日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

一ノ瀬優希特集

優勝した一ノ瀬/(C)日刊ゲンダイ

「素はオトコ」の声も 女子プロゴルフ・一ノ瀬優希の“素顔”

プロ8年目の一ノ瀬優希(25)が、ツアー2勝目を手に入れた。 この日、トップと2打差3位発進の一ノ瀬は2番でボギーが先行したが、その後はノーボギー。10番でチップインイーグルのツキもあり、15番でこの日4つ目のバーディーを決めて通算7アンダーまでスコアを伸ばして単独首位に立ち、そのままホールアウト。打撃レンジで後続組のプレーを待った。最終18番バーディーの酒井美紀(…

None

涂阿玉さんに勝ってプロでやる自信

プレーオフ進出に上田桃子さん、一ノ瀬優希さんも絡んで見応えのある面白いゲームでした。 さて公式記録には載っていませんが、プロ4年目の1986年春、23歳の時に私もプレーオフの末、初めて勝ちました。 同じ鳳凰ゴルフ倶楽部所属の謝敏男プロから「倒そうよ」と言われた、当時パンチショットを武器に圧倒的に強かった涂阿玉さんを破ってのプロ初勝利です。 プロ1年目の出場数は5試合…

None

吉田弓美子プロ復活に7キロ減量

そういえば一ノ瀬優希さんも、昨年にその制度を申請して、今ではツアーに復帰しています。女子プロのケガには、道具と密接な関係があります。…

ベストアマチュアの森田/(C)日刊ゲンダイ

女子アマゴルフ注目の森田遙をめぐる日中“国籍争奪戦”

「ヨコハマタイヤゴルフトーナメントで優勝した一ノ瀬優希が「距離感がものすごくいい。“アマチュアじゃないね”とキャディーさんと話をしていた」と、そのプレーぶりに舌を巻いたのが同組で回ったアマチュアの森田遥(17)だ。 本大会、アマチュアで初めて決勝進出。そして、最終日は勝った一ノ瀬と同じ67(5バーディー、ノーボギー)で回り、通算6アンダー3位フィニッシュ。もう少しで…

今季4勝目を挙げて師匠・岡本綾子と抱き合う森田と横峯(右)/(C)日刊ゲンダイ

賞金女王争い 「横峯vs森田」280万円差の“人間模様”

【最終成績】 -15(1)森田理香子 -14(2)藤本 麻子 -12(3)比嘉真美子 (3)馬場ゆかり (3)李 知 姫 (3)上田 桃子 -11(7)横峯さくら -10(8)一ノ瀬優希 (8)イ・ボミ (8)不動 裕理…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事