日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

市川猿之助特集

(C)日刊ゲンダイ

市川猿之助 「浮世絵&歌舞伎」のコラボ企画展構想を語る

歌舞伎役者の市川猿之助(38)が昨27日、ナビゲーターを務める「ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎」(上野の森美術館・9月13日~11月9日)の開催記念トークイベントに出席。イベント終了後の囲み取材では、自身が所有する3000点超の浮世絵コレクションについて熱く語った。 歌舞伎ファンの間ではコレクターとして知られる猿之助。小学生の頃、初代・市川猿之助が描かれた一枚に…

天ぷら専門店「てんぷら黒川」

市川猿之助もお気に入り 路地裏で20年愛されてきた名店「てんぷら黒川」

ドラマや映画でも活躍している歌舞伎役者の市川猿之助(40)。“歌舞伎界の異端児”とも呼ばれ、最近は人気漫画「ONE PIECE」の歌舞伎化でも話題になるなど、相変わらず精力的だ。 そんな猿之助のお気に入りは、築地にある天ぷら専門店「てんぷら黒川」。場所は、地下鉄築地駅から7分ほど歩いた築地場外市場のはずれ。偶然通りかかることなどありえないような目立たない立地ながら、…

三代目 市川右團次

81年ぶり名跡復活 右近改め「三代目 市川右團次」の実力

■初代・右團次と重なる部分が このたび三代目右團次となった市川右近は歌舞伎役者の子ではなく、日本舞踊飛鳥流宗家の子として生まれ、少年時代から三代目市川猿之助(現・猿翁)の門弟となり、市川右近と名乗っていた(右近は本名)。師・猿翁の業績としては「スーパー歌舞伎」があり、これこそ早替わりや宙乗りなどケレン味のある歌舞伎で、伝えられている初代・右團次と重なるところがある…

すべては大名跡のため

香川照之に何が…21年連れ添った元CA妻と「離婚」の真相

それもこれも自身が継ぐことができなかった『市川猿之助』の大名跡を長男に継がせるため。香川も市川中車として長男とともに歌舞伎俳優としてデビューしたことで、それまで専業主婦だった夫人の生活は一変してしまった。長男の稽古場への送迎は母で女優の浜木綿子が手伝ったりもしていたが、夫人のガマンも限界だったのだろう」(前出の関係者) この6年間、ドラマ・映画・歌舞伎とまったく仕事…

尾上松也も「前田敦子の恋人」のほうが通りがいい?/(C)日刊ゲンダイ

歌舞伎「若手役者ブーム」は観客動員に結び付けられるのか

市川猿之助も来秋、人気漫画「ワンピース」を題材にしたスーパー歌舞伎を上演する。その背景には「歌舞伎の舞台に若い人も呼びたい」という歌舞伎界の思惑が見て取れる。 歌舞伎は常連客の大半が今も高齢者。お客も新陳代謝しないと、近い将来、お客の減少が懸念される。次世代を担う若手役者が若い人を集める意図はわかるが、抜本的な部分は直っていないような気もする。東京の歌舞伎座は新装な…

抜群の宣伝効果

「集客3割増」予想も 小渕スキャンダルで明治座ウハウハ?

天童よしみのあとは市川猿之助、藤間勘十郎、徳光和夫、伍代夏子らの公演が控えている。 話題に乗って、どこまで売り上げを伸ばすか。…

歌舞伎界の見る目も一変/(C)日刊ゲンダイ

ドラマの合間に歌舞伎の稽古…香川照之が働きまくるワケ

すべては香川の父親、市川猿之助(現猿翁)という大名跡を息子に継がせたい一心なんです。自分は継げなかったわけですから。原動力はそれ。ドラマじゃないですが、土下座も辞さない覚悟なんですよ」(関係者) 父は強しか。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事