日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

黒田官兵衛特集

加来耕三氏と小日向えりさん(C)日刊ゲンダイ

歴史作家と歴ドルが激論! 黒田官兵衛の謎、知力、魅力


2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」の主人公は豊臣秀吉の軍師として知られる黒田官兵衛。歴史作家の加来耕三さんと「歴ドル」の小日向えりさんが、官兵衛について語った。 小日向「とにかく先見性のある官兵衛は、男性としてもタイプです」 加来「彼は間違いなく、当時のトップレベルの軍師のひとりでしょうね。一緒に秀吉を支えた先輩格の軍師の竹中半兵衛もとても優秀ですが」 小日向「官兵衛とともに『二兵衛(にひ…

None

【黒田官兵衛編】生き残る道は“野心のコントロール”にあり


山本勘助、竹中半兵衛と共に天下三軍師のひとりで、「この男がいなければ秀吉の天下はなかった」といわれた軍師・黒田官兵衛。2014年にはNHK大河ドラマの題材にもなり、記憶にとどめている人も多いでしょう。本日は、そんな官兵衛から「野心のコントロール」を学んでまいります。 天正10(1582)年、盟友・竹中半兵衛の没後、秀吉の軍師として備中高松城の水攻めを任された官兵衛。このとき、明智光秀の反逆により…

左から土屋太鳳、神田沙也加、黒田博樹

【土屋太凰】神奈川県平塚市にある地名が発祥


昨年の大河ドラマの主人公黒田官兵衛のルーツは滋賀県長浜市の黒田地名とされるが、近年の研究では滋賀県の黒田氏と黒田官兵衛の家は別で、官兵衛のルーツは兵庫県西脇市の黒田地名ではないかともいわれている。…

「治部の礎」吉川永青著


軍師・黒田官兵衛は、清水がこもる高松城を水攻めするため、近隣の百姓らが持ち込む土嚢に米や金を支払う。秀吉の近習・三成は、主君の財を使い果たすこの水攻めに賛同できない。 そんなとき、信長横死の一報が入る。三成は、秀吉に命じられ、明智の寄騎である筒井順慶の兵を封じるため、大和郡山城に向かう。筒井の説得に成功した三成は、戦は戦場での功だけがすべてではないと学ぶ。ただ、加藤清正らに見下され、忸怩たる思い…

ブログでも持ち前の文才をいかんなく発揮

グラドルから演技派へ 酒井若菜“膠原病告白”までの紆余曲折


14年大河ドラマ「軍師官兵衛」では黒田官兵衛の妻・光の姉の力を、15年朝ドラ「マッサン」で温水洋一と夫婦役を演じるなど、ドラマでも新境地を開いた。 「タダでは転ばない」という言葉はこの人のためにある。膠原病を告白した勇気も、きっと報われる。…

【甲冑パンツ軍師編】身も心も引き締まる一枚


これまでは、織田信長や武田信玄など大将をモチーフにしていたが、今回は「竹中半兵衛」「黒田官兵衛(写真)」「山本勘助」と3人の名軍師がラインアップ。それぞれ実際の甲冑をイメージしたデザインが、シルクスクリーンで印刷されている。 一見、暑そうだが、医療用包帯の布地をベースに開発された新素材を用いているので通気性抜群。ぴったりフィットしつつ圧迫感がないので、これなら楽にはき続けられる。何より名参謀と…

日本には今、2人の注目の黒田がいる

ルーツ一緒も性格は…日銀とカープ「2人の黒田」を徹底比較


双方のルーツは、戦国大名として名をはせた黒田官兵衛(如水)とされる。黒田総裁は福岡藩の領内に近い福岡県大牟田市の出身。カープの黒田は大阪市の生まれだが、父の一博氏は長崎県の出身だ。したがってどちらも官兵衛の子孫か、黒田家から名字を与えられた有力武将(恩賞でよく与えられていた)の末裔である可能性がある。 だが、この2人の黒田は、性格がちっとも似ていない。まず、黒田総裁は13年3月の就任に先立って…

None

キムタクは辞退も…岡田准一“ジャニ掟破り”で2冠の舞台裏


昨年の大河『黒田官兵衛』で風格ある演技を印象付け、一皮むけた感があるが、今回の日本アカデミー賞では主演、助演ともに名を並べたどの俳優より演技が輝いていた。一作品ごとに愚直に役と向き合い続け、力を備えた役者に成長したように感じます」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏) ひとりの俳優が“大物”の仲間入りを果たした裏ではこんな声も……。「ジャニーズ事務所の“賞レース不参加”の不文律を破っての受賞は歴史的…

ヒットメーカーの手腕にかかる/(C)日刊ゲンダイ

三谷幸喜は低迷する大河を救えるか…16年「真田丸」を脚本


坂口安吾に「二流の人」と侮られた黒田官兵衛は、謀略をめぐらす腹黒い武将として描かれることが多かった。NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」は、そんな負のイメージが強い戦国時代の脇役に、ジャニーズアイドルの岡田准一(33)を起用。新しい官兵衛像で歴史好きをうならそうともくろんだ。 ビデオリサーチ調べの視聴率(関東地区)は平均15%台。「八重の桜」「平清盛」の前2作は上回っているものの、舞台は人気の高い戦国…

(C)日刊ゲンダイ

「人身売買・奴隷・拉致の日本史」渡邊大門著


著書「逃げる公家、媚びる公家」「黒田官兵衛 作られた軍師像」「秀吉の出自と出世伝説」「牢人たちの戦国時代」ほか多数。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事