日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

杉良太郎特集

合気道は5段の有段者

杉良太郎 本物の大切さ噛み締めた沢村忠とのトレーニング


俳優、歌手として大きな足跡を残してきた杉良太郎さん(72)。芸能活動以外では刑務所や災害被災地への慰問、海外でのボランティア、文化交流・発信活動で社会貢献を続けている。デビュー52年になる芸能活動の基本とは。 「もうダメ。杉さん、やったことあるでしょ?」 顔を歪めながらこうおっしゃったのは1960年代半ばから70年代半ばにかけて“キックの鬼”と呼ばれ一世を風靡した、キックボクシング・元東洋ミドル…

杉良太郎

同居してた外国人教師の一言で悲惨だった生活環境が一変しました


遠山の金さんの杉良太郎!? 片言の英語と日本語でやりとりし、なんとなく彼が杉良太郎さんの知り合いだということが分かります。それでも、こっちは半信半疑。言っちゃ悪いが、この外国人教師が日本の大スターと親しいわけないやろ。そんな心の声が顔に出ていたのか、彼は証拠を見せてやるとばかりに半ば無理やりに僕を車に乗せると、フリーウエーを走り出しました。 着いた先は、ハワイでも指折りの高級住宅街。本当に杉さ…

今年の出場は…

宇多田やSMAPは? NHK紅白「出場者」最新先取り情報


」の主題歌を担当したRADWIMPS、再結成した「THE YELLOW MONKEY」、北川景子と結婚してリリースした「KSK」のDAIGO、さらに、文化功労者に選ばれた杉良太郎も名前が挙がっているという。 SMAPが出場するかしないか、まだくすぶっているが、SMAP抜きでも楽しめるかも。…

鏡五郎さん

鏡五郎さん 田舎から送られてくる野菜でこしらえた肉じゃが


高校時代に時代劇で美空ひばりさんや杉良太郎さん、松平健さんに教えていたので見に行って、芸能の世界に憧れました。歌も好きでしたね。その頃、難波で行われていたコンクールに出て『兄弟仁義』を歌って、1800人の中から優勝。それに目をつけたのが音楽プロデューサーの酒井政利さんです。以来、歌手への道を歩き始め、今年で50年になります」 しかし、もともとは花屋を継ぎたかったという。そのために大阪府立園芸高校…

三上博史(右)だって遜色はないのに

人気爆発の「下町ロケット」 11年放送WOWOW版とどこが違う?


同じく役柄を比較すると、杉良太郎が田村亮、吉川晃司が渡部篤郎、木下ほうかが升毅、真矢ミキが水野真紀という具合。TBS版とキャスティングを比べても、遜色はありません」(ドラマウオッチャー) 同じ原作でも“認知度”がこれほど違うものなのか。コラムニストのペリー荻野氏はこういう。 「(TBS版「下町ロケット」は)“勧善懲悪”に徹してますよね。かつてヒットした『半沢直樹』と同じく主役は徹底的にいい人で、…

孤高のロッカーと呼ばれた

「下町ロケット」演技光る 吉川晃司の新境地と芸能界最強伝説


キャスティングでは阿部、杉良太郎に次ぐ3番手。重要な役どころをきっちりこなしてみせた。1話では町工場の社長だった父親と阿部をオーバーラップさせ、阿部とその会社を全否定するシーンの連続だったが、3話では夢を追いかける阿部の情熱と彼を支える社員の熱い思いにふれ、思わず会社に背く決断をしてしまう難しいシーンを演じた。圧倒的な存在感と長い人生経験に裏打ちされた演技力を駆使、阿部の熱血演技と堂々わたりあっ…

「史上最悪の名脇役」の呼び声も

「下町ロケット」イヤミ課長 春風亭昇太は吉田羊との結婚狙う


主演の阿部寛や大御所・杉良太郎に交じって注目を集めているのが人気落語家の春風亭昇太(55)。その悪役ぶりが評判なのだ。 役どころは銀行の融資課長。阿部が演じる町工場の社長が融資を求めて訪れると「御社の開発力を評価している者はいない」と追い返してしまう。そのネチッとした言い回しがあまりに憎たらしくて、ぶん殴りたくなってしまうほど。「同じ池井戸作品『半沢直樹』の片岡愛之助さんに勝るとも劣らないイヤミ…

(左から)阿部寛、杉良太郎、立川談春、倍賞美津子

「下町ロケット」専門家が見た好発進要因は“特盛り全部のせ”


主要キャストのひとりとして名を連ねる大御所の杉良太郎(71)は同局の連ドラ出演44年ぶりというので放送前から大きな話題になった。 「人気の噺家コンビも登場。立川談春は『ルーズヴェルト──』の悪役から今作は主人公サイドの人間となり、春風亭昇太は『笑点』では見せることのない芝居や生え際が乏しい後頭部を披露するものだから目を奪われました。また同局の情報番組のMCである真矢ミキ(朝)と恵俊彰(昼)を起用…

「郎」をつけてと頼んだ杉良太郎

歌手デビューした時の芸名は「杉良太」だった!?


杉良太郎さんの半生を取材すべく、出かけたオフィスにはりっぱな甲冑が!! その迫力に緊張していたら、ご本人は、とても気さくな方でホッとしました。最初に面白かったのは、歌手デビューした時の芸名が「杉良太」だったこと。命名してくれた作詞家の先生に「郎」をつけてと頼んだのは、ご本人だったそうです。 「後になって『時代劇向きの名前だ』と思ったら、やっぱりデビューして3カ月くらいで『燃えよ剣』の沖田総司の役…

伍代夏子さん

歌手 伍代夏子さん(53) C型肝炎


すぐに主人(歌手、俳優の杉良太郎さん)に相談すると、「知り合いの医者がいるから、受けてみてはどうか」と。ぐちぐち悩むタイプではないので、じゃあ、新しい薬の治療を受けようと即決しました。そして、2009年8月、東大での新薬の治療が始まったのです。 治療の目安は1年ほどとのことでしたが、実際はトータルで1年半かかりました。従来のインターフェロンに比べ、副作用は少ないというものの、やはり大変でした。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事