日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

西川史子特集

転んでもタダでは起きず/(C)日刊ゲンダイ

離婚でちゃっかり同情集める西川史子の“芸能人魂”

夫婦仲の処方箋は書けなかった医師でタレントの西川史子(42)。元葛飾区議会議員で会社役員の福本亜細亜氏(39)との約4年の結婚生活にピリオドを打った。 「可愛い奥さんにはなれませんでした」 高飛車キャラに似合わないそんなコメントを発表し、生番組で涙ぐんだりしたもんだから、ちゃっかり女性の同情も集めている。転んでもタダでは起きない女だが、そもそも可愛い奥さんになるつも…

長く業界で売れっ子に

ビジネスに使えるスターたちの処世術

傲慢キャラでも愛される 西川史子の“配慮”に満ちた態度

その噂の中に、医師タレントとして売れっ子の西川史子の名前が挙がったことがある。今回の話は有田ではなく、この西川についてだ。 まだ西川が結婚する前のことで、都内の高級ホテルで有田と西川のツーショットが目撃されたことがある。そこで彼女の事務所に問い合わせたところ、調べた上で事情を説明してくれた。番組のロケがそのホテルで行われたのだが、長い待ち時間があったので西川が買い…

大丈夫なのか?

体ふらつき虚ろな目つき…西川史子氏の“異変”に心配の声

12日放送の生情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)に出演した、タレントで医師の西川史子氏(45)について、「様子がおかしかった」と心配する声が視聴者の間に広がっている。 番組出演者がそろってあいさつする冒頭シーンでは、一礼した際に上体がグラリ。横にいたお笑いコンビ「矢野・兵頭」の兵頭大樹(46)の体に肩が触れるワンシーンがあった。 その後、VTRが流れている最…

自虐ネタに終始した西川史子/(C)日刊ゲンダイ

西川史子が三船美佳に恋愛のススメ「私は週6人と会っていた」

20日、「森永 甘酒ビューティーメニュー」発表会に登場した西川史子(43)。 三船美佳(32)と高橋ジョージ(56)との離婚原因が高橋の精神的暴力「モラルハラスメント」と一部で報じられたことについて「ジョージさんはそういう人じゃない。彼が悪い感じに映ってるけど。私がダメになったときも気付いてくださったすごく繊細な方。奥さんのことも繊細に気付くはず」と擁護した。 三船…

共にぶっちゃけキャラ/(C)日刊ゲンダイ

布川敏和&西川史子 “バツイチ夫婦漫才”でオファー急増?

30日に行われた「リラクゼーションの日」記念イベントにゲスト出演した西川史子(43)と布川敏和(49)。西川は1月に会社役員の一般男性と、布川は6月につちやかおり(50)と離婚した“バツイチコンビ”で、西川は「悲しいキャスティング」と苦笑い。同じ傷を持つ者同士、リラックス法は揃って「愛犬」と息もぴったりだった。 報道陣から「おふたりで一緒になるっていうのは?」と聞か…

今年1月に離婚した西川/(C)日刊ゲンダイ

「結婚できない人もいる」西川史子がセクハラ野次に怒り心頭

18日に都議会で塩村文夏議員(35)に対して放たれた「早く結婚したほうがいいんじゃないか?」というヤジに、タレントで医師の西川史子(43)が、22日放送のTBS「サンデー・ジャポン」で切り捨てた。 「産みたくても産めない方、結婚したくてもできない方もいるわけだから、ちょっとデリカシーがなさすぎる」 「普段からそういう風に考えているから言ってしまうんだろう。政治家と…

口は災いの元/(C)日刊ゲンダイ

博多大吉にメールの西川史子 「家族いるだろ」とネットで非難

女医でタレントの西川史子(43)が8日に生出演した情報番組で、お笑い芸人の博多大吉(43)のことを「気に入っています」といきなり告白。毎日メールしていることを明かし、「好きだったの?」と聞かれ、黙ってうなずいたせいで、非難ゴウゴウだ。 西川は今年1月に離婚したバツイチ。一方、大吉は07年に、10年以上交際していた一般女性と結婚した妻帯者だ。 ネット上では、西川の突…

対照的な2人/(C)日刊ゲンダイ

「顔怖い」鈴木奈々に言わせ放題 西川史子の“立ち位置”

医師でタレントの西川史子(42)と鈴木奈々(25)が26日、都内で行われたヘアケアブランド「Honeyce(ハニーチェ)」のPRイベントに出席した。 1月に結婚したばかりの鈴木と1月に離婚したばかりの西川という対照的な組み合わせに、西川は「そういうキャスティングなんでしょ」と苦笑い。一方の鈴木は「西川先生、かわいそう。(オノロケで)ごめんなさい。でもすっごく楽しい!…

数々の浮き名を流してきたモテ男

年下女性と“合コン婚” 有田哲平の決断に芸人結婚ラッシュ

さらに06年には坂下千里子、その翌年には西川史子との仲が噂されたことも。極めつきはローラとの関係で、12年5月に熱愛報道が飛び出すと、その後は結婚確定と報じられたこともあった。 ローラとの結婚は結果的になかったが、仕事もカネもあるし、家もある独身貴族の有田が結婚に踏み切った理由は何か。その背中を押したのは「芸人仲間の結婚ラッシュではないか」というのは民放キー局のバラ…

出場歌手発表会見もあまり盛り上がらなかった

大物切りNHK紅白 拙速な世代交代で“最低視聴率”の危機も

女医の西川史子も、同じ所属事務所・ホリプロの和田アキ子が落選したことについて「ちゃんと花道を飾ってあげるべき」とNHKの対応に憤慨していた。 始まる前からここまで批判が続出する紅白は近年、見たことがないが、一体、舞台裏では何が起こっていたのか。 「紅白に強い影響力を持つ大手芸能プロの幹部らが、今年はあまり選考に関与しなかったらしいのです。今後のために、系列グループの…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事