日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

高畑充特集

映画にCMに引っ張りだこ

恋より仕事の高畑充希 三代目・岩田剛典をソデにした過去


ヒロイン役をつとめたNHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」が好評だった女優の高畑充希(24)。12月公開の映画「アズミ・ハルコは行方不明」ではギャルのキャバ嬢役を演じ、同月から上演の楳図かずおの長編SF漫画を舞台化した「わたしは真悟」では門脇麦とダブル主演、来年の4月上演の舞台「エレクトラ」では主演をつとめることが決定している。 「もともと、舞台で力をつけてきた女優。所属事務所は朝ドラの成功に浮かれるこ…

出ずっぱりの高畑充希

視聴率は五輪に負けず 「とと姉ちゃん」高畑充希の原動力


要するに、リオ五輪が束になってかかっても高畑充希(24)の「とと姉ちゃん」には勝てないのだ。 高畑の原動力は何か。 「かつては所属するホリプロ制作の『ピーターパン』など、舞台が中心でした。その他でも、同じホリプロの鈴木亮平が主演した13年の『HK変態仮面』では、ワイドショーのリポーター役という、エキストラに毛が生えたような役しかつかないほどの崖っぷち女優で、地味な存在。しかし、13年の朝ドラ『ご…

周りにいそうな親近感が持ち味

2番手も主役もOK 高畑充希の快進撃を支える“三枚目”路線


11日、NTTドコモ「2016夏 新サービス・新商品発表会」に出席した高畑充希(24)。 同席した綾野剛(34)と高畑は新機種に搭載された「スグ電」機能を使って同社の加藤社長に電話をかけるスピードで対決した。今まで通り電話帳検索で電話をかけた高畑に対し、「スグ電」を使用した綾野が圧勝。高畑は「勝てるわけないですよ。しかも、フェイントで『加藤課長』とか『加藤係長』とかが入っていた」と悔しそうに笑っ…

「やめたい」なんて言い出さないで…

朝ドラは絶好調も 高畑充希は“私生活封印”に耐えられるか


「波瑠に続いて、『やめたい』なんて言い出さないか」と一部で心配されているのが、NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロイン、高畑充希(24)だ。 「とと姉ちゃん」といえば、4月27日の24.6%を筆頭に好視聴率をキープ。高畑の演技力に対する評価も高まり、女優として絶好調なはず。前作「あさが来た」のヒロイン、波瑠が撮影中、精神的に落ち込み、「(女優を)やめたい」と母親に打ち明けていたことをこのほど告白…

高畑充希(左)と黒木華

連ドラで“美しすぎない編集者” 高畑充希vs黒木華の軍配は


■視聴率では「とと姉ちゃん」だが… 女性編集者といえば同時期にスタートしたテレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK)も同じく女性編集者(こちらは実在)だし、主役の高畑充希(24)も同じく美しいとは言い難い! 戦後が舞台で当時の髪形や服装のせいもあるだろうが、童顔なのか老け顔なのかわからん。 今週の米1俵の賞品が欲しくて二人三脚競走に出たちょうちんブルマー姿や、番宣でよく流れる「どうしたもんじゃろの~…

「顔と言葉にチグハグ感」の声も

「とと姉ちゃん」好調も…高畑充希の口癖“流行”は疑問符


高畑充希(24)演じる小橋常子が困った時などについつい口にする言葉だが、どうもシックリこないのだ。 理由はなんなのか。コラムニストの桧山珠美氏が言う。 「まず可愛い顔の高畑さんと『どうしたもんじゃろのう』という親父言葉にチグハグ感がありますよね。高畑さんは亡くなった父親の代わりをするという設定なので、あえてそうしたのかも知れませんが、そのワリには亡くなった父親(西島秀俊)が、この言葉を発した形跡…

主演映画「植物図鑑」のオフィシャル本も発売

「とと姉ちゃん」好調 高畑充希は映画でも能年玲奈超え?


NHK朝ドラ「とと姉ちゃん」に出演中の女優・高畑充希(24)。同ドラマの初週平均視聴率は21・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と、朝ドラで今世紀ナンバーワン期間視聴率を更新した前期「あさが来た」の初週(20・3%)を上回る好発進を見せた。 息切れを心配する周囲の声もなんのそので、好調を持続した格好だ。 主人公の高畑は、幼少期を描き終えた今週から本格的に出演しているが、ヒロインを演じ…

新旧ヒロインは民放ドラマでも引く手あまた

民放で争奪戦勃発 朝ドラヒロイン高畑充希の“ブランド力”


主演は高畑充希(24)。生活情報誌「暮しの手帖」の創業者、編集者の大橋鎮子の人生をモチーフにしたストーリーで、今週は子供時代。長女・常子が結核で亡くなる父親(とと)から母親(かか)と2人の妹のため「ととの代わりになってほしい」と頼まれ、約束するまでで、高畑が本格的に出演するのは来週からだ。 ところで、まだドラマが始まったばかりだというのに、“高畑人気”が沸騰しているという。 「ここ数年、朝ドラ…

波瑠は「うなぎ&法被」を贈られてニッコリ(左は高畑充希)

口癖対決? 高畑充希は波瑠「びっくりぽん」を超えられるか


NHK朝ドラのバトンタッチセレモニーが15日に行われ、「あさが来た」の波瑠(24)と、新作「とと姉ちゃん」(4月4日スタート)の高畑充希(24)が出席。恒例の花束とそれぞれゆかりの品を贈り合った。 今月5日にクランクアップしている“先輩”の波瑠は、「撮影は本当に大変だと思いますが、走り切った時に見えてくる景色に感動すると思います。ヒロインはど真ん中で頑張るしかない」と“後輩”の高畑を激励。その姿…

「かんぽ生命」新CMキャラクターの高畑充希(左)と能年玲奈

高畑充希にCM交代 お茶の間から消滅した能年玲奈の命運


29日、「新企業CMキャラクター発表会」に登場したのは、能年玲奈(22)ではなく、高畑充希(24)だった。 椎名林檎がCMのために書き下ろしたオリジナル曲に乗せ、ミュージカル風の踊りで登場した高畑は「『人生は、夢だらけ。』というキャッチフレーズの世界観が好きだったので、あの世界に自分がいるとは信じられない。テレビや『ユーチューブ』で何度も見ていたので、決まったときは結構うれしかったです」と喜びを…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事