日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

山本善隆特集

山本善隆プロに教わったトップの取り方


ただし、かつて関西の四天王といわれた山本善隆プロは「アドレスしたら、頭の上ではなく右肩の上にクラブを上げておいて、そこから体を回したところが正しいトップスイング」と次のように言っている。 「アドレスから頭上に手を振りかぶって、そこから体を右に回していくとトップスイングでシャフトは垂直に立って、グリップエンドは真下を指す。これではアップライト過ぎるのでスイングプレーンからはずれてしまう。シャフト…

イラスト・ボギーマン

短いアプローチ 右腰と右手でボールを運ぶ


10ヤードぐらい先にボールを落とそうと思ったら、「手元を支点にしてバックスイングすれば、手を大きく動かさずヘッドをひざの高さまで上げることが出来る」と山本善隆に教わったことがある。 手首をまったく使わずノーコックでバックスイングすると、手が大きく上がり過ぎるので、10ヤードぐらい先にキャリーさせようと思ったら、右手首を甲側に曲げてテークバックするのだという。そうすれば手元を支点にしてバックスイン…

イラスト・ボギーマン

アプローチ まずボールを落とす位置を決める


あの辺にボールを落とそうと思ってもだいぶオーバーする人はピンを見て打っているからだ」 シニアツアーの取材に行ったとき、山本善隆にこう教わったことがある。…

イラスト・ボギーマン

トップは体の正面に手を上げる


体の前(正面)で正面には上がるけれど、それ以上イン(内側)には引かない」 シニアツアーの山本善隆を取材したときに言われたことを、スイングするときは常に心がけている。 「アベレージゴルファーはトップスイングで手を体(胸)の正面に上げている人は少ない。内側(背中側)に引いて、体の正面から手を外してしまっている人が多い」 だから次のような方法で、バックスイングしたときに手が体の前にあるかどうかを確認す…

イラスト・ボギーマン

トップから手は真下の下ろす


そうしてボールのところにヘッドを戻してくれば左手と体の間隔は変わらずにインパクトできるので左わきは自然に締まる」 そうすればアドレスの位置でインパクトすることが出来ると、シニアツアーで山本善隆を取材したとき教わった。…

イラスト・ボギーマン

バックスイングは右脇が開く


「腕をタテに使うことを覚えるには、両手をかなり離してクラブを持ってバックスイングしてみると分かる」と、シニアツアーで山本善隆を取材したとき、次のように教わったことがある。 「左手はグリップエンドを持ち、右手はシャフトの部分を持ってバックスイングしてみる。それで左腕が飛球線と平行になるように左手を体から遠い位置に上げてやる。そして右手でシャフトを立ててグリップエンドを下に向けてバックスイングする…

イラスト・ボギーマン

左手で振り下ろし右手を使って振り切る


では、どこから右手を使っていけばいいのか? と、シニアツアーの山本善隆を取材したときに聞いてみたことがある。 「トップからダウンスイングに切り返すときは左ひざと左腰を巻き戻しながら、左手を上から下ろしてくる。そのとき大事なのは左わきをあけないように、体につけたまま下ろしてくること。それで左手が右ひざのあたりまで下りてきたところから右手を使って振り抜いていく」 左手で体の近くに振り下ろしてから右…

イラスト・ビッグ隆

スローテンポで最後まで振り切る


関西の中村通プロや山本善隆プロら有望な若手の合宿にコーチとして招かれたこともあった。 ゴルフ雑誌の取材で行って仕事が終わると必ず一緒に回ってくれた。 ラウンドしながら「アメリカにはフルモーション、ハーフスピードという言葉がある」と最初に教わった。 フルモーションとは日本で言っているフルスイングのこと。ドライバーでフルスイングするときでも、スイングのテンポは自分で思っている半分ぐらいのスピードとい…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事