日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

西川貴特集

熱心なファンが多いことで知られる西川貴教

中華は残すべきか否か 西川貴教のファンが「マナー」で議論


歌手の西川貴教(45)が1月31日にツイートした中華料理のマナーに関する発言がファンの間で議論になっている。 この日、西川は台湾で開かれた「台北ゲームショウ」の「バンダイナムコエンターテインメント」のブースにゲストとして出席。直前には「間もなく登壇!」とツイートするなどしていたが、イベント終了後に中華料理に関してつぶやいた。それについてファンの間で議論が巻き起こっている。 西川は、「よく『中華料…

高低差カップルとして注目された

西川貴教を踏み台に 菜々緒「売れっ子女優」までの“三段跳び”


が、最大の“ホップ”は11年に報じられた「T.M.Revolution」西川貴教(44)との熱愛だ。161センチの西川と172センチの菜々緒という高低差カップルとして注目され、菜々緒の知名度は爆発的に上がった。 熱愛報道の翌年からはテレビでの露出が激増。ドラマ「主に泣いています」(フジテレビ系)で主演に抜擢され、「逃走中」(フジ系)などの人気バラエティーにも呼ばれるようになる。 そして“ステップ…

オクトーバーフェストも大人気

音楽イベントを凌ぐ稼ぎ 「夏のグルメフェス」の経済効果


同県出身のプロデューサー・西川貴教もビックリだ。 では、6月18日に新潟で行われたAKB総選挙はどうか。5万人が訪れ、15億6400万円を落としたという。開催地は毎年変わるため、“打ち上げ花火”の単発だ。経済評論家の山崎元氏が言う。 「経済効果の数値は仮定に仮定を積み上げたような数字で大いに疑問ですが、無駄なハコモノを造ってお茶を濁す政府の公共投資よりはマシ。ほとんど初期投資ナシで各地にカネが落…

周囲はたかみなの恋を応援

卒業後に初の熱愛発覚 高橋みなみが実証したAKB“鉄の掟”


これまでまったく恋愛していなかっただけに、周囲はたかみなの恋愛を大歓迎しているそうです」(芸能プロ関係者) たかみなといえば、このところ、T.M.Revolutionこと西川貴教(45)との“熱愛”がしきりにウワサされていた。西川は18日、自身のツイッターで「世の皆様、お願いです…僕に高橋さん以外の選択肢を下さい…また1歩幸せが遠のく音がする…」と熱愛を否定したところに、ガチな熱愛スキャンダルが…

鈴木浩介(公式ブログから)と大塚千弘

一線級の顔ぶれと…鈴木浩介&大塚千弘の華麗なる恋愛遍歴


一方の大塚も12年末に元カレだったT.M.Revolution西川貴教(45)が新恋人(当時)の菜々緒(26)に自分の愛犬だったトイプードルを“譲渡”したとか、3年交際するも結婚に煮え切らないV6の坂本昌行(44)からものまねタレント2世の清水良太郎(27)に乗り換えたうんぬん……。 互いにスッタモンダを経験した末に結ばれた2人。はたから見るよりも強い絆で結ばれているのかもしれない。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事