…

7年連続50試合登板/(C)日刊ゲンダイ

FA豊作年に大人気 水面下で進む日ハム宮西の争奪戦


19日に国内FA権を取得した日本ハムの中継ぎ左腕・宮西尚生(29)だ。 宮西は07年のドラフト3位で関西学院大からプロ入り。昨季までのプロ6年間の成績は17勝12敗1セーブで一度もタイトルを獲得したことはない。 それでも、今季(52試合1勝5敗、防御率2.25)を含め、大きな故障もなく7年連続でシーズン50試合以上に登板。安定した成績が自慢。これが高い評価を得ていて、救援陣に不安を抱える複数の球…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事