日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

有村智恵特集

有村智恵

女子プロ “辛口”ファッション診断

有村智恵(28歳・13勝)

「もっと上を目指す」と3年前に米ツアーへ挑戦したけど、結局勝てずに日本ツアーに舞い戻ってきた“アリチエ”こと有村智恵プロね。 アンタが日本を留守にしていた3年の間に若くてかわいい女子プロがいっぱい出てきたわよ。昔は、強くてかわいい、ツヨカワなんて呼ばれたけど、もうアラサーだしねぇ。ぶりっ子も通用しないから、腕で勝負するしかないわね。これからいばらの道だし相当な覚悟が…

今は稼ぎが違う(左・有村智恵とイ・ボミ)

有村智恵とイ・ボミ…女子プロゴルフ“似た者同士”の明暗

米女子ツアーから撤退した有村智恵(28)と、いまや人気、実力ともナンバーワンになったイ・ボミ(27)の2人である。 有村は2009年に自身最多となる年間5勝を挙げ、賞金約1億4000万円を稼ぐなど、大ブレークした。それからは「日本ツアーの顔」として女子プロ人気を牽引した。一方、10年に韓国ツアー賞金女王に輝いたイ・ボミは、翌11年から日本ツアーに参戦した。 当時、有…

米国帰りで特別なの?

シード権ないのに…なぜ有村智恵だけ「主催者推薦」出場

【サントリーレディス】 米女子ツアーを撤退した有村智恵(28)にとって、今大会は国内ツアー復帰戦。3位発進の2日目はスコアを2つ落とし、3アンダー13位と後退した。 有村はここ3年間、米ツアーを主戦場にしていたため、昨季限りで国内ツアーのシード権を喪失しており、大会への出場資格はない。そこで主催者推薦で出場というわけだ。 ところが有村の出場をめぐって、他の女子プロか…

日本に戻ってやっと笑顔になった有村

米ツアー撤退の有村智恵 国内復帰戦3位発進のカラクリ

【サントリーレディス】 米女子ツアーを撤退した有村智恵(28)が復帰戦に選んだ今大会。初日は6バーディー、1ボギーの「67」で回り、首位と1打差の5アンダー3位タイの好スタートを切った。 「数年アメリカで上位で争ってもないし、久々に優勝争いを味わってみたい」(有村) 日本ツアー13勝を誇り、2009年には年間5勝を挙げ、賞金ランク3位(11年、12年にも3位)にもな…

得意のパットにも衰えが…

有村智恵の米撤退表明に「宮里藍も日本に戻るべき」の声

去る23日には東北高校の後輩であり、宮里を追いかけて海を渡った有村智恵(28)が米ツアー撤退を表明した。 「宮里も今すぐ日本に帰ってきたほうがいい」と、ゴルフジャーナリストの児島宏氏がこう続ける。 「米女子ツアーもパワーゴルフの時代に入り、平均飛距離248.6ヤード(120位)の宮里が戦うには厳しいフィールドになった。予選落ちも珍しくなく、優勝からも遠ざかり、さぞ…

有村智恵

有村智恵 フェースローテーション少ない鋭角なダウンスイングが分厚いインパクトを生む

2012年の日本女子プロ選手権でツアー13勝目を挙げた有村智恵プロは、その優勝で得た3年間のシード権を生かして翌年から米女子ツアーに挑戦しました。 東北高校の2年先輩、宮里藍プロの後を追ったのです。しかし、その直後に手首を痛めるなどのアクシデントで本領を発揮できず苦戦を強いられていました。 それまでの有村プロに対して僕が持っていた印象は、女子プロの中でも屈指のアイア…

スコアが伸びず浮かない表情の有村

来季は日米でスケジュール“白紙” 心配膨らむ有村智恵の今後

【マスターズGCレディース】 有村智恵(27)が半年ぶりに国内大会に登場した。初日は2バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの77と崩れて、5オーバー93位タイと大きく出遅れた。 「勢いがあった時のオーラが全くなく、“強カワ”と呼ばれて試合会場でギャラリーにニコニコと愛嬌を振りまいていた時とは別人です。体もひと回り小さくなったみたい」(ツアーカメラマン) 有村は日本女…

有村智恵

有村智恵(27歳・日本ツアー13勝)

元祖ツヨカワ(強くてかわいい)の有村智恵プロですよ。“アリチエ”時代のオーラが全く感じられないよぉ~。日本を留守にして、米国の、しかも下部ツアーで戦っているから、苦労してみすぼらしくなっちゃったのかしら。 ファッションはギリギリセーフなんだけど、華やかさやオリジナリティーがなくってつまらない。あなたは昔、ツアー関係者から“女優”って呼ばれてたんでしょ。それなのに自…

17歳の若さは強みだが

米ツアー参戦 畑岡奈紗のルーキーイヤーは課題が山積み

国内13勝で有村智恵(29)が宮里の後を追って渡米したのは25歳。有村は米ツアーでは全く通用せず、昨年撤退した。国内23勝で101試合連続予選通過の記録を持つ横峯さくら(30)も、結婚を機に昨年から米ツアーへ主戦場を変えたが、すでにプロとしては峠を越えており、米国では予選を通過するだけで苦労している。 「米ツアーはコースによって芝質がまるで違うため、多彩なアプローチ…

菊地絵理香

菊地絵理香 パットの悩みクリアなら公式戦Vに最も近い

有村智恵、原江里菜らの1学年後輩として力をつけた。08年に2度目のプロテストで合格。12年から連続シードを獲得、15年KKT杯バンテリンレディスで初優勝。今季スタジオアリスで目標の「ツアー2勝目」はクリア。「国内メジャーV、賞金ランク5位以内」を目指す。…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のグルメ記事