日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

藤野涼子特集

大物の予感がする藤野涼子/(C)日刊ゲンダイ

役名でデビュー 「ソロモンの偽証」主演・藤野涼子の将来性


藤野涼子という役をもらったこの感情を忘れたくなくて、名前をいただきました」 期待の大型新人はかすかに震える声で、でも、力強く語っていた。12日に開かれた映画「ソロモンの偽証」(松竹)製作報告会見。1万人のオーディションで選ばれた主演女優であり、役名をそっくりそのまま芸名として女優デビューする藤野涼子(14)である。 映画は宮部みゆきの同名小説が原作。「藤野涼子という名は特に字画など調べたもので…

評論家も太鼓判の逸材

芸能プロが争奪戦? 15歳シンデレラガール藤野涼子の“前途”


前後編の大作ムービー「ソロモンの偽証」で主演に抜擢された藤野涼子(15)。7日に前編が公開されたばかりだが、ダテに1万人のオーディションの中からその座をゲットしたわけではない。後編の公開(来月11日)を待たずして、今後の活躍に太鼓判を押す声が続出している。 「愛らしいつるっとしたおでこに負けないぐらい、彼女のまなざしや存在感は光っていた。橋本愛や能年玲奈らをはじめとする10年公開の映画『告白』に…

4月に高校生になった藤野涼子

「ソロモンの偽証」主演 藤野涼子が語った“撮影中の涙”のワケ


「ソロモンの偽証」で女優デビューを果たした藤野涼子(15)。11日に後編が公開される今作で藤野は、プロアマ問わずに募集されたオーディションで1万人の中から主演に抜擢。メガホンをとった成島出監督は、本紙のインタビューで「涼子は撮影中に何リットルも悔し涙を流していた」と明かしたが、その涙のわけとは――。 現場では毎日のように泣いていました。監督が求めることは分かるんですけど、それを自分がどう表現する…

映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(上)


警察は自殺と結論付けたが、殺人を目撃したという「告発状」が第一発見者のクラスメート・藤野涼子と学校の元に届く。一方的なマスコミ報道で情報は錯綜。新たな犠牲者も出る中、学校側は真相を究明するどころか事態の収束を図ろうとする。業を煮やした藤野たちは子供だけの“校内裁判”で真相を暴くことを決意。「嘘」の先にある真実とは――。 この作品でメガホンを取ったのは成島出監督(53)。応募者1万人の中からオーデ…

映画「ソロモンの偽証」成島出監督特別インタビュー(中)


藤野涼子の母親役を演じた)夏川(結衣)は安定感がありますね。夏川のデビュー作(柄本明監督作品「空がこんなに青いわけがない」)で助監督をやったときは、今回の涼子のようによく叩かれてしょっちゅう泣いてましたけど(笑い)。大人たちはテストの一発目から手を抜かずにやるので、子供たちの良いお手本になったと思います。 今回、子供たちには「演じろ」と言わず、「なりきれ」と言いました。涼子は「涼子を生きる」…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事