日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

岩田寛特集

優勝を逃した岩田寛

ペブルビーチVならずも…岩田寛は今季ベストで“大収穫”


【AT&T ペブルビーチ・プロアマ】 前週の松山英樹(23)に続いて2週連続日本人プロVの快挙か、と注目された2打差2位発進の岩田寛(35)。 最終日は11番パー4で3つ目のバーディーを奪い一時首位タイに並んだが、終盤にスコアを落として通算14アンダー4位フィニッシュだった。 この日はメジャー5勝を含む米ツアー通算42勝、今大会過去4勝で単独トップに立つフィル・ミケルソン(45)と最終組でラウン…

筋力に頼らず飛距離を出す

岩田寛 武器の飛距離はビハインド・ザ・ボールが決め手


今年のAT&Tペブルビーチプロアマの最終日に、終盤になって惜しくも優勝争いから脱落して4位タイで終わってしまった岩田寛プロ。しかし、フェデックスポイントをしっかり稼ぎ、米PGAツアーでのシード獲得に向けて大きく前進させた試合でもありました。 岩田プロは、日本ツアーでは長らく勝てそうで勝てないプロといわれてきました。ようやく勝てたのはプロ10年目の14年フジサンケイクラシックです。そして、昨年のセ…

父親にしごかれたバンカーショットがさえた

ショートゲームが光った岩田寛の粘り


先週のAT&Tプロアマ(ぺブルビーチGL)で惜しくも優勝を逃した岩田寛のゴルフを見ながら、24年前(1992年)、ここで全米オープンを制したトム・カイトのゴルフを目の前で取材したときのことを思い出していた。 強風が吹き荒れて、グリーンをとらえるのは容易ではなかったが、カイトはパーを拾いまくって通算3アンダーで勝った試合だった。グリーンに乗らなくても確実に1パットで勝つゴルフ。「ミスター・コンシス…

いいところなしの岩田寛

2試合連続予選落ち 岩田寛アメリカ挑戦1年目の“計算違い”


米ツアー参戦1年目の岩田寛(34)のことだ。 3日目を終え、通算8アンダー71位。1打及ばず今年に入ってから2戦連続予選落ち。これで2015―16年シーズンは7試合に出場して4試合目の予選落ち、最高成績も44位とサッパリだ。 14年の「WBC HSBCチャンピオンズ」で3位に入って、米ツアー参戦の足掛かりをつかみ、昨年下部ツアーとの入れ替え戦を勝ち上がり、ツアーカードを手に入れた。日本ツアーでは…

岩田は日本ツアーには未練なしか

日本OP欠場の岩田寛を制裁 JGAに「上から目線」と疑問の声


岩田寛(34)に対する日本ゴルフ協会(JGA)の処分が波紋を呼んでいる。 岩田は10月の「日本オープン」にエントリーしていたが、米ツアー出場権を獲得したため、米開幕戦に出場し、日本オープンを欠場した。 しかしJGAは岩田が出場締め切り後に出場を取りやめたことから、今後2年間、「日本オープン」と「ダイヤモンド杯」への出場を停止する処分を下した。この処分をめぐって関係者から「閉鎖的だ」「重過ぎる」と…

米ツアーに挑戦する岩田寛

「賞金稼ぐ」と意気込むも 岩田寛は米ツアーVまで3年がかり


【ホンマ ツアーワールドカップ】 米ツアー2015-16年シーズンの出場権を獲得したばかりの岩田寛(34)が用具契約を結ぶスポンサー主催の大会に出場した。初日は2バーディー、1ダブルボギーの71で回りイーブンパー29位タイ。 来週に再渡米するため、ツアー記者から米参戦の意気込みを聞かれると「ジュニア育成のためにゴルフ場を買えるほどお金を稼ぐこと」と語った。 ジュニア指導のための目標は有意義ではあ…

竹谷佳孝氏

米ツアーに挑戦する岩田寛と予選同組です


そんな中で時の人が、来季米ツアーの出場資格を獲得し、帰国したばかりの岩田寛クンです。 水曜日のプロアマ大会の際に顔を合わせ、「ナイス、アメリカお疲れ」と声を掛けました。 相変わらず口数が少ない選手ですが、ダイナミックな飛距離と豪快なプレースタイル、淡々とラウンドしながらもしっかりとした自分の考えを持っている岩田クンは、米ツアーでも十分通用する可能性を秘めていると思います。 来週から再渡米し、米…

None

“三度目の正直”で米ツアー参戦 岩田寛が取り組むべき課題


コラム【菅野徳雄「日本のゴルフを斬る」】 岩田寛が来季の米PGAツアー出場権を獲得した。下部ツアー・ウェブドットコムのファイナル4試合に出場して12位に入り、米PGAツアーカードを取得した。 岩田が米ツアーのQスクールに初めて挑んだのは7年前のことだ。続いて12年にも挑戦し、このときは2次予選で敗退している。だから今度は三度目の正直ということになる。 昨年秋、中国・上海で行われた世界ゴルフ選手権…

None

岩田寛がコースレコードの「63」 123位から暫定15位に急浮上


【全米プロゴルフ選手権】 今大会初出場の岩田寛(34)がメジャー最少スコアタイ、コースレコードの63で回り、123位から一気に、通算4アンダー15位(暫定)まで急浮上し、米国で初の決勝ラウンド進出を決定的にした。 アウト発進の2日目は1番、4番とバーディーを奪い、8番パー4ではスタンスが取りづらいバンカーからチップインバーディー。前半は3バーディー1ボギーで折り返す。 バック9に入り、11番パー…

石川遼は出場せず

北海道は前年覇者と遼が欠場 男子の“スター不在”いつまで


大会HPには前年覇者の岩田寛(35)と2年前に優勝した石川遼(24)のイラストが載っているが、2人とも出場していない。 ツアー記者が言う。 「ジャンボ尾崎が圧倒的に強かった頃は、タニマチが、ジャンボが好んでボールナンバーやキャディーバッグにプリントした『33』のナンバープレートがついた黒塗りの高級車を用意して、千歳空港まで迎えに行っていました。ギャラリーもジャンボのプレーを見たいと、毎年ワクワク…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事