日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

樋口陽一特集

樋口陽一東大名誉教授(左)と小林節氏

「今の政治は異常」 憲法学者・樋口陽一氏が盟友にエール


小林代表の盟友で憲法学界の権威・樋口陽一東大名誉教授(81)も駆け付け、“生まれて初めて”という選挙応援の挨拶に立った。 「投票結果いかんで日本の戦後を下支えしてきた憲法が危うくなる。学問と政治の世界にケジメをつけてきたが、小林さんが出馬するという行動をとったのも、私がこのような場でしゃべるのも、今の日本の政治が異常で異様だからです。その風景を変えなければいけない」 力強いエールを送られた小林代…

立憲政治を取り戻す国民運動委員会

樋口陽一&小林節氏ら声明「野合批判は政治レベルの低下」


憲法学者の樋口陽一東大名誉教授と小林節慶大名誉教授が中心になって立ち上げた「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」が16日、3回目の会合を開き、「政治に、質の高い論争を求める」という声明文を出した。 その趣旨は、〈戦争法制定を数の力で強行採決した与党に対して、ようやく目覚めた野党が立憲政治の回復を目的とした大義ある協力を行っているのに、与党はそれを「野合」だと批判している。このような不当なレッテルを…

「言うべきことは言わなくては」と語る樋口氏

憲法学者・樋口陽一氏 「国民が求めるのは改憲ではない」


「『憲法改正』の真実」樋口陽一、小林節著


(集英社 760円+税)…

憲法学者の樋口陽一氏や小林節氏(左)が中心

安倍政権打倒へ識者200人決起 進まぬ野党共闘に苦言続々


代表世話人は憲法学者の樋口陽一東大名誉教授、弁護士の宇都宮健児氏、俳優の宝田明氏、音楽家の三枝成彰氏、音楽評論家の湯川れい子氏。事務局幹事が憲法学者の小林節慶大名誉教授だ。委員会には200人ほどが参加し、シールズの奥田愛基氏のほかママの会のメンバー、ジャーナリストなど老若男女が幅広く加わった。 声明文では「選挙によって成立した政権が立憲主義を否定した暴走は、有権者が選挙で倒して立憲主義を回復すべ…

棚上げの姑息…鳥肌が立つ自民党改憲草案と「明治の日」


憲法学の泰斗・樋口陽一東大名誉教授は本紙インタビューで〈自民党改憲草案は明治憲法のようだというのは正しくない、むしろ明治以前の法秩序に戻るようなもの〉と切り捨てた。国民が国家を縛るという立憲主義の基本を無視している以上、近代憲法の名にも値しないということだ。 この臨時国会冒頭の所信表明演説の最後、安倍はこう訴えかけた。 「憲法はどうあるべきか。日本が、これから、どういう国を目指すのか。それを決…

勝つためなら何でもアリ

民主主義はこうして壊れる 「同日選」ならナチスの再来


護憲派の泰斗である樋口陽一東大名誉教授と改憲派の重鎮・小林節慶大名誉教授が対談した「『憲法改正』の真実」(集英社新書)には、こんな記述がある。 〈ナチスが台頭したときのワイマール憲法は、国民主権に基づく民主主義でした。いきなりクーデターでナチスが出てきたわけではないのです。民主主義的な選挙によってナチスが第一党になり、首相になったヒトラーがワイマール憲法そのものを実質的に無効化してしまった〉 …

何でも利用する

安倍政権ならやる W選、野党惨敗、焼け野原の地獄近未来


しかし、樋口陽一東大名誉教授と小林節慶大名誉教授が対談した「『憲法改正』の真実」(集英社新書)には、自民党が2012年に公表した改憲草案の中身がどれだけムチャクチャなのかが指摘されている。 とりわけ、見逃せないのは現行憲法で保障されている「個人」や「人権」を自民党の改憲草案はないがしろにしていることだ。樋口氏は「(改憲草案は)明治憲法への回帰どころではない。慶安の御触書ですよ」と斬り捨て、小林氏…

立憲政治を取り戻す国民運動委員会

「緊急事態条項」導入許すな 安倍政権に小林節氏らが警鐘


憲法学者の樋口陽一東大名誉教授と小林節慶大名誉教授が中心になって立ち上げた「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」が19日、4回目の会合を開催。熊本地震を機に菅官房長官などが「緊急事態条項」の必要性について語ったことに危機感を示した。 「緊急事態条項」は安倍政権が憲法改正のとっかかりとして加えようとしているもので、自民党の憲法草案には「首相が緊急事態を宣言すれば、首相の意向が法律と同等の効果を持ち、…

「民主」ありか、なしか

野党共闘は国民がリード 民維新党の名称「公募すべき」の声


樋口陽一氏と小林節氏の憲法学者2人が中心になって立ち上げた「立憲政治を取り戻す国民運動委員会」は25日、2度目の会合を開いたが、民維新党や野党5党の選挙協力について、「これまでのさまざまな市民運動が後押しした」と歓迎する声が上がっていた。 ただし、「数合わせだけではワクワク感がない」とも。党名を公募すれば、国民を巻き込んだムーブメントになるんじゃないか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事