日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

寺田心特集

ダブルのスーツがお似合い

人気子役の寺田心くん ヤクザの親分に扮し“生涯俳優”宣言


「あまり緊張しない僕でも緊張しました」 堂々とした口調で話したのは、人気子役の寺田心(7)。5日、北野武監督作品「龍三と七人の子分たち」DVD発売記念イベントに登場した。 本作は平均年齢73歳のベテラン俳優たちによるコメディー映画。これにかけて「平均年齢7・3歳」の子役8人が登場。北野と仕事で共演したことのある心クンは、北野の印象について冒頭のように答え、他の子役との格の違いを見せつけていた。 …

芦田愛菜ちゃんと鈴木福くんを“ごぼう抜き”

子役界トップへ 寺田心クンの“大人をメロメロ”にする話術


大体、小学6年生から中学1年がピークですね」(制作プロデューサー) そんなトップ3に取って代わる形でメキメキと順位を上げているのが7歳の寺田心クンだという。ドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系)で演技力が注目され、その後も映画やドラマに引っ張りだこ。TOTOやサッポロ一番のCMも心クンが可愛いすぎると、ちまたで大盛り上がりなのだ。 「人気の一番はコメント力です。普通、子役は大人びた子が多く…

お父さんの話を振った坂上忍

「お父さんいない」…人気子役・寺田心クンの“まっすぐな瞳”


今月8日から放送されている「サッポロ一番」のCMで、夫婦役を演じた竹内結子(35)と劇団ひとり(38)の子供を演じている寺田心(6)が脚光を浴びている。 ドラマ「明日、ママがいない」ではギャンブル依存症の母から育児放棄された子供を演じ、今年から放送されているTOTOのCMで一躍、人気子役の仲間入りを果たした寺田クンだが、実は今、別の意味でも注目を集めている。 7日放送の「バイキング」(フジテレビ…

幼いころから芸能界に身を置く子役たち

フジ日9「OUR HOUSE」初回大惨敗 “芦田プロ”にかかる重圧


初回放送日の朝に『ボクらの時代』に出演していた愛菜ちゃんが、寺田心クンに同調し“小遣いは10円、手伝いすると50円に弾む”と嘆いていた話もネタか? と見る側はいぶかってしまう。3歳から芸能界に身を置き、そもそも地頭が良く、空気も読める。今回のドラマではキャストの誰よりも膨大な量のセリフがあてがわれ、心の声も担当している。制作陣の要望や期待を察しているのでしょうが、少し荷が重過ぎる気がします」(…

萌乃チャンと心クンは先輩2人(右上下)を超えた?

愛菜&福から住田萌乃&寺田心へ 子役2トップ完全世代交代


5日に行われたイトーヨーカドー「2015年クリスマス新CM発表会イベント」には、6日から放送が始まるCMキャラクターに抜擢された2人の子役――住田萌乃チャン(7)と寺田心クン(7)が登場したのだが、子役界の「15年の顔」とあって大人顔負けのコメント力を発揮。 ケーキを囲んでのCM撮影について「クリスマスがとっても楽しみになりました!」(萌乃)、「もっともっとケーキ食べたいです、全種類食べたいで…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事