日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

河村建夫特集

あっという間に削除

安倍政権が“ネット言論統制”か 経産政務官が削除した中身


コトの発端は、自民党の「ネット社会の健全な発展に向けた推進議員連盟」(河村建夫会長)に出席した中川俊直経産大臣政務官が13日付の「中川日記」で、「ネット社会の健全化へ、新たなスタート」と題し、こう書き込んだことだ。 〈議員連盟では、今後の進め方について、①(民間団体でつくる)連絡協議会との連携を強化し、ビデオ作成、作文コンクールの開催、全国の自治体等への協力要請等の要望を届けていく。②連絡協議会…

問題発言が多い桜田義孝議員

「慰安婦は職業」 日韓合意ブチ壊す桜田議員は舌禍の常習


自民党の河村建夫元官房長官も「理解に苦しむ」と不快感を示し、結局、桜田議員は発言を撤回せざるを得なかった。政治評論家・山口朝雄氏はこう言う。 「日本全体が桜田議員のように考えていると、韓国国内で捉えられても仕方がない。やっと実現した日韓合意をブチ壊すもので、政治家としては考えられない発言です。彼の発言が原因で日韓関係が悪化し、収拾がつかなくなる可能性もある。そうなれば、アメリカも黙ってはいないで…

まだまだ予断を許さない

9月総裁選 安倍首相「無風再選」と書きたてるメディアの腐敗


先月30日、額賀派の額賀福志郎会長が「党が安定した形で安保法制に全力を尽くすべきだ」と言って、安倍首相支持を示唆したのに続き、二階派(34人)が今月9日、全会一致で安倍首相支持を確認、翌10日、河村建夫会長代行が安倍首相に推薦状を手渡したからだ。 こうした動きを受けて、大マスコミは「無風総裁選」「関心は改造後の人事」とか書きまくっているのだが、このタイミングで、こういう動きが出てきて、大マスコミ…

自民重鎮は3人とも長男が政策秘書

地方を見習ったら? 国会議員の「親族公設秘書」呆れた実態


河村建夫・元官房長官も長男が政策秘書。今津寛安保調査会長は長男が政策秘書で次男が第1秘書。高市早苗総務相は弟が秘書官――といった状態なのである。 「福田康夫元首相の長男の達夫氏や小里貞利元総務庁長官の長男の泰弘氏など、父親の公設秘書や秘書官から国会議員になった人は少なくありません」(自民党関係者) 税金で給料をもらって世襲のための研修をしているようなものだ。 そのうえ、勤務実態が怪しい親族秘書…

左上から時計回りに額賀福志郎、麻生太郎、二階俊博、伊吹文明/(C)日刊ゲンダイ

70歳過ぎがウヨウヨ…自民党ロートル全員当選の歪んだ事情


町村信孝(70=12選)、衛藤征士郎(73=11選)、額賀福志郎(70=11選)、丹羽雄哉(70=12選)、金子一義(71=10選)、麻生太郎(74=12選)、伊吹文明(76=11選)、二階俊博(75=11選)、河村建夫(72=9選)、高村正彦(72=12選)、大島理森(68=11選)、野田毅(73=15選)、保岡興治(75=13選)、谷垣禎一(69=12選)、川崎二郎(67=11選)……。 …

腹を括ったのか?/(C)日刊ゲンダイ

官邸の新聞辞令で外堀埋められ…石破幹事長も“腰砕け入閣”


後任の幹事長にはすでに岸田外相の名前が挙がっているが、安倍首相と同郷で、実務能力にたけた河村建夫・選対委員長を推す声も上がっている。新聞辞令が先行し、石破氏も外堀を埋められてきた。…

小泉Jr.にも突き放された/(C)日刊ゲンダイ

小泉ショック拡大…「反舛添」に火がついた自民党内の空気


きょうは河村建夫選対委員長が都連連合会に出席し、舛添と顔を合わせます。そうやって少しずつ本部支援の姿勢を強めていくようですが、はたして周りはどこまで本気でやるのか。党幹部や東京選出の国会議員を除けば、しょせん他人の選挙。しかも、一度は除名された候補者です。負ければ政権に痛手だし、自分たちにも影響が出ることは想像できても、本腰を入れて勝ちにいくという格好にはなりにくいでしょう」(政界関係者) 世論…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事